【浮き枠で作るセメント鉢受】

浮き枠にて2段からなるセメント鉢受けを作って見ました。
おまけにモルタル製のヤクルトマンもありますよ^^;

  • 5298
  • 9
  • クリップ

【浮き枠で作るセメント鉢受】

完成品からです^^

少し雑な出来具合ですが段違いで2鉢おける鉢受けです。
そのままでもよかったのですが、青い空と新緑をイメージして色塗りして見ました。

おまけに【ヤクルトマン】も作って見ました。

材 料

材料は以前使用し余った材料を使いました。

型枠の作成

余った材料で長方形を作ります。
3辺は15mmの部材でもう1辺は30mmの部材を使います。
上下2段にしますので長方形の半分の長さの位置に15mmの部材を取り付けます。
底板は長方形よりも大きい部材を使います。
動かない様に底板にビスを軽く打ち込んで型枠を仮に固定します。
モルタルと接する面すべてに硬化後の型枠を取り外し易い様にオイルスプレーを吹きかけます。

モルタルの打設

モルタルを柔らかめに練り上げ【ドロッとしたカレーライスのルーぐらい】まずは下段になる部分を打設します。
そのあと2段目を打設しますが5分程度時間を置いて打設します。【連続して打設するとモルタルの重みで下段の方へ流れてしまう恐れがあります】

2段目を打設した後、水を缶コーヒーの容量分入れて上段・下段の中央部に押し当てくぼみを作ります。


型枠の取り外し

今回は2日間養生した後、型枠を取り外しました。【LIMIAさん内の投稿を参考にジオメトリックなセメント鉢も同時に作って見ました^^】

下段部には、持つ時のすべり止めとして3mmの部材でスリット【切れ目・隙間】を設けて見ました。

軽く、後々の塗装のりが良くなるように水性ニスを塗ってます。

色塗り

ターナーさんのミルクペイントで塗って見ました。

下段は、インディアンターコイズとスノーホワイトを混ぜて色塗り
上段は、ピスタチオグリーンを使いました。

植えた多肉さん達

同時に作成したセメント鉢には、メセンのラピダリアとエケベリアのレズリーを植えて見ました。
セメント鉢は焼きみょうばん水に3日間浸した後使用してます。

焼きみょうばん水は、これからの季節クールスプレーやお風呂に使う為我が家では常備してます^^;


おまけ

ヤクルト400の空いた容器を使いモルタル製のヤクルトマンを作って見ました^^

  • 5298
  • 9
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード