ラグやカーペットを保管する方法を店長が解説します♪

夏と冬などで敷物を交換したい!という場合は、
今まで使っていた敷物を保管することになりますよね。

そんなわけで、ラグやカーペットなどの敷物って
どうやって保管しておけばいいの?というお話。

保管の手順・方法を店長が解説しております♪

  • 9372
  • 77
  • 0
  • いいね
  • クリップ

今回は「ラグ・カーペットの保管方法」のお話。

どうもこんにちは!

あなたの暮らし応援アドバイザー。
北海道の標茶(しべちゃ)にある平田家具店、

店長の平田敬(たかし・弟)です!



ラグやカーペット(じゅうたん)を
夏と冬で替える、という方は、
そろそろ交換する時期なんじゃないでしょうか?


慣れていらっしゃる方は
ラグやカーペットの保管も慣れていらっしゃるかと思うのですが…

初めてやるよ!という方の中には
「どうやって保管したらいいの?」
という方もいらっしゃるのではないかな、と。


そんなわけで今回は、
ラグ・カーペットの保管方法について
店長が解説していきますね~♪


このラグを例にご説明して参りますっ!
(ちなみに売り物ではないラグなのでご安心を♪)


1,お掃除しよう!

まずは今まで使っていたラグを保管する前に、
しっかりとお掃除していきましょう!

掃除機を使ってお掃除するのももちろんですが、
次のシーズンまで保管しておくことを考えると、
やっぱり拭き掃除もしてキレイにした方が良いんですね。


洗剤を入れた水などを用意し、固く絞った雑巾で全体をまんべんなく拭きましょう♪
清潔な状態で保管しないとダニが繁殖したり、ラグ自体が傷んだりしちゃうんですよ~。


2,乾燥させよう!

拭き掃除などが終わったら、次に乾燥させます。

この時に注意したいのは…


「陰干し」してね!ってこと。

太陽の光は強いので、日干しするとラグなどの毛が傷んじゃうのです。


こんな風に掛けるところがあるとベスト。
半日ほど日陰で干して、完全に乾燥させるようにしましょう♪


「乾燥させる」というのはとっても大事でして。

湿気が残ったまま保管しちゃうと、
カビの発生の原因になっちゃうんですね。


3,丸めよう!

ラグなどが完全に乾燥したら、次はいよいよ保管する作業に。

巻いて、丸めていきましょう!


ラグを丸める店長の図。丸めたらヒモなどで縛りましょう。
サイズが大きいラグなどは2人でやった方がキレイに丸められます。


この時、「丸める」というのが大事でして。
間違っても畳まないでくださいね!

畳むと折り目がついて、その折り目が取れなくなっちゃうんです。


4,保管しよう!

しっかりと丸めたら、あとは保管するだけ♪

でも、ここでも注意したいポイントがあるんですね。


丸めたラグにビニールの袋をかぶせている図。
店長が左手に持っているのは乾燥剤です。


今回の写真ではビニールの袋をラグにかぶせてますが…


ラグが「ウール(羊毛)」などの天然繊維で作られている場合は、
ビニール袋など通気性のないものをかぶせないでくださいね!

カビや虫害などが発生して、ラグなどがダメになっちゃうことがあるんです。

化学繊維で作られているラグなどでも湿気が残っていたりすると
カビたりしちゃうので、ビニールを使う場合は乾燥剤も一緒に入れてあげると良いです♪


5,寝かせて保管しよう!

最後のポイントは、
ラグやカーペットを寝かせて保管しよう!
ってことなんですね。

寝かせるとスペースをとってしまうので、
ついつい立てて保管したくなるんですが…


ラグなどを長期間立てておくと
「型崩れの原因」になっちゃうんです。

型崩れすると元に戻せない場合がほとんどなので注意しましょう♪


そんなわけでラグと一緒に寝る店長の図。


寝かせて保管したラグの上に重い物が乗ったりすると、
その物の跡がついちゃったりして、それも型崩れの原因になります。

なので、床に置くとスペースが無駄になっちゃう場合は、
何か平なものの上や、他の荷物を並べて平らにしたところに
寝かせて保管してあげましょう♪


本日のまとめ。

以上が「ラグ・カーペットの保管方法」なんですね。
簡単にまとめると…

・お掃除はしっかりと。
・陰干しで乾燥させる。
・寝かせて保管する。

っていう感じ。


「風通しが良くて乾燥したところに保管する」というのが理想ですが…

実際はなかなか難しいので、数ヶ月に一度、
ラグなどの様子を見て、再び陰干ししてあげたりするとより安心です!


よろしければ保管する際の参考にしてみてくださいね~♪


さてさて。
それでは今回はこの辺で。

店長でした!

カーペットの裏に落ちている粉って「人体に影響ないもの」なんですよ~!

昨年末、大掃除などでカーペットを交換した、という方も多いのでは? その時にカーペットをめくってみたら 「たくさん謎の粉が落ちている…!」 という経験をされた方もいらっしゃるかと思います。 その粉って人体に影響はないものなんですよ~! というのが今回のお話です♪

ひらた家具店

カーペットをめくった時に粉が気になった方はこちらをどうぞ♪

  • 9372
  • 77
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード