【浅倉利衣のウェルネス・ライフスタイル #3】常備菜で時短&多様性を叶える、我が家の朝ごはん

1日を気持ちよく始めるために、とりたいのが朝食です。慌ただしい朝でもちょっとした手間をかけるだけで栄養たっぷりの充実した朝食をとるにはどうすれば? 今回も、スマートフードインストラクターとして活躍する浅倉利衣さんが、ご自宅で、朝ごはんづくりのアイデアを教えてくださいました!

  • 13533
  • 47
  • 0
  • いいね
  • クリップ

1日に必要な食物繊維を摂るために、朝食の習慣を

朝食の大切さはメディアなどでもよく取り上げられますよね。朝ごはんを食べなくても調子がよいという人もいるでしょうし、それぞれの体質やライフスタイルに合うのであればそれでいいのだと思います。でも、1日に必要な食物繊維を摂ろうとすると昼夜の1~2食ではなかなか難しいので、我が家では、朝も含めてバランスよく食べるようにしています。また、交感神経を目覚めさせ、自律神経のバランスを整えるためにも、定期的な時間に朝ごはんを食べるのがおすすめ。

ただ、私も毎朝ゆっくりと朝食を食べれているかというと、そういうわけではありません。子どもたちを学校に送ったり仕事の準備をしたりとバタバタする平日は簡単なもので済ませることもありますが、ちょっと時間に余裕のある日や休日は、お気に入りの器に盛りつけて朝食の時間をゆっくりと楽しみます。そうすることで、1日がハッピーに過ごせるから。

今日はブロッコリーのカシューナッツ和え、しらすと万能ねぎ入りだし巻き玉子、れんこんのきんぴら、納豆、具だくさんの味噌汁、雑穀入りごはん。塩麹や醤油麹、甘麹、そして昆布とかつおの二重だしを入れて味をつけ、まろやかで深みのある味わいを心がけています。天然の甘みや旨みを多くすることで、味つけを極力おさえることができるんです。

忙しい朝でも続けられるのは、常備菜のおかげ

朝食で大切にしていることは“多様性”と“時短”です。多様性とは、食材のバラエティ。スマートフードでは、さまざまな食材をバランスよく摂ることで腸内フローラのバランスが整い、自己自然治癒力を高めることにもつながると考えています。そして、旬の食材は栄養価も高いので、意識して摂りたいもの。

とはいえ、1分でも長く寝ていたい朝に一から料理をするのも難しいですよね。そこで、私は常備菜を活用しています。週に1度、10~12品の常備菜を作ります。1.5~2時間ほどかかるのですが、この時間がその後の数日を救ってくれますし、朝食、お弁当、夕食の副菜にもなって便利!

私は、腸内フローラと血糖値コントロールを意識して、発酵食品や食物繊維が豊富な常備菜を作ることが多いですね。発酵食品は旨みや風味、栄養価を高めてくれるほか、有用機能を付加してくれて保存性も高まるので、作り置きには最適。たとえば魚や肉を塩麹や醤油麹につけるだけでも、立派な発酵食品です。臭みもなくなり、ふっくらやわらかくできあがって、夫や子供たちにも好評です。

食材だけでなく、調味料にもこだわって

私が徹底してこだわっているのが調味料です。毎日使うものだからお手頃なものを求めてしまいがちですが、毎日使うものだからこそ、いいものを摂りたくて。この菜種油も少し値段は高いのですが、「いつか体に不調が出るかもしれないことを考えると、どっちがお得?」と考えて使っています。

醤油やみりんなども、原料はどうか、どんな製法で作られているか、買ったあと酸化しにくいか、遮光瓶が使われているかなどをちゃんとチェックして、「これはいいな」と納得できるものを買うようしています。そのことが家族や自分の健康を気にかけているという自信にもつながるように思うんです。

ちなみに、味噌は自分で作った“手前味噌“です(笑)。

「まずは栄養を摂らなければ!」と頭でっかちにならず、1日を快適にスタートするための朝食習慣を始めてみてはいかがでしょうか。気持ちが上がり、充実した1日が過ごせると感じられたら、続けてみてください。そのときに意識してほしいのが“多様性”と“時短”。心地いい1日の連続が、豊かなライフスタイルへとつながると私は信じています!

【浅倉利衣(あさくらりえ)】
ライフスタイルプロデューサー、Smart Food ディレクター/認定インストラクター
1977年、東京生まれ。大学卒業後、エルメスジャポン株式会社に入社し、10年間販売とバイイングを経験。その後、ミス・ユニバース・ジャパン元ナショナルディレクター、イネス・リグロンのパーソナルアシスタントを務め、グローバルにファッションと美容の世界に携わる。2017年に一般社団法人Smart Food協会認定インストラクター資格を取得。2017年秋からはSmart Foodブランドディレクターに就任。国内外の最新のウェルネス・食情報も含めた専門的な知識を活かし、賢く食べて健康的にキレイになるメソッドやコツを発信している。

●写真 中村香奈子

  • 13533
  • 47
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

フード・ライフスタイル

●ライフスタイルプロデューサー、Smart Food ディレクター、MYTHΘSMYTHOSフランス式アロマテラピーインストラクター1977年、東京生まれ。大学…

おすすめのアイデア

話題のキーワード