新築、リフォームに!ローコストでできる!クロス、仕上げ材で遊ぼう♪

新築やリフォームでも、クロスなど内装材は意外とシンプルなものを選んでしまいがちです

おしゃれな家にしたい!でもそこまでコストをかけたくない!
でも、工夫すればコストをそこまでかけなくても、自分の好きな空間を演出できます。

インテリアと合ったクロスを探してみてもいいかもしれません。

  • 2181
  • 5
  • 0
  • いいね
  • クリップ

新築の時でも、リフォーム時でも
アクセントクロスを選ぶ、ちょっと変わった素材の内装材を選ぶことで、コストを抑えながら個性を出すことができます!

事例をご紹介していきますので、参考にどうぞ!!

設計:不二工営建設

お子様の作品やプリントなどをまとめて貼っておける、コルクのクロス

こちらはお子様のワークスペースに貼りました!
キッチンに立ちながらお子さんの宿題などを見守れる配置になっています
子供部屋の壁一面にしても、一部分だけ床から天井まで縦長にしてもOK
シンプルで素朴なコルクの素材がインテリアを邪魔しません
掲示物を何度も張り替え出来るので、お子様や家族写真などを貼るのも素敵ですね

設計:不二工営建設

この一面だけ、シンプルなアクセントクロスを使用しています
パステルカラーで、上品な雰囲気の空間に仕上がっています

設計:不二工営建設

奥が寝室、手前が書斎のスペースです
スペースによって雰囲気が変わりつつ、アクセントとして留めておくことで
濃い色やハッキリした色調のクロスも生きてきます

設計:不二工営建設

紫色は気分を落ち着かせ、安眠効果があると言われています
色によって、心理的にもたらす効果を考えてクロス選びに生かしてみても
いいかもしれません
ちなみに床材はヘリンボーン貼りのフローリング、ではなく床用シートです。
本格的に見えて、お手入れが簡単なのが魅力的ですね

設計:不二工営建設

リフォームしたオフィスで使用したレンガ調クロスです
階段の上にアンティーク感のあるクロスが
鉄階段に意外と似合っていて、ちょっぴりブルックリンスタイル風に

設計:モリイデザインワークス一級建築士事務所

こちらは天井が白、壁に2種類のクロスを合わせています
濃さも模様も違いますが、同系色でまとめているので
とても上品でお洒落に仕上がっています

設計:モリイデザインワークス一級建築士事務所

玄関横の、お客様もお招きするようなスペースに使われたアクセントクロス
金色に光って、華やかな気分を演出してくれます
照明も壁紙が輝くように配置されています

設計:モリイデザインワークス一級建築士事務所

和室の戸襖も、このように自由なクロスを選んでいただけます
昔ながらの和風な柄もよいですが、少しモダンにするとやはり素敵ですね

▼トイレ編▼

トイレはリフォームする機会が他の場所より多いかもしれません
その時にクロスを貼り替えて、心地よい空間にしてみるのもよいのではないでしょうか

設計:林泰介建築研究所

こちらはお施主さま支給の輸入クロスを貼っています
このお家は、全体的に白いシンプルな内装なので、
要所要所にアクセントクロスがとても効いていて素敵です

設計:TAS高橋洋臣e久美一級建築士事務所

壁がモザイクタイル・・・と思ったら、これもクロスなんです
実際に見ても、近づいてみないとわからないぐらい、そっくりでした!

設計:モリイデザインワークス一級建築士事務所

繊細なレースを思わせる柄のクロス
よく見ると和柄っぽい感じで、華やかすぎない
それでいてお洒落な空間になっています

設計:モリイデザインワークス一級建築士事務所

かわいい和柄のクロスがトイレを明るくしてくれますね
ちなみにこちらも輸入クロスです

▼ここから下は、タイル編です▼

クロスやメラミン素材より、少し値が張ってしまいますが
部分的な施工で金額をある程度抑えることができます

設計:TAS高橋洋臣e久美一級建築士事務所

キッチン横に作った壁に、モザイクタイルを貼っています
目の覚めるような青が、向かいの窓から入ってくる光に反射して
とてもキレイです

設計:不二工営建設

こちらは店舗さんのキッズスペース
かわいいジグソーパズルの形をしているのは、なんとタイルです!

設計:近藤晃弘建築都市設計事務

独立した手洗いスペースです
タイルもライトも鏡も、お施主様のチョイスで
個性的かつお洒落な空間になっています

いかがでしたでしょうか?
シンプルなものから個性的なものまで、さまざまな種類があって楽しいです。

クロスも今は、専門店で直接買うことができます
もちろん施工店に珍しいクロスを依頼することも可能です

もし新築を計画されているなら、先に内装材のことも考えておいてはいかがでしょうか。

▼注意点▼
●施工店が、施主支給のクロスやタイルなどで施工してくれるかどうか、先に確認しておく
●輸入クロスは貼り方や扱いが難しく、対応してくれるかどうか確認する
●珍しいクロスなどは、施工で貼り直しが必要になったときに備えて在庫を余分に取っておく
●リフォームの場合、輸入クロスなど厚みが薄いものは、貼り替える前の下地が見えやすいのでお勧めできません


ちなみに国産クロスでも、珍しくておしゃれな商品がたくさんあります!
飽きるかも、や、狭く感じるのでは?と皆さんシンプルなクロスを選ばれる方が多いのですが
好きなものを自分で探して選んだものは、意外と飽きませんし
アクセントとして使うことで、狭さも感じることはほとんどありません。


お家自体はシンプルでも、壁紙やちょっとしたインテリアでお好みの空間にしてみませんか?

  • 2181
  • 5
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

心地よい空間は住む人の生活を豊かにすると私たちは考えています。多様化する社会、人それぞれ求めるものは違ってきています。基本的な性能に、お施主さまだけの仕様をプラ…

おすすめのアイデア

話題のキーワード