おしゃれな洋服の収納方法とDIYアイデア20選|ニトリ・無印・100均のアイテムを活用

気づくと増えてしまう洋服の収納方法をクローゼットや押し入れなど、スペースごとに紹介します。『無印良品』や『ニトリ』のラックや収納ケースを利用した収納テクニックや、クローゼットや洋服棚のおしゃれなDIYアイデアも! 壁を傷つけず現状復帰できる方法もあるので、一人暮らしやワンルームで収納が少ない方やクローゼットのない部屋の収納スペースを作りたい方も必見です。サイズアウトであふれがちなベビー服や子ども服をスリムに収納する方法も紹介しています。

  • 79789
  • 459
  • 0
  • いいね
  • クリップ

知っておきたい!きれいに見える洋服収納のコツ

https://www.istockphoto.com/jp

はじめに、洋服を収納する際のコツを紹介します。整理整頓されてすっきり見える収納は、このコツが実践されているものも多いですよ。とりかかる前にきれいに収納するポイントをおさえましょう!

1.服の収納場所を決める

https://www.istockphoto.com/jp

まず1つ目は服のしまう場所をきちんと決めること。ラベリングなどをすることで、家族にも一目でわかってもらえるのでおすすめです。また、物の出し入れをしやすいように、たくさん詰め込みすぎないことも心がけましょう。一般的に、収納スペースに対してしまう量を8割程度にとどめると、見た目が美しく出し入れがしやすいといわれています。

2.しまう服を整理しよう

2つ目に、しまう服を整理すること。収納に対して服の量が多すぎる場合は思い切って着ない服を処分することも必要です。一度服をハンガーや棚から取り出し、床に並べると全体の量やどんな服を持っているかを把握できます。その服があることを思い出さなかったり、似合わなくなってしまった服などを分け、残す服を決めましょう。

3.洋服の畳み方で収納力アップ

衣服の畳み方を工夫することで洋服をたくさん収納できるだけでなく、形がそろって片付いて見える効果もあります。部屋が狭いなど、収納が少ない方はまず服の畳み方から工夫してみてください。

こちらはPeanutVillageさんの下敷きをガイドにする畳み方。袖を内側に折り込み、裾側を首側に畳んで下敷きを抜くだけでスクエア型にしっかりそろうので、特にTシャツなど、薄手の洋服がさらにコンパクトに収納できます。下敷きがなければ厚紙などでも代用可能です。

▼PeanutVillageさんのアイデア詳細はこちら

また、webマガジン Pacomaさんが紹介しているくるくる巻いて収納する方法もあります。この収納の利点は型崩れしにくいこと。ジーンズや厚手のニットなどの冬服もスリムになり、しわや線が残りづらくきれいに収納できます。服の柄も見やすいので一目で何がどこにあるか把握できますね。

▼webマガジン Pacomaさんの記事詳細はこちら

頭ではコツが分かっていても、実際やってみようとすると難しいですよね。そこで今回は、100均アイテムを使った収納術や、DIYをして収納スペースを作るアイデアを場所別に詳しくご紹介します。とっても参考になるアイデアがたくさんなので必見です!

【クローゼット編】大量の洋服もきっちり収納

まずはクローゼットに洋服を収納する収納アイデアをご紹介します。クローゼットの場所やサイズ感は家によってさまざま。実例アイデアが写真付きで掲載されているので、参考にしてみてくださいね。

1.色がポイント!つるし収納ですっきり

瀧本真奈美さんはクローゼットの吊るし収納を活用。すっきり見えるポイントは、ずばり色! ざっくりで良いので、濃淡や色味でグラデーションをつけると、まとまってすっきり見せてくれます。色を意識して片付けるのは、洋服以外にも生かせそうです。 

▼瀧本真奈美さんのアイデア詳細記事はこちら

2.無印良品のポリプロピレンケース&ハンガーで統一

PeanutVillegeさんは収納アイテムを『無印良品』の製品でまとめ、統一感のあるクローゼットに。下段のポリプロピレンケースをあえて両端にスペースを設けて置くことで、裾の長いシャツや羽織りものも引きずらずに収納できます。色や柄で揃えて収納することで片付いた印象になっていますね。ボックスの中にカバンやベルトなど、こまごましたものをしっかり目隠しすることで、ごちゃつかない収納を実現しています。

▼PeanutVillageさんのアイデア詳細はこちら

3.グルーピングで見やすい&機能的な収納アイデア

ak3さんはクローゼットの中を左右でカテゴリー分け。右側にはオールシーズン対応アイテムを収納。下段の『無印良品』のPP引き出しケースは深さを変え、深いものには冬もの、浅いものには春夏ものとグループ分けをして収納しています。左側にはジャケットやスーツ、コートなどを収納。S字フックやひっかけ収納を使ってストールやカバンなどもクローゼットに納めました。グルーピングしたおかげで、服選びが時短できたそうです。見える部分は落ち着いた色合いの服が多いので、まとまっていてきれいな印象になっています。

また、上段の『イケア』のボックスの中には冠婚葬祭に必要なアイテムがまとまっています。急な場合にも忘れ物が防げるナイスなアイデアです。

▼ak3さんのアイデア詳細はこちら

4.100均のライナーケースで洋服を仕切って整理

asamiiimasaさんはまず、収納する服の量を整理。『アイリスオーヤマ』の衣装ケースの引き出し内に、『セリア』の仕切りケースを入れて収納しています。引き出しに引っかからないピッタリサイズで、ストッキング、靴下、下着などが混ざらず、縦にきっちり並べられます。空いたスペースには旅行用のポーチを収納。パッキングの際にさっと取り出せて重宝しそうですね。棚の前面にはプラスチック段ボールで目隠しし、より生活感が薄れ美しいクローゼットになりました。

▼asamiiimasaさんのアイデア詳細記事はこちら

5.100均のワイヤーネットで多機能ラックに

1枚ずつ売られているワイヤーネットをボックス上に組み合わせ、結束バンドで固定すると収納棚に早変わり。背面にまたワイヤーネットを取り付け、好きな場所に棚版になるワイヤーネットを結束バンドで固定しましょう。天板近くに取り付ければ引っ掛け収納になるため、デッドスペースの活用もできます。耐荷量は心もとないので、洋服を収納する程度にしておくのが良いでしょう。

▼アイデア詳細はこちら

【押し入れ編】奥行きスペースを活用した洋服収納

続いては押し入れに洋服を収納するアイデアを紹介します! クローゼットと違って奥行きのある収納をどうやって活用しようか迷いますよね。押し入れの空間を最大限に生かしたアイデアをたくさん紹介しているので、ぜひ真似してみてください。

6.ラック×無印のポリプロピレンケースで大容量収納に

整理収納アドバイザーnocoさんは、押し入れに『無印良品』のポリプロピレンケースをピッタリ収納! 自宅に収納スペースが少なかったため、最大限奥行きを活用するために引き出し式の収納を利用しました。引き出し式の収納は目隠しいらずなので、雑多な印象になりません。さらにラックを置いて、その上に工具箱など、子どもに触られたくないものを保管しています。

▼整理収納アドバイザーnocoさんのアイデア詳細はこちら

7.段違いのラックでカバンも取り出しやすい

整理収納アドバイザーnocoさんのアイデアでは押し入れにラックとポリプロプレン収納ケースを使用。以前は奥行きを利用してカラーボックスを入れていましたが、使いづらく物が積みあがっていってしまいました。玄関に近い和室の押し入れのため、カバンを多く収納しています。しまえるものはポリプロピレンケースに収納して隠しました。段違いのラックを導入し、使用頻度の低いものは奥に、よく使うものは手前に置くことでさっと取り出せるような工夫をしています。

▼整理収納アドバイザーnocoさんのアイデア詳細はこちら

8.ダイソーのショッピングトートバッグが軽量ケースに◎

南の島でお片付け*整理収納アドバイザー根川礼子さんは、『ダイソー』のショッピングトートバッグに注目。持ち手つきで軽いポリプロピレン素材のバッグは、シーズンオフのアイテムをしまうケースにぴったり! バッグにはマチとファスナーがついており、しまっている間のほこりや型崩れを防ぎます。軽いので、出し入れも楽々です。お子さんがいる家庭で思い出深くなかなか処分できないランドセルもすっぽり収まるサイズ感。ラベリングでカテゴリ分けすれば、さらにわかりやすく収納しておけますね。

▼南の島でお片付け*整理収納アドバイザー根川礼子さんのアイデア詳細はこちら

9.『イケア』のSKUBBが通気性抜群

ks._.myhomeさんは『イケア』のSKUBBを利用。持ち手がついていて軽く、洋服だけでなくおもちゃや布団など、マルチに収納可能です。空気穴があるので通気性が良いのがうれしいポイント。衣類の傷みを防ぎます。購入の際は冬服に合わせてサイズを選ぶのがポイントです。

▼ks._.myhomeさんのアイデア詳細はこちら

【棚編】ショップライクな魅せる洋服収納術

スチールラックやカラーボックスなどオープン棚に洋服を収納する方法を紹介します。棚は収納ボックスや引き出しなど、組み合わせるアイテムによるアレンジがしやすいのが魅力。一人暮らしや部屋が狭くて収納がない方でも真似できる魅せる収納術を集めました。

10.クローゼットなしの家でもOKなスチールラック

瀧本真奈美さんはスチールラックを洋服収納に。旦那さんと自分のスペースを分けることでアイテムが混ざらずに自分の洋服を把握できるのがポイントです。さらに色や柄で分けて、似たような服を購入することが少なくなりました。見栄えもよく、機能性もばっちりな収納アイデアです。

▼瀧本真奈美さんのアイデア詳細記事はこちら

11.カラーボックスが洋服の引き出し収納+オープンラックに

Chiakiさんは部屋の一室を『ニトリ』のカラーボックスでウォークインクローゼットに大変身させました! ディスプレイ風にカラーボックスを使用することで帽子や靴などの収納がインテリアの一部になっています。一番下の段はボックスを入れて引き出しにすることで、小物類や衣服を収納しうまく目隠ししました。

▼Chiakiさんのアイデア詳細はこちら

12.ハンガーラック×2で手軽に洋服を収納

我が家さんは床の間のスペースを活用。高さの異なるハンガーラックを2つ納めて収納スペースとして使用しています。パーカーやジャケットなど、1度着ても洗わないものは手前にかけ、次に着るときすぐ取り出せます。さらに我が家さんは下段のスペースにバスロールサインで目隠ししてより一層すっきりさせています。詳しくは下記のリンクで紹介しています。

▼我が家さんの詳しいアイデア詳細はこちら

13.メタルラックでおしゃれに◎

Rさんはスチールラックでショップ風のレイアウトに収納。魅せる収納はおしゃれなだけでなく買った服を常に把握できるため、同じような服を買ってしまったり、買ったきりで着ていない服がなくなったのだとか。100均のシューズケースを使用して、靴箱に入りきらない出番の少ない靴もラックに収納しました。また、ハンギングバーを『ダイソー』の突っ張り棒で代用。出費を抑えて理想の収納を作り上げています。

▼Rさんのアイデア詳細はこちら

14.ドイツ製の薄型『マワハンガー』でスリムに収納

ドイツ製の『マワハンガー』の特徴はその薄さ! 服をたくさん収納しても、ハンガー自体がスリムなため服が取り出しにくくならない優れもの。また、特殊なグリップ加工が施されているので服が落ちずらくなっています。デザインも細身でスタイリッシュなので、魅せる収納にぴったりです。

▼アイデア詳細はこちら

15.アイリスオーヤマのワードローブでカフェ風に魅せる収納

我が家さんは、半間の床の間をカフェ風のクローゼット用スペースとして活用しています! 使用したのは『アイリスオーヤマ』の『木製ワードローブ』。横に寝かせて組み立てると、DIYに不慣れな方でも作りやすいですよ。

丈の長い服や畳みにくい服は重点的にラックにかけるのがおすすめ。また、我が家さんはラックと壁のすき間に薄型のラックを収納することで、デッドスペースを有効活用しています。

ここでポイントになるのが、床の間に対して棚を「縦」に入れること。こうすることで、洋服を適度に目隠しできて、スッキリとした印象に仕上がります。我が家さんのお子さんも、まるでお洋服屋さんにいるみたい、と喜んでくれたそうです。

▼我が家さんの詳しいアイデア詳細はこちら

【DIY編】賃貸でも大丈夫!洋服収納のおしゃれな手作りアイデア紹介

最後に、洋服収納のDIYアイデアをご紹介! ここで紹介するアイデアは原状復帰が可能な工夫がされたものばかり。賃貸の方でも挑戦できますよ!

16.『ラブリコ』で洋服をたっぷり収納

収納スペースがないと、少し物が増えただけで圧迫感が生まれてしまいますよね。Chiakiさんは『平安伸銅工業』の『LABRICO( ラブリコ)』を使って子ども服用の棚作りにチャレンジしています。女性でも簡単に取り付けができて、壁に穴も開けないので賃貸でも使用できて、とってもおすすめですよ♪

こちらは作業途中ですが、棚に物を収めただけで統一感が出ていますよね。ラブリコの棚受けをシルバーに塗ることで、男前な印象になっています。完成品が紹介されている続きもあるので、ぜひご覧ください。

▼Chiakiさんのアイデア詳細はこちら

17.すのこにキャスターをつけて出し入れ楽ちん収納にDIY

奥行きのある場所で収納ボックスなどの出し入れをラクにするDIYアイデアを紹介します。材料は、すのこと取付ねじ付きのキャスター。今回は付属のねじが長かったため、追加で木材とグルーガンを購入していますが、ねじがすのこの厚みで飛び出ない長さであれば必要ありません。

キャスターを希望の位置に取り付ければ完成の簡単DIYアイデアです。

すのこキャスターができたことで、奥の引き出しに収納したものを手軽に取り出しやすくなりました。元に戻すのも楽ちんです。材料がホームセンターなどで手軽に手に入れられるのも便利です。

▼アイデア詳細はこちら

18.魅せる収納!ポリプロピレンケースを木目調にDIY

hiroさんはポリプロピレンケース全体に板材を取り付け、まるで木製のタンスのようにDIY。ポリプロピレンケースだったなんてわかりませんね。ハンガーラックにかかったり、平積みになって見えている服がショップのようです。ポリプロピレンケースは便利だけど、無機質な見た目が苦手という方はhiroさんのようなリメイクを試してみるのもおすすめです。

▼hiroさんのアイデア詳細はこちら

19.『ディアウォール』で本格クローゼットDIY

ankoさんのお家の洋服収納スペースはチェストで区切ってあるこの空間。この写真では片付いていますが、服が出しっぱなしになったり、ついついカバンを置いてしまって散らかっていたそうです。

『ディアウォール』は、突っ張り棒のように取り付けられる柱で、壁を傷つけずに棚を取り付けたりすることができ、原状復帰ができるため賃貸の方にもおすすめのDIYアイテムです。今回ankoさんはディアウォールを使って収納スペースをウォークインクローゼットへDIYしていきます!

石膏ボードをビスでとめ、木目調の壁紙を張ればチェストで区切ってあったスペースが隠れ、ウォークインクローゼットになりました! 石膏ボードはだいたい300~400円程度で購入でき、ベニヤ板より安価で購入できます。部屋が狭い方や、どうしても収納で生活感が出てしまうお悩みの方はお試しあれ。こんなにクオリティが高いのに原状復帰できるのは驚きですね!

▼ankoさんのアイデア詳細はこちら

20.『カインズ』アイテムでディスプレイ風シェルフをDIY

and_a_plusさんは『カインズ』で購入できる簡易テーブル用スタンドをディスプレイ風シェルフにDIY。納戸をウォークインクローゼットに変身させました。

天板や、スタンドにオイルスタイン塗装を施し、木材の木目を引き立てます。オールドな雰囲気が出て、おしゃれになりました。

塗装が乾いた天板とスタンドを組み合わせ、ディスプレイ風のシェルフが完成! 床の色と調和していて統一感がある、セレクトショップのようなすてきな収納になりました。

▼and_a_plusさんのアイデア詳細記事はこちら

【関連】もう悩まない!子ども服の収納アイデア

子どもの成長は早いもので、次のシーズンにまた着られるとは限りませんよね。そこでシーズンオフのお洋服をきれいに見やすく保管する方法をご紹介します♪

使うのは100均のジップ付きの保存袋です。いろいろなかわいい柄が売られているので、お気に入りのものを見つけてみてくださいね!

ポイントは、服がぴったり収まるように少し小さめの袋を選ぶことです。春夏用の子ども服なら、薄手で小さいので意外と小さめの袋でも入ります。

なるべくシワにならないように畳んで入れると、次に着せたいときラクになります。 袋には空気が入らないように圧縮してくださいね。

見やすいように袋を立てて入れていきます。

これでホコリや虫食いから守れますよ。きれいな状態で保管できるので、お友達に譲ったり、フリマに出したりするときもスムーズです。

▼akane.920さんのアイデアはこちら

LIMIA編集部ではすぐにあふれてしまう子ども服やベビー服の収納ノウハウをまとめた記事も掲載しています。目からうろこの実例アイデアが盛りだくさん!

子ども服の収納にお悩みの方はこちらもあわせてチェックしてくださいね。

▼子ども服収納の記事はこちら

かさ張る服を上手に収納しよう!

今回はあっと驚くような、服の収納術を実例と一緒にご紹介しました。シーズンや、トレンドで回転率の早い服は、常に見やすく整理しやすくしておくことが肝心になりそうです。どの収納術も気軽に試せそうなものばかりなので、ぜひ思いついたところから取り組んでみてくださいね♪

LIMIA編集部では真似したくなる収納アイデアをまとめた記事を多数掲載しています! スペース活用法はもちろん、アイテムや場所ごとにわかりやすくまとめられているので、あわせてチェックしてみてください。

帽子の収納に関する記事はこちら

コスメの収納に関する記事はこちら

ネイルの収納に関する記事はこちら

※一部の画像はイメージです。



LIMIAからのお知らせ

今年の大掃除はプロにお願いしてみませんか?
人気のお風呂・キッチン・換気扇クリーニング3点セットが今なら33,000円(税込)。

  • 79789
  • 459
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

DIYを愛する方に参考になるDIY実践記事を中心にご紹介致します!工具や素材などDIYにまつわるものをリミア視点でお届けいたします。

LIMIA DIY部さんの他のアイデア

生活の知恵のデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード