運びやすい!が命のキャリーケースで無印良品製が秀逸な3つの理由

荷物を運ぶ際にストレスが少ない!というのがキャリーケース選びでは一番のポイントですよね。

買った後に後悔しない為にも確認したい、無印良品のハードキャリーの【キャスター】【ハンドル】【ストッパー】はどういいのか詳しくご紹介。
良品週間でのお得なお買い物のご参考にどうぞ♪

  • 16702
  • 58
  • 0
  • いいね
  • クリップ

例年、秋は無印の良品週間が多い時期ですね。

良品週間は無印良品のアイテムが10%OFFになる、貴重なタイミング。

値段が張るものこそ、良品週間を利用したいところ。

我が家がかつて無印良品で購入してよかったな、と思うものはいくつもありますが、
実はダントツで気に入っているのはキャリーケース(スーツケース)です。

今回はその名も、「キャリーバーの高さを自由に調節できるストッパー付きハードキャリー(35L)」の魅力をご紹介したいと思います。

アイテム概要


商品概要はこちらの無印のHPをご覧ください。

サイズ別に容量19L・35L・62L・87L・104Lと5種類あります。

35Lまでが、飛行機の機内持ち込みも可能なサイズです。

キャリーケース選びで重視すべきところ

文字通り荷物を運ぶ為のものなので、荷物を運ぶ際にストレスが少ない!というのがキャリーケース選びでは一番のポイントになります。

買った後に後悔しない為にも確認したいのは

キャスター
ハンドル
ストッパー

の3点です!

キャスターは命!

今の時代、ネットで格安でキャリーケースも販売されていますが・・
重たいものを入れると途端に転がりが滑らかではなくなるものもあると思うので
店頭で試用してみて、転がりの滑らかさを確認した方がいいと思います。

私が、無印良品のキャリーケースに変える前に使用していた古いものは、
滑りが悪く、特にタイルや石畳の場所(海外に特に多し)、国内でも視覚障害者誘導用ブロックですぐにつまづいて、ガラガラと音もうるさくとてもストレスでした。

その点無印良品のは、動きも音もノンストレス!
「双輪タイプ」という旋回が軽くなって方向転換が容易になるキャスターを採用しているからのようです。

現行モデルはストッパーがワンタッチ式になっていて尚便利になったよう!
(私のは旧型です)

ハンドルの高さ調節

ハンドル(キャリーバー)の高さ調節の細かさと、しっかり固定されているか、も重要です。

調節が粗い(例えば3段階とか5段階とか)と、自分にちょうどいい高さで引っ張れないので、小さなストレスが積もります。

その点無印良品のキャリーケースは、1センチ単位で高さの調節が可能。

子どもでも持ちやすいので、進んで荷物を持ってくれます。

また、意外と見逃せないのが、キャリーバーがしっかり固定されるか。

しっかり固定されないと、移動中に、高さが変わってしまって安定して運べないのです。

私が購入の際に、カインズホームのハードキャリーケースと比較しましたが、
値段はカインズホームの方が安く、グッドデザイン賞も取っていてデザイン性もよかったのですが
キャリーバー調節がカチッとしていない感じで不安定で、選択肢から外しました。

ストッパーが秀逸すぎる!

無印良品でキャリーケースを購入してよかったなぁ〜と思うのが

ストッパー機能が付いているところ!

時々、キャリーケースを持っていると、「私も同じの持っている!ストッパー付きがいいよね〜!」と話しかけられるほど(笑)、使用者にとっては便利で、他のキャリーケースにはない機能だと思います。

どんなシーンで活躍するかというと、

・電車やバスなど揺れる公共交通機関に乗っているとき
・車に縦置きで載せているとき

などに、ストッパーをしていると一切動かないので、支えたりしなくてOK!

こんな風に必死に捕まえていなくても大丈夫。

電車内で居眠りだってできちゃいます(笑)。

他にも

・シンプルなデザイン
・頑丈
・軽い

など必要な機能を兼ね備えている点が好きです^^

いつ、どんな時にキャリーケースを使っている?

考えられる活用シーンとしては
・公共交通機関で行く家族旅行
・2−3泊の旅行(家族と一緒でも、1人でも) 
・講座のプロジェクター収納/持ち出し
・イベント出店時
・災害関連の荷物の収納/持ち出し

などがありますが、私は講師業をしている関係で、メインはプロジェクターと接続物一式を入れていて、講座のたびに利用していますよ。

いかがでしたか?

無印のキャリーケース、どうなんだろう?
という方の参考になれば嬉しいです。

安い買い物ではないから、良品週間を上手に利用してくださいね!

  • 16702
  • 58
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

安心して羽ばたき人生を愉しんで戻る居場所作りをモットーに、ズボラでも快適に暮らせる工夫と、ママが2泊3日で家を空けても家族が困らない仕組みを発信します。LIVE…

おすすめのアイデア

話題のキーワード