【季節の飾りの収納スペース】持ちすぎない暮らし方

クリスマス、お正月、節分、ひなまつり・・・
イベントごとにお部屋を飾ると季節を感じられていいですよね。

飾りつけが重労働で負担が大きいと感じたら、
物の量や収納方法を見直してみませんか?

  • 20974
  • 26
  • 0
  • いいね
  • クリップ

少なく暮らす

クリスマスの飾りって、
どれもこれもステキで可愛くて、
買ったりもらったりして、
毎年増えていませんか?

我が家も増えていたのですが、
たくさんあることに価値を見出せなくなったため、
年々減らしてきました。

当たり前のように毎年飾っているけれども、
これ本当に好き?
インテリアに合っている?
飾っていてあまりいい気分がしない・・・。

今年はとうとう
ひとつだけになりました。

持ち物を見直して、残したのは
サンタとトナカイのキャンドル型の飾りです。

すぐ出せてすぐ片付けられる

片付けサポートの現場へ行くと、
『季節の飾り物』を複数のダンボールに入れて、
押入れや天袋や倉庫にごっそり保管している方がいらっしゃいます。

飾ったり仕舞ったりするのも、イベントの楽しみのひとつではあるのですが、
生活用品を優先して収納し、
季節の飾り物は年に一度しか出さないから、どうしても不便な場所に収納することに。

そうすると、出したり仕舞ったりが重労働で、苦痛になります。

飾りつけを負担に感じるようになったら、
季節のイベントをシンプルにするという手があります。

我が家では、出し入れを簡単にするため、
リビングにあるオットマン(フットスツール)に入れています。

出し入れしやすいからこうなる

出し入れしやすいということは、
すき間があるとついついその辺の物を入れてしまう現象が起こります!

これを『いつの間にか収納』といいます。

「季節の飾り物だけを入れる!」と決めたはずのオットマン。
開けてみると、やはりそれ以外の物も入っていました。

ダイレクトメールやチラシ、ショップバッグ、
謎の空き箱、掃除用の筆・・・
誰が入れたんだろう。

片付けのプロといえども、たぶん私です。
に、人間だもの。

掃除機でごみを吸い取ります。
マキタの掃除機はライトが点灯するため、
こういう暗いところもすみずみまで見えて
ごみを取り逃がしません。

片付けの基本
①全部出す
②仕分ける
③必要なものだけを残す

収納スペースごとに、
ときどきこうして片付けると、
とても気分良く暮らせますね。

ハロウィンの飾りが2つ、お正月飾りが2つだけとなりました。

クリスマスが終わったら、お正月飾りと入れ替えます。

それぞれの暮らし

イベントごとに、豪勢に飾り付けるのもステキです。

イベントに振り回されず、いつも通りに過ごすのもステキです。

我が家は、ちょこっとだけイベント気分を盛り上げるのがぴったりです。

年末年始もそれぞれが自分らしく穏やかに過ごせますように。
本日もお読みいただきまして、ありがとうございました。

おうちの美化委員では、日祝休みでお片付けやお掃除のお題を毎朝発信しております。

年末年始のお休みは12月28日~1月4日です。
どうぞよろしくお願いいたします(^▽^)/

  • 20974
  • 26
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

片付けと掃除の会『おうちの美化委員』エフエムしろいし『スポーツ応援団A&I北海道』にて【キミーの掃除のススメ!】コーナー担当。日本実務能力開発協会認定 …

美化委員 山崎希巳枝さんの他のアイデア

生活の知恵のデイリーランキング

おすすめのアイデア