たった200円でコスト減&コスパ最上級なメイクブラシを掃除するクリーナーを簡単DIY!

こんにちは。
今回も観覧ありがとうございます!

今回は、メイクブラシについて!

皆さん、メイクする際にメイクブラシを使用し巻きメイクブラシに残ったアイシャドウはティッシュで拭き取りますよね?

そのティッシュをエコにし、リメイク材料になるものはコスパ最上級の200円!

そして繰り返し使える、三拍子が揃ったメイクブラシクリーナーを作りました。

その模様を記事にまとめましたので、ご紹介します!

  • 17088
  • 59
  • 0
  • クリップ

材料はたった2個!

材料
・蓋つきの缶(セリア)
(蓋つき・スポンジの幅内の大きさの缶であれば他の柄でも構いません。)
・3層バススポンジ(キャンドゥ)

道具
・カッター

材料はたった2つの本体価格200円だけ!
これだけの材料でクリーナーが出来るんです、是非最後までお見逃しなく♬

作り方は切って入れるだけ!

まず、この3層バススポンジを半分にカットしましょう!

先程写真で出てきた缶だとぴったり動かなく本体用と詰め替え用の2個作る事が出来ます。

【他の缶の場合のポイント】
他の大きさの場合は、押し込んで動かない程度の少し大きめのサイズにカットしましょう!

そして、カットしたら缶に押し込みます。

これで工程は終わりなんです!

たった、これだけの工程です。

「え、これでクリーナーってどういう事?」「どう使うの?」と思うかと思います。

さぁ、ここが見せ所!

どれだけブラシについたアイシャドウなどが落ちるかやってみましょう。

メイクブラシのお掃除方法

準備するのは…

・メイクブラシ
・アイシャドウなどパウダー系化粧品
・作ったメイクブラシクリーナー

これで実験してみましょう!

❶まず、筆に適量のアイシャドウをつけます。

実際には、目にアイシャドウを乗せてから残ったアイシャドウで大丈夫です!

(わかりやすいように、濃いめのアイシャドウを使用しています。)

❷先程作ったメイクブラシクリーナーにやさしく筆先を傷めないに擦り付けます。

円を書いたり、左右上下に線を描くようにメイクブラシを動かしましょう。

擦り付けているうちに、だんだんスポンジの方にアイシャドウが移り綺麗になっていきます。

試しに、お掃除後ティッシュに擦り付けると…

ほんの少しだけ残るぐらいで、そのまま放置してるより断然綺麗に落ちています。

メイクブラシの質感などで多少取れる程度は変わると思いますが、個人的にはここまで落ちるとは思っていなかったのでびっくりしています。

Instagramに動画掲載しました

このメイクブラシクリーナーのお掃除方法はInstagramの私MAACOのアカウントに載せています。

是非詳しく知りたい方は、見てみてくださいませ♬

最後に…

*注意事項

・筆に残っているアイシャドウがすべて取り除ける訳ではありません、メーカーやアイシャドウの形状によって多少残ってしまう場合があります。

・メイクブラシを擦り付ける際は、筆先を傷めないようにやさしく擦り付けて下さい。強く擦り付けるとメイクブラシが痛む場合があります。

・バススポンジが汚れたら、パフ用洗浄液や牛乳石鹸などで汚れを取り除き、清潔に保ちましょう。スポンジがへたってきたら、新しいスポンジに取り替えてください。

以上の注意事項を守ってご使用ください。

最後までお読み頂き、ありがとうございました♬

いかがでしたか?
今後のDIYライフの参考にしてくれると幸いです。

最後まで、ご観覧ありがとうございました。

Instagram▶︎@maaco.uw
Roomclip ID▶︎MAACO
Blog▶︎THE UNIVERSTWORKS

by UNIVERSTWORKS/MAACO

  • 17088
  • 59
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード