【10分で完成】コンセントタップを100均グッズで簡単にカバー♫

コンセントプラグの色が揃わなかったり、コードがごちゃごちゃしていて、どうしても生活感が出てしまうコンセントタップ。
100均グッズを使って、サッと隠してしまいましょう♫

  • 34950
  • 548
  • 4
  • いいね
  • クリップ

before

複数のプラグを差す事ができて、壁のコンセントから離れた場所に電源を延長できるので、とても便利なコンセントタップ。

ただ、インテリアには馴染まず、できれば隠しておきたいなぁと思うものでもあります。

↑↑↑
以前、DIYしたコンセントタップのケースです。

こちらは、テレビ台の上に置いておきたくて木製のBOXを作りましたが、なかなか手間がかかるので、今回はもっと楽して隠す方法を考えました(笑)

after

ケースの中に入れる事で、見た目がスッキリします♫

そして、ホコリよけにもなります!

作り方

作り方なんて書かなくても、想像だけで作れちゃう簡単さですね(笑)

そうです。
100均(セリア)の蓋つきケースの両サイドにコードが通る切り込みを入れるだけ!

とはいえ、少しだけポイントがありますのでご覧くださいね^_^

使ったのは、こちらの蓋つきケース。
セリアの商品です。

商品の正式名称は
『バックケース ロング モンターニュ』
色は『クールグレー』です。

まずは、穴を開ける部分に印を入れます。

大型カッターでノコギリのように切ってみました。切れない事はないのですが、正直、固い💦

そこで、切る部分をドライヤーで温めてみました!
表から、裏から温風を当てます。

すると、少し柔らかくなるので、ハサミで切れました!

ハサミで縦に2本切り込みを入れたら、横の線はカッターで少し傷を付けて手で折るようにすれば、簡単に切り取れます!

両側をカットすれば完成!

【ご注意ください】
刃物やドライヤーを使う際は、くれぐれも怪我や火傷にお気を付けください。

タップを使う時は、最大容量を守ってお使いください。接続機器の消費電力が大きすぎると、タップが熱くなったり発火の恐れがあります。

タップを横に寝かせると、フタが閉まりますよ!

☆タップの大きさ(特に厚み)によっては閉まらない場合もあります。参考までに、今回使っているタップの大きさは、厚さ22mm、幅34mm、全長114mmぐらいのものです。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

日々の生活や最新のDIYなど、こちらにアップしております。↓↓↓
良かったら、こちらにも遊びに来てくださいね。

  • 34950
  • 548
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

DIYクリエイター

DIYアドバイザー資格取得(2019年)夫と子ども3人の家族5人で、マンション暮らしをしています。『暮らしの不便をDIYで解決!』をモットーに、暮らしやすく、好…

おすすめのアイデア

話題のキーワード