衣替えなし収納!すっきりクローゼットにするコツ

季節の変わり目ごとに衣替えするのは面倒に感じますよね。特に服が多い方なら悩みも多くあると思います。
そこで、ズボラな私でもできる衣替えなしの収納を紹介します!

  • 106413
  • 1296
  • 2
  • クリップ

洋服の整理をする

① 1〜2年着てない洋服は思い切って捨てるか売ってしまいましょう。いつか着ると思っておいておいた洋服は二度と出番がこない可能性が高いですし、自分が思っている以上に場所をとってたり…なーんて言っている私も洋服を手放すことが苦手な方なのです。(笑)
心を決めて処分したあとは爽快感でいっぱいになります。古い洋服のことは忘れ、また新しい洋服を探す楽しみを増やしましょう♪

②洋服を掛ける収納としまう収納に分ける。
できるだけ洋服をハンガーに掛けた方が収納全体を見渡すことができるので、どんな服かが一目でわかります。⇒着ていない洋服もかなり減りますよ★

《掛ける収納》
普段着、お出掛け用、Yシャツ&スーツ、冠婚葬祭用などざっくりグループに分けてハンガーにかけます。

《しまう収納》
その他(部屋着や下着、靴下など)はしまう収納として衣装ケースへ。

行動動線から収納場所を決める

※持っている全ての洋服をひとつのクローゼットへ収納する方法が一番かと思われますが、自身や家族の行動動線などに着目して考えてみてるのも1つの手です☆

我が家は収納場所を大きく二箇所に分けました。

☆夫婦の秋冬もの、スーツ、下着類などは寝室のクローゼットへ収納しています。

☆夫婦の春夏もの、子供服はリビングのクローゼットへ収納しています。

ハンガーラックでショップ風に

ハンガーラックを使うとおしゃれに収納スペースが増えます★
しかし、あまり多くを掛けすぎると、生活感が出てしまうため、余裕をもって掛けることをおすすめします。

突っ張り棒で収納力UP

こういった写真のようなデッドスペースがあれば、突っ張り棒で解消できるかも!ちょっとしたバックをかけれて便利です。

身近なもので衣装ケース内の仕切りはつくれる!

こちらはファイルボックスで。

こにらは木箱とプラスチックケースで二段に。

紙袋なども使えます。
新たに収納ケースを購入しなくてもお家にあるもので仕切れるので、ぜひ色々試してみてくださいね。

畳み方を変えてみて

衣装ケースの高さに合わせて服を畳みます。そうすることで余分な空白がなくなり、より多くの服を収納することができます。

靴下やタイツ、子供用パンツなどはクルクルっとまとめて!
我が家ではこの畳み方を『クルクルポン』と呼んでいます。(笑)

まとめ

収納スペースはご家庭によって様々だと思いますが、洋服の整理をして、ハンガー収納を増やすこと、衣装ケースに入れる際は畳み方を見直してみることが大きなポイントだと思います。
ほとんどの洋服をハンガーへかける収納に切り替えることで、何と言っても洗濯畳みが大幅に減るので、片付けがかなり楽になります!
洋服収納の見直しをされる場合に参考になれば嬉しいです。

  • 106413
  • 1296
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー