【片付けのプロの技】子供服を収納する必見アイデアを大公開します♪

今回は子供服の収納アイデアをご紹介します!ころころと入れ替わりの激しい子供服を、お子さまといっしょに片付けましょう♪〔IKEA〕のチェストやクローゼット、カラーボックスを活用した収納アイデアは必見ですよ!

  • 93310
  • 335
  • 0
  • いいね
  • クリップ

成長するごとに増えていく子供服

お子さまがいる家庭で、子供服の収納に悩んでいる方は少なくないのではないでしょうか?

子どもは汗や食事で服を汚しやすいので、1日に数回服を着替えるケースもしばしば。そうなると、たくさんある洋服の中から何度も服の出し入れをしなければなりません。また、2人、3人と兄弟や姉妹がいる家庭は服の多さも倍以上に。

こうなると着たい服が見当たらない…洗って畳んだ洋服もしまう場所がなくその辺りに出しっぱなし…そうなると部屋全体も〝散らかしてもOK"な雰囲気が漂い、洋服だけでなく全体に乱れが連鎖していってしまいます。

きれいに、なおかつスムーズに子供服を出し入れできるようにするには、やはり収納が重要! この記事では、子供服を上手に収納できるプロの技を交えて、誰でも簡単にできる収納方法をご紹介します♪

子供服を上手に収納するコツやポイントは?

子供服を上手に収納するためのポイントは、「洋服を取り出すまでのアクション数を減らす」こと。

これによって、洗濯や掃除をする大人の面倒をはぶくことができるだけではなく、子どもにも片付けを手伝ってもらいやすくなるからです。

そのためには、

●フタ付きのボックスはフタを取った状態にしておく
●洋服を詰め込みすぎない
●ハンガーひとつにつき洋服はひとつ
●シワが気にならないものであればS字フックに首元をかけるだけにする
●クローゼットの扉を外し「扉を開ける」というアクションそのものを減らす

など、細かいところからでも取り組んでみましょう。毎日くり返す行動なので、これを意識するだけで大人の負担が軽くなるとともに、子どもにとってハードルがぐっと下がるためお手伝いしてもらいやすくなります♪

子供服収納術①チェストを活用してリビングに収納!

子どもが小さい時は着替えの回数も多いので、リビングやリビング近くに収納スペースを作っておくととても便利です!

例えば2人兄弟の場合、4段のチェストで上から順に「長男トップス→長男ボトムス→次男トップス→次男ボトムス」のように1段を1アイテムごとにまとめると◎。子どもも自分で着替えや片付けに挑戦しやすくなり、家族の協力も得やすくなりますね♪

1段を1アイテムごとにまとめるようにすると、そこに入らない洋服は買わないというルールを作って洋服の管理もしやすくなります。

また、子どもの成長に合わせてひとり部屋を作り、洋服は子ども部屋のクローゼットへしまうようになっても、制服や上着、お風呂上がりに着るものだけはリビングのチェストにしまっておくのもおすすめ。

お手伝いがまだまだ必要な間は、リビングに別でスペースを作ってあげると安心ですね♪

おすすめチェスト:〔IKEA〕のウッド4段チェスト

IKEA イケア RAST ラスト チェスト(引き出し×3)パイン材 z60356219
\今日はポイント5倍デー/
商品情報を楽天で見る

どんな部屋にも合わせやすい〔IKEA〕のウッド調チェストです。リビングはもちろん、子ども部屋や浴室などにも置くことができます。

おすすめチェスト:5段チェストでしっかり収納

チェスト おしゃれ 5段送料無料 カラーコーディネートチェスト ワイド COD-725 ホワイト/ダークグレー ホワイト/アイボリー ホワイト/パープル ホワイト/グリーン ホワイト/ピンク 子供服 おもちゃ 収納 引き出し タンス アイリスオーヤマ[cpir]【iris60th】
\今日はポイント5倍デー/
商品情報を楽天で見る

5段のチェストで、たくさんの洋服を収納することができます。カラーも6色展開なので、お子さまの好きな色を選んであげると片付けや着替えが楽しくなりますね♪

子供服収納術②クローゼットにぴったり収納♪

子ども部屋のクローゼットに洋服を収納する場合は、子どもの手の届くところ、子どもの目線に合わせて収納を作ってあげることが大切!

バーの位置、引き出しケースの位置など使う子どもの背丈・目線に合わせてあげると、お子さまも進んでお片付けしやすいですね♪

上の写真のように、クローゼットバーの位置を低くして、上部にはあまり使わないものなどを収納すると◎。引き出しも活用して下着や靴下なども収納すると良いですね!

もし、もとから付いているクローゼットバーの高さが固定されていて変えれない場合は、バーを手軽に2段に増やせる「クローゼットブランコ」というグッズを活用するのもおすすめです♪

【送料無料】 伸縮式で取付簡単♪ハンガーに掛けるだけ! 収納アップ・ブランコハンガー ワイドサイズ(63〜107cm) SH-16W
\今日はポイント5倍デー/
商品情報を楽天で見る

オフシーズンの洋服は上部に、オンシーズンの洋服は下部に収納するようにすると、衣替えもとても楽になります。

また、大きくなって背が高くなれば、「上はトップス、下はボトムス」と配置すれば全体を着る形で見渡せるのでコーディネートがしやすいクローゼットにも♪

子供服収納術③カラーボックスをプチDIYでおまとめ収納

あまりスペースが広くないお家や、クローゼットのないお家には、さまざまな形で収納できる「カラーボックス」がおすすめ!

ここでは、カラーボックスを活用したクローゼットスペースのプチDIYの方法をご紹介します♪ 収納に困っている方は必見ですよ!

【材料】
●カラーボックス
 小物類も一緒に入れるために100㎝以上の高さがあるものが◯
●つっぱり棒
●ボックス
 カラーボックスのスペースに合うもの
●S字フック

【手順1】カラーボックスを組み立てる

もともと組み立てられているカラーボックスもありますが、安価に購入できるものは自分で組み立てるものがほとんど。まずは説明書通りにカラーボックスを組み立てます。

【手順2】つっぱり棒を付けて洋服を掛ける

カラーボックスの上部につっぱり棒をつけて、ハンガーをかけられるようにします。このとき、洋服の重さでつっぱり棒がずれてしまわないようにすべり止めなどを使用するのもおすすめです。

【手順3】ボックスを入れ、洋服・小物を収める

カラーボックスのサイズにあわせたボックスを入れ、引き出しにします。大きいものをひとつ置くのもアリですが、小さいボックスを数個いれ、ジャンル分けして収納するのもおすすめです♪

【手順4】S字フックを付けて完成!

上部につけたつっぱり棒に、S字フックをつけることで、帽子やマフラーなどの小物をひっかけることができます。ワンアクションの簡単な収納なので、S字フックはマストです!

カラーボックスのほとんどが奥行30㎝程度なので、小学生高学年以上の子供の服では肩幅が大きくはみ出てしまい不向きですが、コロコロと生活スタイルが変わる小さな時期や期間限定的な幼稚園の制服などのクローゼットスペースとして大活躍してくれます。

またカラーボックスは多様性があるので、時期が過ぎクローゼットとしての役目が終われば、棚板を増やしボックスを入れ、生活雑貨を入れる棚として使用することもできますよ。

一例は以下の画像を参考にしてみてください♪

まとめ

サイズもコロコロと変わり、生活スタイルの変化し続ける子どもたち。一度仕組みを作ったら終わりではなく、「最近よく散らかるな…」と思ったときはちょっと合わなくなってきている合図。

それは、子どもの成長の合図だと思って、少しずつカスタマイズしてみてください。

その小さな変化で部屋がすっきり片づけだけでなく、子どもの”できる”を広げていくことができますよ。

【制作協力】キッズオーガナイザー中村佳子さん
【編集】LIMIA 暮らしのお役立ち情報部


LIMIAからのお知らせ

太陽光発電の見積りを無料お試し

1.見積もりを無料でお試し♪
2.太陽光発電の簡単相談

  • 93310
  • 335
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード