取り出しにくかったゴミ袋収納の見直し!無印良品のアイテムで使いやすく

前にゴミ袋のストック収納をご紹介しましたが、今回は実際に使う時の収納方法をご紹介します。

  • 61112
  • 729
  • 6
  • いいね
  • クリップ

以前はインスタグラムでよく見かけていたこの方法…
ゴミ箱の後ろに突っ張り棒をして、そこにゴミ袋をかけておくスタイルでした。
ゴミ箱とセットで使えるから合理的!と思っていたのですが
・一枚ずつ取るのが難しい
・補充する時にここに潜りこんでするのが面倒くさい
・突っ張り棒がずれてバサッと落ちる時がある
などの理由から段々イライラしてストレスを感じるようになりました。

もともとゴミ箱の横にあった大きいプロテインを片づけてゴミ袋収納を作ることにしました。
用意したのは無印良品のファイルボックスとキャスター、ファイルボックス用のフタを2つ。
ファイルボックス用のフタがないとキャスターはつけられないので必ずフタは用意してください。

ファイルボックスにキャスターをつけて、ゴミ袋を収納していきます。
市の指定のゴミ袋はmon•o•toneのゴミ袋ケースのSサイズに。
ゴミ箱に設置する45ℓのゴミ袋はLサイズに入れて、ファイルボックスへ!

mon•o•toneのLサイズのゴミ袋ケースもファイルボックスに余裕で入ります♪
ゴミ袋ケースが4個でシンデレラフィットでした♡

フタがあるのでホコリも気にならないし、キャスターが付いてるので掃除機をかけるのも楽ちんです♪
今までゴミはまとめてくれてもゴミ袋の設置は絶対にしなかった主人が、何も言ってないのにやってくれるようになりました 笑

今回使う場所の近くにあればいい使いやすい!という訳じゃないことがわかりました…
動線を考えていかにストレスなく次の作業にスムーズにいけるかが大切ですね!
このファイルボックス×キャスターの組み合わせ色んな場所で活用できます。
ファイルボックスの大きさも色々あるので隙間収納などにもおすすめです♡

  • 61112
  • 729
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

ご縁があり、こちらで記事を書かせて頂くことになりました。マイホームに引っ越してからシンプルで丁寧な暮らしを目指しています。まだまだ勉強中ですがよろしくお願いしま…

おすすめのアイデア

話題のキーワード