え!それ元100均?て言われるリメイク時計!文字盤はカーボン紙で簡単に転写!

元100均には見えない(はず)のリメイク時計を作ってみました(´ω`*)
ステンシルが面倒な方でも、細かい文字盤はカーボン紙で転写するので、
とっても簡単にオシャレな掛け時計が作れます(*‘∀‘)

  • 28444
  • 89
  • 2
  • いいね
  • クリップ

元はダイソーの時計でした。
そのムーブメントを使って、
元100均には見えない?!掛け時計を作りました(*‘ω‘ *)
文字盤は、カーボン紙を使って転写しています♪
簡単なので、おススメです(*^^)v

作り方!

これは、ダイソーの時計に色を塗って、すでにリメイクしたものですが
あまりにもダサいので、解体してムーブメントのとこだけを使うことにしました(/ω\)

2.5ミリの薄いベニヤと小さな木片を用意します(*'ω'*)
板が厚過ぎると、ムーブメントの軸のところが、文字盤の表側に出てこなくなってしまうので、薄い木材のほうがいいです(*‘ω‘ *)

ベニヤ板には、白の水性ペンキを塗りました。

細かい文字盤もカーボン紙を使えば楽ちん!

ここで登場するのが、ダイソーのカーボン紙です(*‘∀‘)
これを使って、文字盤を転写していきます!

フリー素材で印刷した文字盤を、写真のように、下半分にマステを貼って固定します(*'ω'*)
そして、上半分の文字盤を、鉛筆でなぞっていきます。

すると、こんな風に、上半分が転写されました。

あとは、下半分も同様にして、カーボン紙を挟んで なぞっていくと、全体が転写されます(*‘∀‘)
ステンシルの切り抜き作業イヤイヤ病にかかっている私にとっては、細かい文字まで簡単に転写できるので、この方法は楽ちんで画期的でした(´ω`*)

周囲には、今流行りの、錆マステを使います(*'ω'*)
錆マステを、時計の周囲にぐるりと貼っていきます。
マステがクシャっとなってカーブのところがシワだらけになるのがイヤやったので、
写真みたいに、カーブのところに丸くカットした小さいマステを貼って、その小さいマステが剥がれてこないように、
直線のマステを上から被せる感じで1周ぐるりと貼って、

マステを裏面に折り曲げると、

裏面は、こんな風になりました(*‘ω‘ *)
角のところが剥がれてこないように、マステを角に4か所貼って押さえてあります。

ムーブメントにセメダインをつけて、穴のところに軸が入るようにしてカポっとはめます。

画鋲を引っ掛けるところを作るために、小さい木片に大き目の穴をあけて、それをボンドでつけました(*'ω'*)

はい、完成です(*'▽')

元100均と言わなければ、おそらく気付かれない(はず)と思います(^^;)
とくに、カーボン紙で転写することで、簡単な上に、ちょっとアンティークな感じも出るので、ステンシルを切り抜くのが面倒な方には、とってもおススメの方法です(*‘∀‘)
是非、オリジナルな時計を作ってみて下さいね(*‘∀‘)

  • 28444
  • 89
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

DIYクリエイター

富山在住のDIYクリエイターmaca(マカ)です。DIY・セルフリノベ・リメイク・プチプラ雑貨・小物作りなどを できるだけ分かりやすく書くようにしています。ブロ…

おすすめのアイデア

話題のキーワード