【DIYレシピ】差替えできるサインボード

エンチョー×womo!DIYで叶える“カワイイ”を厳選ピックアップ!
静岡県のオシャレ女子に人気の情報誌「womo」とコラボレーションして、差替えできるサインボード作りに挑戦しました。
玄関周りをちょっとおしゃれにしてみたい。そんなときはウェルカムボードにもなるサインボードをDIYしてみては?
差替えできる仕様にすれば、シーズンや朝夜で違う顔を楽しむことが出来ます。
ジグソーを使って合板の型抜きも一工夫をプラス。

  • 4532
  • 25
  • 0
  • クリップ

エンチョー×womo!今回は型抜きでひと工夫!サインボード作りを紹介します

一度は作ってみたい「看板」
実際に作るとなると、結構悩む方も多いはず。
今回はアイデアをプラスして差替えできる看板作りを紹介します。
昼と夜で看板を変えたいとき、シーズンで変えたいときって困りますよね。
しかもその場で描くのも手間...という方には差替えできるサインボードはいかが?
好きな時間に看板の内容を作っておける。しかも、平らにして書けるので書き易さも◎

ジグソーを使って型抜きをしてみたり、少し工夫するだけで
見た目もぐっとおしゃれになります。

作り方はこちら!

【1】墨付け、ネジ締め
まず枠組み部分を作っていく。それぞれ木材をカットしたら墨付けをし、下穴をあけてネジを締めていく。今回はサインボードを差し替えできるように、サイズの異なる木材を使ってコの字型に組むことがポイント。サインボードの厚みとぴったりサイズで組まずに、少し余裕を見ておくのを忘れずに。

【2】ネジ穴隠し、塗装
全てのネジを締めたらネジ穴をウッドパテや木ダボで隠し、サンダーややすりで表面を整える。次に黒いミルクペイントで塗装する。

【3】サインボード部分の型抜き
サインボードの型抜きに挑戦。まず型抜きしたい箇所に墨付けをしたら、四隅ギリギリのところにドリルビットを使って穴を空ける。穴の部分にジグソーの刃を入れて、墨付けをしたカットラインに沿って1cmほどカットする。次にまっすぐカットするために、ジグソー自体の幅を測って墨付けする。その線に沿って板より長い当て木を置き、クランプで固定する。あとは固定した木に沿ってジグソーを動かせばまっすぐカットできる。
※ジグソーを使う時はゴーグルとマスクを忘れずに。

【4】サインボードの塗装
型抜きが終わったら「水性ウレタンニス つや消しクリヤー」で全体を塗装する。これで木目を活かしつつ、傷や汚れがつきにくくなる。あとはカーボン紙やステンシルで好きな場所に絵を描き、最後に蝶番とあおり止めをつけたら完成。

使ったアイテムはこちら!

●構造用 針葉樹合板(1820×910×厚12mm)1250円
●杉板 無地上小節(2000×20×30mm)730円
●杉 KD 特等(3000×40×30mm)348円
●MDF(900×300×9mm)728円
●カーボン紙 片面(黒)490円
●真鍮メッキ アオリ止め 208円
●黒ヌリ蝶番 360円
●ジグソー 1万1300円
●水性ウレタンニス(300ml)つや消しクリヤー 1580円
●インパクトビット ショート(13mm)798円
●強力型Fクランプ(100mm)980円
【塗装】
ミルクペイント、アイアンペイント、チョークボードペイント、テントアート
・・・ほか、極細ビス、ビス、ウッドパテ、木工用接着剤、ウエス、クランプなど

【木材サイズ(見本)】
●杉材 30×40×800mm 4本 30×40×440mm 4本 30×20×440mm 2本 30×20×627mm 4本 ※枠組み部分
●MDF 9×50×800mm 4本 ※看板部分
●合板 12×437×658mm 2枚(差し替えたいパネルに応じて)

※最寄店舗に掲載商品がない場合は、取り寄せにて承ります。 ※掲載価格は変更となる場合がありますのでご了承ください。

Let's エンジョイDIY!

ジグソーを使う時はカットしたい場所から少し離してスタートさせ、カットが終わった時も少し戻した場所で電源を止めましょう。
刃が木材に引っかかってガタつき、ケガをする恐れがあるので注意して。

電動工具を使うときは、いつも緊張感を持って扱いましょう。

その他のDIYレシピも「エンチョー×womo特設ページ」で公開中!
ぜひチェックしてみてくださいね!

  • 4532
  • 25
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード