【旅行】子どもを連れての海外旅行。フライト時間対策、どうすればいい!?

子どもを連れての海外旅行。フライト中に役立つグッズを調べたけれど、どのくらいの量があれば間に合うのか迷いませんか??荷物が多くなりすぎるのも大変なので、フライト中の時間配分を測ったので参考にしてみてください♬

  • 4401
  • 46
  • 1
  • いいね
  • クリップ

子どもを連れて旅行に行こう

小さい子連れの旅行で気になるフライト中の時間のつぶし方。
動ける範囲が限られた中、何をして過ごそうか、どんなおもちゃを持っていけばいいか等、
たくさん調べているのではないでしょうか。

では実際、どのくらいヒマな時間があるかというと。。。??
実際子どもを連れて海外旅行をしたときに時間配分を測ってみました。

(※以下は大手航空会社の場合です。
LCCではドリンクサービスや食事は有料な場合が多いので、別途頼まないと出てきません。
またモニターが付いていない機体もあるので、予約後確認された方が安心です)

ドリンクサービス

離陸してから30分ほどでドリンクサービスがあります。
乾杯しておやつを食べて、20〜30分ほど楽しめます。

一緒に提供される軽食は大人っぽいものの場合もあり。子どもが好きなおやつを持ち込んだ方がいいかも。

機内食サービス

機内食を食べるのに30〜40分ほど経ちます。

ベビーミール・チャイルドミールを頼んでおけば、大人の普通の機内食より先に出てくるので便利ですよ♬

味はイマイチな場合も。。。念のために子ども用の食べ物を持ち込む方が安心かも。

機内エンターテイメントも充実

機内エンターテイメントに子ども用の映画やゲームがあります。
何分くらい集中できるかはその子にもよりますが、映画1本見てくれたら90分ほど経ちます。

ただし、外国の航空会社の場合、日本語版の映画が少ないときや、まったくないときもあります。。。
でも、小さい子ほど、英語でも気にせず絵だけ見て楽んでいます。

ここで注意が必要なのが、機内にセットされてるヘッドホンは子どもには大きいんです。
1番小さくしても、5歳の子でも上の写真のように耳を押さえてないとズレてきちゃいます。

そのため、子ども用のヘッドホンを持ち込むのもいいかなと思います。
ヘッドホンは好きなものを買って大丈夫ですが、
飛行機のヘッドホンのジャックは2つ穴の場合が多いので
変換ジャックを持っていくのもお忘れなく!

エレコム トラベルグッズ 飛行機用φ3.5デュアル-ステレオ変換アダプタ イヤホン・ヘッドホンジャック ブラック MPA-T35DSADBK
商品情報をAmazonで見る

残りのフライト時間分の対策を

これだけで約2時間半〜3時間はイベント(?)があります。

あとの残り時間をつぶせるだけの対策があれば乗り切れます꒰。 › ·̮ ‹ 。꒱

ちなみに台湾やグアムなど近場ならもう到着です!
ハワイやバリなどの長距離フライトの場合もあと半分ほど。


何で遊ぶのが時間をつぶせるかは、子どもによって違うと思いますが
以下はわが家で便利だったおもちゃ以外のものを参考までに紹介します。

0,1歳は何でも遊べる

小さい子は1つのおもちゃで長く集中するのは難しいですが
大人のカバンの荷物を入れたり出したり、
機内に置いてある冊子をペラペラしたり、
そこら辺にあるもので何でも遊べます^ ^

お昼寝も必ずする年齢かなと思うので、おもちゃはそれほどなくても案外過ごせます。

2、3歳はスマホが便利

2、3歳には機内エンターテイメントのゲームはまだ難しい場合が多く
ひまになってくると動きたくなる年齢かなと思うので
スマホのアプリで遊ぶのも手です。
(インターネット接続がなくても遊べるか事前に確認を!
モバイルデータ通信を切って、Wi-Fiのないところで遊べればOKです)

スマホを使うと充電が心配ですが、コンセントがない機体も多いので
モバイルバッテリーを持っていくと安心です。
(持ち込みに制限がある場合があるので、事前に確認してください)

また、2〜3歳の子もお昼寝してくれるのがベストですね。
(大人の気力的にも。。笑)

機内に乗り込むまでに楽しみながら体力も使える便利グッズはこちらで紹介しています。

子連れ旅行の心配ごとを少しでも減らせたでしょうか??

ぜひ快適な空の旅を〜♬


—-Instagramで、バリ旅行のこともちょこっとアップしています——

  • 4401
  • 46
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

築30年の家をDIYでセルフリノベして住んでいます。ナチュラルでシンプルで海外っぽいインテリアが好きです♡夫婦と9歳・4歳兄弟の4人家族です。みんなが暮らしやす…

おすすめのアイデア

話題のキーワード