開封後の「砂糖」と「塩」の保存方法♪『呼吸する塩壺』とダイソーの『袋キャップ』で使いやすく手間いらず♪

「砂糖」と「塩」の保存/収納は
皆さんも色々工夫されていると思います。

我が家も、引越をきっかけに
キッチンの広さや収納が変わり

使う分は、より使いやすく
保存しておく分は
なるべく手間のかからない収納へ
改めて保存方法の見直しをしました。

キッチン作業台の上にも
出したままにしておける『塩壺』と
ダイソーの『袋キャップ』を使った
我が家の「砂糖」と「塩」の保存方法を
ご紹介します♪

  • 87575
  • 1671
  • 8
  • クリップ

『呼吸する塩壺』で毎日使いを快適に!

オープンキッチンの我が家。

LDKが一体となって広く感じられる反面
キッチン作業台は丸見えになってしまうので

なるべく普段は
キッチン作業台にモノを置かないような収納で
”スッキリ” を心がけてます!

でも、毎日の料理にかかせない「砂糖」と「塩」は
使い勝手を考えて
"いつも出しっ放し" の収納にしています。


出かける前の
キッチンリセットもこんな風に…!

なので、「砂糖」「塩」の入れ物も
出しっ放しになっていてもOKな
見た目も考慮した入れ物を探しました。

この『呼吸する塩壺』

料理中に濡れた手で触っても
フタを閉めておけば
またサラサラ状態になり

さらに、料理中に蓋を開けて
壺に立てかけておいても
すべらないような設計になっていて
使い勝手も抜群♪



甘めの味付けが好みの我が家。
よく使う「砂糖」は少し大きめの Lサイズの塩壺を
「塩」は少し小さ目の Sサイズの塩壺を。

大きさや色も変えて
パッと判断も楽ラクに♪

『袋キャップ』で すぐに使わない分の保存も手間いらず!

塩壺に入りきらない「砂糖」と「塩」の保存は
100円ショップ ダイソー の「袋キャップ」を
それぞれ袋に取り付けて保管しています。

袋の角をハサミでカットして
キャップを取り付ければ

開け閉めできるフタが付いているので
袋自体が容器の役割に!

以前は
別の保存容器を用意して
袋から移し替えてましたが
容器を時々でも洗うことが面倒になり
袋のまま保管することに。

クリップなどで袋の口を止めるよりも
この『袋キャップ』を取り付けることで
塩壺へ足し入れる時も
袋から出過ぎることもなく

容器を洗う手間からも解放されたり
入れやすくなったり
気持ちもよりラクになりました♪



収納場所は食品ストックの引出し内に。

フタ付きのイケアの『乾燥食品用容器』に
「砂糖」と「塩」をまとめて入れています。

食品ストックの引き出しを開け閉めしても
フタ付きなので衛生面も安心です。

いかがでしょうか!?

調味料保存は
使い勝手重視の保存法から
容器を揃えて見た目も考慮した保存法まで色々!

お店に行けば
保存容器も本当にたくさん売っています。

私自身も色々見ていると
惑わされそうになりますが…!

自分の性格、料理の頻度、キッチン収納スペースなどから
自分に合った「使いやすい量」「使い勝手」をじっくり考えながら
保存/収納法を見直してみました♪




  • 87575
  • 1671
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー