簡単エイジング塗装法と、オリジナルのロゴや文字を簡単転写

アンティーク風の簡単エイジング塗装法と、オリジナルの文字やロゴで、ステンシルやスタンプをしたような簡単な転写法の紹介です。

  • 3654
  • 128
  • 0
  • クリップ

今回ペイントと転写していくのは、こちらの木の端材です。

まずは、ペンキが剥がれたような表現を出すために、板の角や縁周りや表面に、木工用ボンドを少し水で薄めたものを、ランダムに筆を使ってちょんちょんと付けていきます。
なぜ水で薄めた木工用ボンドを付けるかは、このあと解説していきますね。

そして木工用ボンドが完全に乾いたら、白のアクリル絵の具で板全体を塗りつぶします。

完全に乾いたら、ガムテープを爪でしっかりこすって密着させ、剥がしていきます。

木工用ボンドを付けた部分は塗料が乗らないので、乾いていてもガムテープに引っ付いて剥がれてきます。
水で薄めたのは、木工用ボンドそのままだと厚みが出てしまうからです。

そして、オリジナルのステンシルや
スタンプをやってみたいけど、
自作が苦手だという方には必見です‼︎
携帯の、写真文字入れアプリなどで、
ステンシルのフォントを使って画像を作り
その画像を、これもまた画像反転アプリを使って反転させ、コンビニなどの
トナーのコピー機で印刷
このとき、パソコン用のインクジェットのプリンターでは、うまく転写出来ないので、
必ずコンビニとかのトナーのコピー機で印刷して下さい。

転写する用紙が用意が出来たら、文字の部分を
下にして板の上に置き、上からネイルなどの
除光液を垂らします。
そして完全に乾いて紙が板にくっ付いていたら、
上からスプレーで水をかけて、ゆっくり
めくるとインクだけが板に残り転写されます。
薄く紙が残る場合は、指の腹などで
そっと水をかけながら撫でると綺麗に
取れると思います。
あまりガシガシやると文字まで削れて
しまうので、優しくして下さいね。

あとは乾燥させてクリアーを塗ったら完成です。
ちなみに、しっかり紙を取ったつもりで乾燥させても、表面がまだ少し白くなると思いますが、
クリアーを塗ると消えるので大丈夫です。

今回は、結婚式のテーブルナンバーを製作させて頂き、DIYのやり方でやってみたので、
その作り方を紹介させて頂きました。

  • 3654
  • 128
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード