工作好きな子どもが喜んでできるお手伝い5選でママも自分時間ゲット!

毎日ではなけれど、時々ストックしておきたいモノ・まとめて処理する家事などで、我が家の工作好きな子どもが、特に遊び感覚で楽しみながらやってくれる家事を5つピックアップしてみました。

  • 8085
  • 23
  • 0
  • クリップ

牛乳パックを切る

資源回収(リサイクル)などに出す際、牛乳パックは切り開きますよね。

それを子どもにやってもらうととっても楽チンです。

工作好きな低学年までのお子さんなら、特に喜んでやってくれます。

我が家は、魚や肉をカットする際に、切り開いた牛乳パックをまな板に敷いています。

匂いや汚れの付着防止と洗い物を楽にするためです。

カッターを使うのが楽しいようです。

最初は切り口がガタガタでしたが、年々上手になります。

5~10個まとまるとお願いすることが多いです。

お願いすることで自分時間5〜10分ゲット!

ゴミ袋に記名する

住んでいるエリアは、出すゴミ袋に 区名・何班か・名前を書かなくてはなりません。

これをゴミの日の度に記名しているのでは大変なので、20枚入りのゴミ袋(市販品)を開けるタイミングで子どもに記名してもらいます。

まだ習っていない漢字とか、自分の苗字とかを書くのって、子ども達好きですよね?

我が家は姉妹で取り合いになったりします。

お願いすることで自分時間10分ゲット!

カレンダーにごみ収集シールを貼る

スケジュールなどを書き込んでいる愛用しているカレンダーはお持ちですか?

そこにごみ収集日がいつなのか”パッとみて”わかるようにしておくことで

ゴミ出し忘れ防止にもなるし、自分以外の家族が気づいて出してくれることもあるかもしれません。

我が家は住んでいる自治体から、ゴミ収集カレンダーとシールが配られます。

ごみ収集カレンダーでは日にちの羅列で、見落としてしまったり予定から抜けがち。

なので、最近は、せっかく来るシールを活用して、子どもに貼ってもらっています。

”シールを貼る”こと自体が子どもが好きな行為ですよね。

喜んでやってくれています。

シールなどがない自治体は、色やマークを決めて書いてもらう、でもいいかもしれませんね。

お願いすることで自分時間5分ゲット!

ウエスを作る

ウエスとは・・・

”ウエスは、Waste(英語ウェイスト:無駄・くず・ぼろ・廃棄物)から、訛ってウエスと呼ばれるようになった。 一般に「ウエス」は機械器具類の清掃に用いられる布切れを指す。 もともと古着や古布を再利用(再使用)して雑巾がわりにするものである。” ウィキペディアより

食後の食器の油分落とし、シンク汚れ対応などのために、

我が家では不要になったシミがついたタオル類や着古したTシャツからウエスを作って

ちょこちょこ掃除をします。

そのウエスを切るのがめんどくさい!

が、工作好きな娘はハサミを使うのが好きなので、喜んで切ってくれます。

お願いすることで10~15分の自分時間ゲット!

買い物の荷物を収納する

子どもって、冷蔵庫の中覗くの好きですよね(笑)

買い物の荷物をしまうのは姉妹での競争や、何分でできるかのゲーム感覚を取り入れると、

こぞってやってくれます。

お願いすることで自分時間2分ゲット!

以上、家事とは言えないほど些細なことや、頻度が少ないものも含めて、

家事を細分化して考えてみると、お子さんが楽しみながらできる家事・任せられる家事もあることが発見できます。

ぜひご自宅でどんなことがお願いできるか、お子さんと一緒に考えて見て、自分時間をゲットしちゃってください!

  • 8085
  • 23
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー