【DIY】意外なもので!?お部屋がおしゃれになる!メイソンジャーでつくるペンダントランプ。

キッチンで食材やおやつを保存したり、ジャーサラダを作ったりと、大活躍アイテムのメイソンジャー。小物を入れてインテリアとして活用している人もいるのでは? 今回は、丈夫なガラス瓶の特性を活かして、メイソンジャーでペンダントランプをDIY。キッチンカウンターやダイニングテーブルを優しく照らすランプは、ジャーのロゴを光で浮き上がらせてそのまま引き立てたり、造花でデコレーションしたり。色つきのジャーを使うのも、もちろん、あり。インテリアに合わせて工夫してみよう。プライベートスペースなら1灯だけでもお洒落。多灯使いする時は、好みでコードの長さや吊す間隔を調整しながら、ランプを使った空間演出を楽しもう。

本サービス内ではアフィリエイト広告を利用しています

  • 3185
  • 3
  • いいね
  • クリップ

レトロ感がかわいい! 『メイソンジャーペンダントランプ』

使った材料・道具はこちら

鉄工用スパイラルステップドリル 10段 
コードセット 1m 金口 26mm 黒 
LED電球G40型 E26金口 
ライティングライン引掛シーリングプラグ 
メイソンジャー(蓋付き密閉瓶) 750ml程度、電工ドライバー、ドリルドライバー

作り方

【1】フタに穴をあける

メイソンジャーのフタをはずし、中心にスパイラルステップドリルで、電球のコードを通す20mmの穴をあける。中に入れる電球が熱を持つ場合は、この他に放熱用に10mm位の穴を3つあけておく。

【2】照明コードをフタの穴に通す

コードセットのシーリング接続部のカバーを開けて、接続されているケーブルをはずす。ケーブルを固定しているプラスチックのプラグまで外したら、フタの穴にコードを通す。通した後、ケーブルを再び接続し、カバーをつける。

【ポイント】

シーリング部分は、写真のようなパーツに分解できる。プラスチックのプラグは、マイナスドライバーなどを使うと開けやすい。

【3】電球を取り付け、照明を設置する

ソケットに電球を取り付けジャーのフタをしめる。ダクトレールのひっかけシーリングプラグに取り付けたら完成。取り付ける時は、必ずブレーカーを落としてから作業をして。

【注意】

ランプを取り付けるダクトレールは、天井に既存の照明のシーリングがあれば、工事不要のダクトレールに付け替えればOK。シーリングがない場合は、配線工事が必要になるため、必ず電気屋さんに工事を依頼しましょう。

【ワンポイントアドバイス】

造花や小物を入れて個性的に仕上げよう

電球は、消費電力が少なく高温になりにくいLED電球を使うといいでしょう。電球から瓶の底までに充分な空間がある場合は、底に造花や貝殻などを入れると、オリジナリティーがアップします。ただしLED電球も熱を発するので、電球に造花が当たったり、充分な隙間がない場合は火事になる恐れがあるのでやめましょう。

穴あけに、あると便利な「ステップドリル」

階段状の刃の一段ごとに穴をあけていくステップドリルは、ドリルの溝がガイドになり穴のサイズを調節できる。ドリルの刃を付け替える必要がなく、いろいろなサイズの穴をあけることができるので、ひとつあると便利に使える。作業をする時は、必ず厚みのある端材を下におくこと。

  • 3185
  • 3
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

静岡県・愛知県を中心に展開しているホームセンター!エンチョーの公式アカウントです。DIY情報やイベント情報など楽しい情報をお届けします。

株式会社エンチョーさんの他のアイデア

DIY・工具のデイリーランキング

おすすめのアイデア