まる散歩 in 自由が丘。第⑦回 ホッチポッチ編。

Instagramで人気のアイドル犬・柴犬まるが自由が丘の街を歩きながら、気になるスポットを紹介する「まる散歩」。お散歩のお供はワタクシ、LIMIA編集部員・あやタソです。すっかりデート気分でウキウキな私とは対照的に、クールに素敵なお店を紹介してくれているまる。さあ、今度はどんなところに連れて行ってくれるのかしら? 楽しみ♪

  • 2389
  • 14
  • 0
  • いいね
  • クリップ

まる「自由が丘の街について初心者だったあやタソも、これだけ街中を歩き回ればいろいろと自由が丘の街の雰囲気をつかめてきたんじゃない?」
あやタソ「うん。自由が丘ってただ漠然とおしゃれな街ってイメージしかなかったけど、こうしてじっくり歩いてみると駅の近くにスーパーがあったり。生活することを考えた場合にも便利なお店があるんだね。緑や住宅街、ショッピングゾーンやカフェゾーン……目的によって目指す場所も選べるし、飽きない街♪ 住みたい街を聞いた時に必ずと言っていいほどランクインするのも納得だなぁ。」
まる「そう、ショッピング目的で来ても、かわいい・綺麗・実用的。そういったアイテムが一つの街で揃えることができちゃうのはポイント高いよね。誰かのプレゼントを選んだり、生活用品を買うにしてもちょっとおしゃれをプラスされたアイテムが見つかるし……。もちろん完全に実用性重視のものもあるよ。薬局とか、あると便利なお店とかね♪」
あやタソ「おしゃれな街って遊びに来るのはいいけれど、いざ住むとなると不便そうなイメージ。自由が丘ってなかなか便利! 誤解してたなあ。」
まる「そうだね、生活する上で日々の買い物をするのも問題なく出来るし、住みやすい街だと思うよ。」
あやタソ「憧れちゃうなあ……。自由が丘に住んでます、とか言ってみたい!」


ああ、
まると自由が丘に住めたら、どんなに素敵なことだろう……。

またもや私、妄想スイッチが入っちゃいそう。
でもまるはそれに気付いてか気付かないふりなのか、ちょっと空を見上げてから、なにかひらめいたみたい。
突然私に、こう言ったの。

まる「ねえ、あやタソ。ショッピングの話も出たことだし、かわいいアイテムがいっぱい並んでいる雑貨屋さんに行ってみない?」
あやタソ「あっ、それナイスアイデア! そろそろ誕生日が来る友達がいて、ちょうどプレゼントを何にしようか考えてたの!!」
まる「それならなおさら行かなくっちゃ。僕のおすすめショップがあるから、これからそこに案内するよ。」
あやタソ「まるのおすすめショップでプレゼント探しなんて、嬉しい♪」

うん。
まると一緒の日々を妄想するのもいいけれど、やっぱり今こうして一緒にいる時間に集中しないとね♪
よぉし、素敵なアイテム、見つけるぞーっ。


あやタソ「ねえ、まる。この通りはなんだかとっても賑わっているのね。」
まる「ここはね、サンセットアレイという名前の通りで自由が丘のメインストリートと言える存在なんだよ。」
あやタソ「へぇ……。どおりで人もいっぱい。」
まる「この通り自体が素敵だから、あとでじっくり案内するよ。まずはプレゼント探し! キョロキョロしてるとまた迷子になっちゃうからね。ちゃんとまっすぐ前を見て僕についてきてね。」
あやタソ「あっ、はいっ。」

今度こそ、迷子になんかならないんだから。
まるの背中を見つめつつ、強く心に誓う私なのでした。

まる「はい、到着。場所はサンセットアレイ通りの一番奥って言うとわかりやすいかな。ホッチポッチっていう名前のお店だよ。ホッチポッチってね、英語で『ごちゃまぜ』という意味なんだ。」
あやタソ「なるほど、ぴったりな店名ね。アイテムがてんこ盛りっていう雰囲気が外から見ても伝わる!」
まる「さっそく入ってみよう!」

あやタソ「うわ〜、外から想像したよりも店内は広々していて、まるで迷路みたい。」

まる「様々なジャンルのアイテムが所狭しと店内に並んでいるから、欲しいものがきっと見つかるはずだよ。だたあやタソの場合、店内で迷子になりそうな気がしないでもないけど……。」
あやタソ「街中で迷子はあってもさすがに店内で迷子はないよ。……たぶん。」
まる「うわっ、不安!」

でもね、そんなやりとりをしてしまうぐらい、ホッチポッチの店内は目移りしちゃうものばかり。
これは本気で気をつけないと、またまるとはぐれてしまいそうだ……。

あやタソ「これだけアイテムがあると、どれから見ていいか迷っちゃうね。」
まる「あやタソがプレゼントしたい相手というのは、どんな人なの?」
あやタソ「え〜っと……。女の子で……、とにかくかわいいものが好きな子、かなぁ。」
まる「それならまずはヘアアクセサリーから見てみない? 品揃え豊富なヘアアクセサリーやアクセサリー類はホッチポッチのおすすめポイントでもあるんだよ。」

あやタソ「こういう手作り感あふれるものって好きだなあ。」
まる「うん、優しい感じがするよね。」
あやタソ「これにしようかなぁ……。」
まる「ちなみにあやタソ。そのお友達って何歳なの?」
あやタソ「えーっと、結構大人……。」
まる「だったらもっと大人っぽいものにしてみたら? これももちろんかわいいけどもっと店内を見て探してみようよ。」
あやタソ「う〜ん……、わかった! まだ探し始めたばかりだもんね。」

まる「見て。ここら辺は大人っぽいものが揃っているよ。」
あやタソ「女の子ってキラキラしたものが好きだもんね。いいかも〜。」

まる「でもあやタソの場合はこういうタイプの方が似合いそう。美味しそうなアクセサリー♪」
あやタソ「もう、まるったら! まるで私が食いしん坊みたいじゃない!!
……あっ、でもこれ欲しいかも……。」
まる「ほ〜らね、やっぱり!」

まるには全てお見通し。

あ、ダメダメ。
ふざけてないで真面目にプレゼント探しをしなくっちゃ!!


まる「ねぇ、あやタソ。こっちの方からイイかおりがするよ!」
あやタソ「えっ? 待ってまる〜。」



まるが心惹かれたかおりのもとをたどっていくと……。

香りの正体。
それは入浴剤でした。
パッケージも可愛いなぁ。これもプレゼントにぴったりな予感!

まる「バスタイムってリラックスできる時間だし美容効果もあるから、こういうおしゃれな入浴剤をプレゼントするのもイイと思うよ。」
あやタソ「まる、私よりも女心がわかっているね。」
まる「まぁ、あやタソに負けることがあるとするならば、それば食欲ぐらいかな。」
あやタソ「うっ……(否めない)。」

悔しいけれど、私が探すよりもまるに任せた方が素敵なプレゼントアイテムを見つけられそう。

そんな敗北感に私が密やかに打ちひしがれている中。
あれ? まるがまた何かひらめいたみたい。

まる「あやタソ、そのお友達はお母さん?」
あやタソ「あっ、うん。まだ小さい女の子がいるよ。なんで?」
まる「うん、お母さんならね、娘さん用のアイテムをプレゼントするのもいいかなと思って。」
あやタソ「そっか。それも素敵なアイデア!」
まる「ちょっとこっちに来てみて。」

まるが手招きするコーナーには……。

カラフルなベビーグッズや子育てに役立つアイテムがいっぱい!
あやタソ「これは親子でショッピングに来ても楽しめるね♪」

まる「見た目もおしゃれな子供用雑貨が沢山揃っているから誕生日のプレゼントや出産祝いにもイイよね。」
あやタソ「靴下、ちっちゃーい。かわいいなぁ。」

あやタソ「私、これがすごく気になったの! 子供用ヘルメット。こんなにカラフルでかわいいヘルメットなら子供達もちゃんとかぶってくれそう。」
まる「自転車って子供たちって乗る機会多いもんね。おしゃれなヘルメットなら楽しい気分で率先してかぶってくれそう。体を守ってくれる大事なアイテムだもんね。」

うーん。
なんだか、あれもこれも良くて……。
頭の中がぐちゃぐちゃしてきた!!

まる「どう? プレゼント何にするか決まった??」
あやタソ「全部良いなと思っちゃって……。逆に迷っちゃった。どうしよう、まる。」
まる「しょうがないなぁ……。でも大事なお友達に贈るプレゼントだからじっくり選びたいよね。とことん付き合うよ!!」
あやタソ「まる〜、ありがとう!」

いつもクールに私の「大好き攻撃」をヒラリと躱すまるだけど、いざという時はこんな風にとっても優しいのよね。
だから毎回ときめいちゃう。

まる「そのお友達の趣味は?」
あやタソ「料理だよ。すごく美味しい料理を作るの。イタリアンが得意料理だったかな。」

まる「じゃあ、これなんてどう? キッチンタイマーなんだけど、ほらみて。とってもオシャレでしょ。」
あやタソ「デザインがレトロでかわいい! これゼンマイ式なんだね。」
まる「そうだよ。だから電池切れの心配なくて安心だし、イタリアン料理が得意ならパスタの茹で時間を計るのにピッタリじゃない?」
あやタソ「すごい! 冴えてる、まる!!」
まる「もう〜、自分のお友達でしょ。しっかりしてよねっ。」
あやタソ「あっ、ごめんなさい。」

まる「お部屋にちょこっと置くだけでオシャレをプラスしてくれる小物なんてどう?」
あやタソ「これもかわいいなぁ……。」
まる「これ、ひとつひとつ手作りだから全て一点ものなんだ。部屋に飾るならいくつか組み合わせるのも可愛いよ。」

まる「ステーショナリー類もプレゼントしてもらったら嬉しくなっちゃう、デザインにこだわったものばかりだよ♪」

まるってば、まるでショップのコンシェルジュみたい。
心強いまるの店内ガイドは続きます。


まる「そろそろ決まった?」


まる「……ってあれ? あやタソ??」



すっかり私が後ろからついてきていると思って説明をしていたまるだったけれど……。
振り返ると、居ると思っていたあやタソが背後に居ない事に気付いてびっくり。

まる「もうっ。あれだけ迷子にならないでって注意したのに。」
呆れながらも、まるは店内を見渡して消えたあやタソの姿を探す。




すると……。





なにかに夢中になっているあやタソの姿を発見。

あやタソ「ああ〜。なんかこれ、いい〜。吸い込まれる〜。ほんとこれいいなぁ〜。」

なぜかカラフルな招き猫に夢中になっているあやタソ。



まる「ちょっともう! なにやっているのあやタソ!! プレゼント探しは!?」

背後から聞こえたまるの声に……。
ワタクシの肩が、ビクッ。


しまったー!!
摩訶不思議な招き猫の誘惑に吸い込まれちゃって、プレゼント探しを放り投げてたのがまるにバレちゃった!!


そーっと振り返るとそこには、怒っているまるの顔。
当たり前よね、まるに任せっぱなしで私は遊んでしまっていたんだもの。

反省……。

そんな私に呆れて。

先にまる……、外へ出て行っちゃった。



まさかのケンカ勃発で、「まる散歩」の大ピンチ。
まる散歩、ここで終了なの!?



どうなる、次回。

まる散歩 in 自由が丘。連載第⑧回目 〜香辛堂編〜 へ、
To be continued.


(written by LIMIA編集部あやタソ)

〜 今回のまる散歩、SHOP情報 〜

ホッチポッチ自由が丘店
〒152-0035東京都目黒区自由が丘1-26-20 1F
営業時間:11:00~20:00(定休日:元旦のみ)
TEL:03-3717-6911
URL:http://www.hpjiyuugaoka.jp/


LIMIAからのお知らせ

GoToトラベルで最大50%お得✨
「楽天トラベル」ならクーポン併用最大2枚まで可能。さらにポイントキャンペーンも開催中!
楽天ポイントも貯まる!プラン・リーズナブルから高級まで楽天限定プランも続々!

  • 2389
  • 14
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

Instagramや各メディアで世界中の人々から大人気のアイドル犬、柴犬まるのページです。ここでは、まるが表情豊かに街をお散歩してお気に入りスポットを紹介する「…

おすすめのアイデア

話題のキーワード