«初めてのDIY»カラボでキッチンカウンターを作ってみた①

キッチンカウンターが欲しくて、でも購入すると高いので作っちゃいました。DIYは初めてなので、失敗しなそうな、カラーボックスを使ったキッチンカウンター作りに挑戦しました。

  • 12452
  • 40
  • 0
  • クリップ

カラーボックスを使ってキッチンカウンターを作ってみました。

材料
カラボ3段 2点
ヒノキ板 120cm×8.2cm×1cm 10枚
壁紙シール木目調 6m

その他
電動ドライバー(メルカリ)、ネジ、のこぎり、ドライバー、サンドペーパー、メジャーなど100均で購入しました。

まずはイオンで購入したカラーボックスを通常通りに組み立てて、並べます。

この時点で誤算。
思っていたよりもカラーボックスが高く、圧迫感を感じました。
同居人と一緒に配置を考えなおし。
とりあえず壁沿いに設置しました。

誤算②
コンセントがあり、カラーボックスを正面向きに置いたらコンセント使えなくなります。否応なしに横向きに置くことに決定。

配置した時点で計画していたキッチンカウンターと違うけど気にせず続行。


気を取り直して、天板として使うヒノキ板を5枚並べて、電動ドライバーを使ってネジで固定していきます。

左のカラボの背面が丸見えなので、こちらにもヒノキ板を取り付けます。


写真のようにキッチン用品を収納。
ゴミ箱も収まるし、あとは壁紙シールを貼って完成!


のはずでしたか、ヒノキ板と用意していた壁紙シールの色合いが合わず、作業中断。
休憩がてら調べていたらニスを塗る必要がある事が発覚。
皆さんカラボに扉を付けてる。
横に取り付けたヒノキ板が気に入った。

などなどがあり、計画を変更しました。


追加材料
水性ウレタンニス透明クリア 700㎖
ヒノキ板 120cm長さ 10枚
ヒノキ板 90cm×8.2cm 10枚

蝶番、取手、両面テープ、ウォールシールなど購入

取り付けていたヒノキ板を外してニスを塗ります。
乾かしている間に長さ90cmのヒノキ板をカラボの高さに合わせてのこぎりで切ります。
扉として使うヒノキ板長さ120cmのものを4本、60cmの位置で切ります。

ニスを塗って乾かします。


60cmに切ったヒノキ板を100均で買ったベニヤに貼ります。
最初はまっすぐにする予定ですが、あえて高さを変えて貼りました。

この時、ご近所さんから苦情が入り、電動ドライバーとのこぎりの使用が出来なくなりました。

その2に続きます。

  • 12452
  • 40
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード