意外に簡単!玄関に腰板を張ってみる

以前実家のリフォームをした際に余った腰板。
もったいないし、どこかで使おうともらってきました。
端材なので量が限られていてどこに張ろうか迷いましたが、ちょうど玄関の壁なら足りる!と思い、張ってみました。
それではLet's DIY!

  • 20478
  • 129
  • 4
  • いいね
  • クリップ

腰壁の上に棚をつけようと思うので少し低めの800㎜にカットしました。

この板。
オスとメスがあって、順番に組んで行くと腰板ができちゃいます。
板もいいものですね。
色を塗るとか言ったら父に怒られそうですが…(^^)

カットしたものを仮置きしてみます。

まずは色を塗っていきます。

養生した上に板を置いて…

下塗りに使ったのはこちらです。

100均に売ってるアクリル絵の具の黒と赤。

混ぜると茶色になります。

ぼろ切れに適当にとってクシュクシュと混ぜて塗ります。

全体にしっかり塗らなくても、所々アンティーク感が出ればいいので適当に塗って大丈夫です。

こんな感じに塗りました。

乾いたら次に用意するのはノリ、または木工用ボンド。

アンティーク加工に便利なグッズです。

これを使うとクラックがでて、アンティーク感が出てくれます。

もちろん専用の下塗り材を使っても大丈夫です。


ボンドを使うと大きな、ノリを使うとおとなしめのクラックができるようです。

こんな感じでクラックを入れたいところに塗ります。

少し乾かしてからペンキを塗ると…

こんな風に割れてくれます。

乾いたらいよいよ設置へ。

できるだけ壁を傷つけずに張りたいので、一番端の上下だけビスでとめました。

端材でコンコン叩いて溝に入れてどんどん張っていきます。
所々マスキングテープに両面テープで固定してます。

写真の撮り方が歪んでしまってますが、半分ちょっとまで来たら上下の長さを測ります。

少し差があればトントンと調整すると、最後までまっすぐ張れますよ。

最後も上下をビスでとめて、腰板が完成です。

左端も溝が付いた見切り板でカバーすれば大丈夫です。

上も普通は見切り板を付けるのですが、今回は飾り用に棚をつけようと思います。

両端にビスでL字金具を固定して、
1×4材を乗せます。

さらにあと2ヶ所程ごく細いビスでL字金具を固定して完成です。

壁に穴をあけるのを最小限に抑えました。


腰壁は難しそうですが、はめていくだけなので意外と簡単です。

雰囲気が変わりますので、ご興味のある方は是非挑戦してみてください。

最後になりましたが、プロの方はこんなやり方は決してされません。
素人の適当なDIYであることをご理解いただいた上で参考にして頂けると幸いです。

  • 20478
  • 129
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

DIYクリエイター

DIYが好きで簡単にできるものばかりですが、いろいろ作ったりしています。シンプルなインテリア木の温もりが感じられるようなインテリアが好きです。最近は多肉植物にも…

おすすめのアイデア

話題のキーワード