なんでもステッカーになっちゃう!セリアの『ウォールステッカーのり』を使って壁面アレンジ☆

紙や布なら何でもステッカーになるというセリアのウォールステッカーのりを使ってオリジナルステッカーを作ってみました。
小さいサイズのものはもちろん、ちょっと大きなサイズまで好きな大きさで作れます!
100均のステッカーはちょっと飽きてしまった…、ラベルをそのままステッカーにしてみたい、などという時に手軽に作れます(^^)
ステッカーなのでもちろん現状回復も可能です!

  • 8874
  • 85
  • 0
  • いいね
  • クリップ

オリジナルステッカー作り

セリアの工作コーナーで見つけたウォールステッカーのり。
説明には、紙や布がステッカーになると書いてあったので、画用紙を使って作ってみます。

画用紙を大小様々、色々な形にカットしました。

色を塗る

白い画用紙には絵の具で色を塗り、黒い画用紙はフチだけを塗りました。

絵の具は筆でざっくりと塗ってから水を筆に含ませてなじませると写真のようにグラデーションっぽくなります。

絵の具が乾いたら、手書きの文字を書いたりセリアの転写シールを貼ります。

ステッカーのりを使う

ウォールステッカーのりを開けてみると、でんぷんのりのような固さです。

説明にあるように、筆を使って薄く塗っていきます。

塗り終わり。
この時点ではかなりベッタベタです。
さらに、のりを塗ったら紙が反ってしまい、本当にこれでちゃんとステッカーとしてくっつくのか心配になりましたが、丸1日放置します。


そして翌日、ベタベタだったのりは時間が経ってふせんのようなペタペタとした感触になり、反ってしまった紙は少し戻っていました。

貼ってみます!

いつもステッカーを貼るように、壁との間に空気が入らないように壁に貼ってみます。
なかなかしっかりとした粘着力です。
位置が気に入らなくて何度か張り直しましたがしっかりくっつきました。

ペイントした壁紙にも全く問題なく使えています。

紙をプッシュピンで貼ったりするのとは違い、紙がしっかりとくっつき浮いたりしないのでステッカーそのもの!
先日のアイデアで紹介したデニムヤーンのタペストリーとの相性もバッチリです。

こちらの形のステッカーは、ライトのカバーをイメージして作ったものなので、壁に貼り、麻ひもを合わせてみました。

ステッカー+素材で壁面アレンジの幅が広がりそうです。

オリジナルステッカーを貼ってから数週間経ちますが、剥がれてきたりといった事がなくしっかりステッカーとして機能してくれています。
もちろん現状回復可能なので便利です!

市販のステッカーにはないオリジナルステッカーを作って、どこにもない壁面アレンジをお試しください♪

閲覧いただきありがとうございました☆

  • 8874
  • 85
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

DIYクリエイター

大人カフェ風インテリアを目指して築11年目のマイホームをセルフリノベーションで楽しく居心地のいい空間にしています。ホームセンターや100均グッズなどのお手軽素材…

おすすめのアイデア

話題のキーワード