まる散歩 in 自由が丘。第⑧回 香辛堂 編

Instagramで人気のアイドル犬・柴犬まるが自由が丘の街をお散歩♪ お散歩しながら気になるスポットを紹介する「まる散歩」です。お散歩のお供は、ワタクシ、LIMIA編集部員・あやタソ。「迷子」という厄介な得意技を持つあやタソと一緒になんとかここまで無事にお散歩してきたけれど……。
なんと前回、自由すぎるあやタソにまるが怒っちゃった!? 先にお店を出て行っちゃった、まる。「まる散歩」継続の大ピンチ。2人は無事仲直り出来るのかしら……??

  • 1836
  • 12
  • 0
  • いいね
  • クリップ

まる「つい、あやタソを置いて先にお店出てきちゃった……。あやタソまた迷子になってないかな。でもここはひとつ、迎えに行くのは我慢してあやタソにちょっと反省してもらわないとね。……でも、やっぱり心配だなぁ。」

ケンカしても、あやタソが自由が丘の街で遭難していないか心配する、まる。
ああ、私ったら、そんな優しいまるを困らせてばかり。
困った大人です。
ごめん、まる……。

まる「う〜ん、どうしようかな。さっきのお店からそんなに遠くへは来てないけれど。あやタソ、来ないなぁ……。」

まる「あれ? なんだかあっちの方からいい香りがする……。この香り、なんだろう? 初めての嗅ぐ香りがたくさんミックスされているような……。不思議な香りだ。」

まるが風に乗って漂ってくる、不思議な香りをキャッチしたみたい。
「おいしい香り」が大好きなまる。
その香りの正体が気になって、ウズウズ。

そんな中、向こうから荷物を抱えて走ってくるあやタソの姿が。

あやタソ「まる〜! ごめんなさい!! ちゃんとまるのアドバイスを思い出しながら、友達へのプレゼント買えたよ!!」

必死な表情で走ってくるあやタソを見て、まるはつい笑っちゃった。

まる「一生懸命に走ってくるあやタソの顔が面白すぎて、いろんなものが頭から飛んでいっちゃったよ! しょうがないから許してあげる!!」
あやタソ「まる〜……。ほんとごめん! もう勝手な行動はとりません……約束!」
まる「まあ、自由奔放なところがあやタソらしいとも言えるけどね……。でも結局迷子になっちゃうんだからさ、今後は気をつけてよね。」
あやタソ「ごもっともです……。」

よかった、
まるの優しさで、仲直り完了。
もうこれ以上まるを困らせないようにしなくっちゃ!!

あやタソ「……あれ? まるの鼻、ピクピクしてるよ。」
まる「うん。向こうからすっごく不思議な香りがしてくるんだ。気になっちゃって。」
あやタソ「え〜、どれどれ。(クンクン)。ほんとだ、スパイシーな香りがする。」
まる「ほんとあやタソって僕レベルの嗅覚の持ち主だよね。そうだ、この香りの正体を2人で確かめにいかない?」
あやタソ「それって探偵みたい! 面白そう!! 行こう行こう!!」

まる「よぉし! この香りをたどって行こう♪」
あやタソ「探偵まる、だね!!」

あやタソ「まるの言う通り、この先から香ってくる……。」

急遽結成された「探偵まる」。
どんどん香りのもとへ近づいていくと……。


まるの足が、ピタッと止まったの。

まる「ここだ……。」

あやタソ「こう、しん……どう? 香辛堂って書いてあるね。」
まる「店名からして、スパイス屋さんかなぁ。」

あやタソ「不思議な雰囲気のあるお店よね。」
まる「たくさんのスパイスの香りを感じるよ!」

あやタソ「ここはまるも初めてのお店なの?」
まる「うん。ちょっとドキドキするけどお店の人にどんなお店か聞いてみよう!」

勇気を出して、いざ、突入!!

店内に入ると、棚にはたくさんのスパイスがズラリ。
あやタソ「わぁ、まるで魔法使いの部屋みたい!!」

まる「シナモンや鷹の爪、ホワイトペッパーは普段見慣れたスパイスだけど。そのほかにも見たことないスパイスが種類豊富に並んでいるね。」

あやタソ「すごいや。……やっぱりここ、魔法使いの家なんじゃない?」
まる「まさか〜。あやタソってば、怖がりなんだから!」

まる「見て! こっちの棚には、摂取すると期待できる効果がスパイスごとに表示してあるよ。」

あやタソ「ほんとだ。これは参考になっていいね。でもこんなに詳しいなんて……。やっぱりお店の人は、魔法使いなんじゃ……!?」

まる「んもう、あやタソ。そんなに気になるなら僕がお店の人に聞いてみてあげようか?」

……すると。

香辛堂「いや、魔法使いじゃないですよ。スパイスには詳しいですけどね。」

まるのその言葉に続くように、背後から声が!!


さっきから魔法使いがどうのこうのと訳のわからない会話をしていたのが聞こえてちゃっていたみたい。
お店の人が笑いながら声をかけてくれました。


あっ、なんだか、優しそう……。

香辛堂「うちのお店は、初めてかな?」
まる「はい。2人で自由が丘の街を散歩していたらとても不思議な香りに誘われて……。ここにたどり着いたんです。」
香辛堂「なるほどね。ここはね、魔法使いの部屋ではなくスパイスを取り扱うお店なんだよ。」
あやタソ「見たことないスパイスがいっぱいで、びっくりしました。」
香辛堂「お客様のご注文を受けてから挽きたてのスパイスを提供するという、日本で初めてのスタイルをとっているんです。だから自分だけのオリジナルスパイスを作る事だって可能ですよ。」

あやタソ「オリジナルスパイスってとっても素敵! でも、どのスパイスをどうミックスしたら良いのかわからない……。」
香辛堂「それならこちらのコーナーのスパイスを見てごらん。料理ごとに最適の調合をしたスパイスが並んでいるから、まずは自分が作りたい料理を思い浮かべてみてそれに使用するスパイスを選んでみると良いですよ。」

まる「これならスパイス初心者な僕たちでも選びやすくて、助かるね♪」
あやタソ「おさかな料理から、チキン、ビーフ……、いろいろな食材の料理のミックススパイスがあるんだね! どれにしよう、迷っちゃう!!」
まる「僕はこの香りに夢中〜。」
あやタソ「まるはいい香りとかおいしい香りが好きだもんね♪」

まる「あれ? さっきまで魔法使いだ!とかあんなに騒いでたのに。食べ物のことになったら急に元気になるんだから。やれやれ。」
まるはちょっぴり呆れ顔。


香辛堂「そうだ。せっかくだからスパイスをミックスして作るところを見てみるかい?」
まる&あやタソ「はい! ぜひ!!」

ササッとスパイスをあわせて、手際よく仕上げていく店長さんの手先の動きにすっかり見入ってしまう私たち。

あっという間に作りたてミックススパイスが完成。
とっても良い香りが広がる!!
やっぱり作りたてって香り高いなぁ。

まる「これであやタソも料理上手になれるね♪」
あやタソ「このスパイスを使って料理するのが楽しみ!」

香辛堂「スパイスは味覚の世界を広げてくれるとても素敵な存在です。ぜひ、スパイスのある生活を楽しんでくださいね。」
まる&あやタソ「ありがとうございました!!」

あやタソ「最初はドキドキしたけどとっても素敵なお店だったね。店長さんも優しかったし。ああ、楽しかった!!」
まる「こうして散歩の途中で発見した知らないお店を訪ねてみるのも、冒険みたいで楽しいよね。」


スパイスの香りに包まれて、さっきまでケンカしてたこともすっかり忘れちゃった2人。
やっぱり香辛堂の店長さんは、魔法使いだったのかも……!?

まる散歩 in 自由が丘。連載第⑨回目
〜サンセットアレイ通り編〜 へ、
To be continued.



(written by LIMIA編集部あやタソ)

〜 今回のまる散歩、SHOP情報 〜

香辛堂
〒152-0035東京都目黒区自由が丘1-25-20
営業時間:11:00~19:00
定休日:水曜日、第4木曜日(不定休あり)
TEL & FAX:03-3725-5454

  • 1836
  • 12
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

Instagramや各メディアで世界中の人々から大人気のアイドル犬、柴犬まるのページです。ここでは、まるが表情豊かに街をお散歩してお気に入りスポットを紹介する「…

おすすめのアイデア

話題のキーワード