掃除洗剤の使い分け♡

最近は便利な掃除アイテムがたくさんあるので、それを買い揃えただけで家が綺麗になったような気になってしまうことはありませんか?

我が家もナチュラルクリーニングなどに憧れていろいろな洗剤を揃えたけど、結局は無理してやっていることは続かないのでやめました。

いろいろ試してみて厳選した結果、我が家が愛用している掃除洗剤について紹介させていただきます。

  • 202236
  • 8185
  • 9
  • クリップ

まずは知識を身につけよう♡

みなさんはどのような汚れにはどんな洗剤が効くのか知っていますか??

どんなに優れた洗剤でも、間違った使い方をしていては、せっかくの効果は発揮されません。

そこで、洗剤の液性と相性のいい汚れについてまとめてみました。

酸性の洗剤♡

酸性洗剤には、サンポール・クエン酸などがあります。

酸性の洗剤は、
・水アカ
・尿石
・サビ  に効果があります。

◎クエン酸で食洗機洗浄

いつもの洗剤の代わりに大さじ2杯のクエン酸を入れて、食器を入れずに食洗機をスタート。

製氷機やスポンジラックなど掃除したいものを一緒に入れると便利です。

料理用のクエン酸なら、ガラスコップなども入れて回すと、水垢が取れてピカピカになりますよ。

中性の洗剤♡

中性の洗剤には、ウタマロクリーナー・食器用洗剤などがあります。


中性の洗剤は、日常でついた幅広い汚れに効果があります。

中性洗剤のメリットは、化学反応を起こして変色したり、有毒ガスを発生させたりすることがないので、どんな場所にも気軽に使えます。



アルカリ性の洗剤♡

アルカリ性の洗剤には、
セスキ・重曹・アビリティークリーン・オキシクリーン(酸素系洗剤はアルカリ性)などがあります。

アルカリ性の洗剤は
・キッチンの油汚れ
・お風呂の皮脂汚れ
・衣類の皮脂汚れ  に効果があります。

◎オキシクリーンの活用法


我が家では、風呂釜と洗濯槽の掃除にもオキシを使ってます。

他にもオキシ漬けをやって効果があったものは、換気扇のフィルター汚れ、洗濯を干すピンチハンガー、子どもの上履き、衣服のシミ、浴室の洗面器などです。

洗濯を干す40連ピンチハンガーなどは、複雑な作りなので掃除しにくいけど、浴槽でオキシ漬けしている時にそのまま突っ込んでしまえば、新品のように細部までピカピカになります。


便利なオキシクリーンですが、アルミのものはハゲてしまうので気をつけてください。

フライパンのテフロン加工などもとれます。

我が家はステンレスシンクも微妙に変色したので、キッチンではオキシ使いません。

おわりに♡


いかがでしたでしょうか?

洗剤の特徴などについての知識を持つと、こんな汚れにはこの洗剤を使えばいいということが分かるようになり、頑固な汚れでも時間も手間もかけずにスルッと落とすことができます。

そうすれば、何種類も掃除洗剤を持たなくても、最低限の洗剤でお家を綺麗にすることができるようになりますよ。


↑他にもいろんなアイデア載せてます♡

  • 202236
  • 8185
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード