やって良かった!!ダイニングテーブルを初めてメンテナンスしてみました

結婚した時に揃えた家具。
時は流れて約17年…今でも気に入っているので、買い替えは考えていないものの、やはりチラホラ傷みが出始めました(ㆀ˘・з・˘)
特に気になっていたのはダイニングテーブルです。
輪ジミや傷も目立ちますが、何より汚れを落とそうとゴシゴシ拭いたら、まだらになってしまい、明らかに表面が乾燥した状態になってしまいました(涙)

何とかリカバリー出来ないかとリサーチ!
そして、メンテナンスしてみると、嘘みたいに綺麗になっちゃいました♫
同じようなお悩みをお持ちの方は、是非やってみてくださいね(*^^*)

  • 34391
  • 229
  • 4
  • クリップ

ハゲハゲで汚く見えてしまう、残念なダイニングテーブルです( ; ; )

キッチンカウンターの写真を引きで撮ろうとすると、写り込んでるー(゚д゚lll)
かなり残念。。。

でも、メンテナンスしてみたら、こんなにキレイに!!
もう、新品みたい♡(言い過ぎ!?)

塗料について

使ったのは、これ↑↑↑

リボス社のアルドボスというオイルです。

パッケージに書いてある通り、
・自然素材で出来ていて安心(幼児用木材玩具としてドイツ工業規格に適合)
・通気性があり、木目を引き立てる
・天然の撥水・木材防腐効果がある

と、食べ物を扱うダイニングテーブルのメンテナンスにピッタリの塗料なのです!!

ただし、この塗料は扱いに注意が必要です⚠️

塗料が付いた布や刷毛は、そのままにしておくと空気中の酸素と反応し、自然発火する事があるそうです。

使い終わったらすぐに水につけなければいけません。

テーブルの材質について

塗料を探すにあたって、我が家のダイニングテーブルの材質についても調べました。

ブラックチェリーの無垢材を使い、オイル仕上げのテーブルであるということがわかりました。

何故わざわざ材質を調べたかと言うと、アルドボスは広葉樹向けの塗料だったからです。(針葉樹向けにはメルドスという塗料があります)
広葉樹とか針葉樹とか正直よくわからないけれど、ブラックチェリーは広葉樹であるという事がわかり、アルドボスに辿り着きました。

テーブルのメンテナンス方法

まず、テーブルの汚れをキレイに落とします。
セスキ水をかけて拭いたのですが、台拭きがこんなに汚れました(゚д゚lll)

普段のお手入れは、食事の前と後に水拭きしていましたが、いつの間にか、汚れが付いていたようです。
以前、汚れが気になってセスキ水で拭いたのですが、確かに黒ずみはキレイになりましたが、艶が無くなり、まだらになってしまいました。

無垢材のテーブルには、決してやってはいけない事をしてしまった…と、後になってから気づきました。
こうしてゴシゴシ拭く事で、表面のオイルが完全に剥がれてしまい、木が乾燥していたのだと思います。

オイルが剥がれた状態で使っていたので、傷や輪ジミがたくさんありました。
オイルを塗る前にヤスリで表面を整える事にしました。

電動サンダーがあれば簡単に終わる作業ですが、持っていないので手作業です(笑)
ヤスリは、まず#240 (中目)で研磨したあと #400(細目)で整えました。

ヤスリをかけたら、表面がつるっとして、これだけでもかなり綺麗になりました(*^^*)

アルドボスをよく混ぜてから、古タオルに染み込ませて、テーブルにまんべんなく塗り込みます。
10分程置いて、残っているオイルを乾いた布で拭き取ります。

匂いもそんなにキツくなくて良い!
(塗装中は換気しましょう)

使った布は、すぐに水に浸しましょう。
水を含んだ状態で、ビニール袋で包んで廃棄します。

12時間以上は物を乗せず、乾燥させます。

想像していたよりも、綺麗に仕上がりました!
う、嬉しい😂
もっと早く調べれば良かった。。。

ヤスリ掛けを頑張った分、滑らかな表面にスリスリしたい気分です(笑)
今までより何倍もテーブルへの愛着が深まりました♡

比べてみると、この違い!!!

これからは、艶が無くなったら自分でメンテナンスする事ができます(*^^*)v

日常のこと、最新のDIY作品はこちら↑↑↑に投稿していますので、覗いてくださいね♡

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました😊

  • 34391
  • 229
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード