アルミチューブ風☆ズレない!透けない!歯磨き粉カバー

そのまま置いておくと生活感が出てしまう歯磨き粉チューブ。簡単に、ズレない、透けない、アルミチューブ風の歯磨き粉カバーを作りました!使いまわせます♡

  • 83758
  • 1078
  • 11
  • クリップ

歯磨き粉チューブのデザインって、主張が強いですよね!そのままで置いておくと、なんだか生活感が気になるような…。インテリアにもイマイチ馴染まない😣

ビニールテープを巻き巻きしてみたりもしたけど、うっすら透けてしまうんですよね😣 それから、巻き巻きしたテープの段々も気になるし、毎回新品をおろすたびにこの作業も面倒だな〜なんて思ってました。

そこで苦肉の作で空き箱に入れたりもしていたんですが、これまた箱にちゃんと収納しない家族がいたりして😅 衛生的にも気になり始めたので、歯磨き粉チューブのカバーを作ることにしました‼️

歯磨き粉チューブカバーって、たくさんの方がオシャレなのを作ってらっしゃいますよね‼️作り方も様々ありますが、 私は何度も作るのが面倒なので、使いまわせるタイプの物を作りました。

用意したのは、クリアファイル、アルミホイル、100均のラッピング袋、セロテープです。

透けないタイプのラッピング袋を使用する場合は、アルミホイルが必要ないのですが、たまたま私が選んでしまったのは透けるタイプだったので、アルミホイルを使って、『アルミチューブ風』にしてみることにしました。

まずアルミホイルを適当な長さで切って、その上にラッピング袋を重ねます。ラッピング袋がちょっと小さめだったので、今回はセロテープで2枚合わせました。

アルミホイルとラッピング袋の大きさは、おおまかでいいので合わせておきます。

それをクリアファイルに挟みこみます。クリアファイルの下側、2枚のシートが接着されてる側に合わせてください。

クリアファイルを歯磨き粉チューブに一度巻きつけて、大きさを確認します。この際、クリアファイルの接着されている側を下側にしてください。ラベルなどを中に入れる際には、どの辺りに挟みこむかも確認しておきます。

私はビニールテープを巻きつけたチューブを使っていますが、テープ無しでもアルミホイルを挟んでいるので透けません。手間がかからないので、ぜひテープ無しで(笑)

歯磨き粉チューブに合わせて、クリアファイルをカットします。右端か左端にセロテープをつけておきます。今回はわかりやすいようにマスキングテープを使いました。

チューブに巻きつけていきます。歯磨き粉チューブに巻きつける際、最初にセロテープでカバーをチューブ本体に貼り付けてしまいます。被せるだけでは、中身が少なくなってきたら、ズレたり使いづらくなるのでは、という不安からですが、クリアファイルの素材がカッチリしているので、心配ないなという方は省いてもいいと思います。

残りをクルッと巻きつけて、最後をセロテープでとめます。

このままでも大丈夫ですが、上側までしっかりガードしたい場合や、吊り下げ収納したい場合は、洗濯バサミをつけるのもいいですよね。

カバーのおかげで、洗面所に出しっ放しにしても、あまり気にならなくなりました。材料も100均で揃うものばかりで作ることができ、簡単な手順で作れたのが良かったです😆 同じような形のチューブならば、何度も使えるのも嬉しいです。

100均には可愛いラッピング袋もたくさんありますし、オシャレな折り紙もいっぱいあるので、好きなデザインで作れますよね‼️ アルミホイルなら、どのご家庭にもあるでしょうから、可愛いシールを貼り付けるだけでも素敵なカバーが作れそうです‼️ もし良かったら試してみてください。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました♬

  • 83758
  • 1078
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー