無印で作る、真っ白な洗面所収納*乱れない・使いやすい空間にするコツ!

排水パイプなどがあり、使いこなすのがなかなか難しい洗面台下の収納。
無印のPPケースやPPストッカー、PPスタンドファイルボックスを使った、乱れにくい収納の作り方をご紹介します。

  • 188004
  • 2433
  • 5
  • いいね
  • クリップ

家族全員のみならず、お客様も使われたりするので、いつも「スッキリ」をキープしたい洗面所。
たくさんの細々したものが集まるにもかかわらず、収納が意外と少なかったりして、「スッキリ」をキープするのはなかなか難しいですよね。。。

ゴチャつきやすい洗面台収納、使いやすくするには?

観音開きになっている洗面台下収納。
扉を開けると、がらんとした空間が広がっています。

何を入れるかはそれぞれのご家庭次第ですが、大きなボトル類から小さな歯ブラシまで、そのまま物を入れていくだけだと、使いづらい空間になってしまうことが多いのではないのでしょうか?

こういったがらんとした空間は、仕切ることでとても使いやすくなります。
とはいえ、配水管などがあり、うまく仕切るのがなかなか難しい洗面台下。

今回は我が家の仕切り方を、一例としてご紹介させてください☆

障害物がない部分は、引出しで奥行きを生かす!

排水パイプなどの障害物がなく、奥行きが十分取れそうな箇所は、引出し収納が便利。
わが家の洗面台は真ん中に排水パイプが通っているので、両端に引出しを設置しました。
ある程度奥行きがある引出しなら、スペースを奥まで無駄なく使うことができます♪

無印には、PPストッカーやPPケース(上の写真ではハーフサイズを使用)など、幅や高さの違う商品がいろいろあるので、収納したいものに合わせて、いろいろと組み合わせやすいです✨
無印どうしなら、違うシリーズを組み合わせても、統一感が出るところが良いですね♡

ちなみに私は透けない真っ白収納が好きなので、引出しの前部分に白いプラスチックダンボール(通称プラダン)を差し込んで目隠しをしています。

↓上の写真で使用している、無印の引出しはこちら⭐

排水パイプのあるところには、ファイルスタンドがおすすめ!

排水パイプなど障害物があり、奥行きが十分取りづらいところは、ファイルスタンドを置いています。
ファイルスタンドは斜めにカットされているので、排水パイプと干渉しづらいのがメリット。

無印の「PPスタンドファイルボックス」はしっかりしているので、シャンプーのつめかえなどの重たいものを入れてもたわんだりしないのが強みです✨
無印のポリプロピレン商品は、どれもしっかりしているし、汚れてしまってもジャブジャブ洗えるので、水回りの収納にもピッタリ♪

もし高さに余裕があれば、ファイルスタンドの下に奥行きの短めな引出しを設置してみると、容量がアップして◎。

↓わが家で、ファイルスタンドの下に設置している小引出しはこちら☆

まとめ

わが家ではこの方法にしてから、ここの収納は一切乱れることが無くなりました✨
しかも大好きな真っ白収納なので、開けるたびに嬉しくなります。

たくさんの収納を設けることがなかなか難しい洗面所。
貴重な収納場所であるにもかかわらず、いまいち使いづらかったりする洗面台下ですが、収めたいものに合わせて上手に仕切れば、とても使いやすい空間になります✨

ただし、蝶番などが邪魔になって引出しが引き出せない・・・なんてことも起こりうる(経験済み)ので、事前の採寸はしっかり行ってくださいね☆

  • 188004
  • 2433
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

夫、幼稚園児の娘、猫の3人+1匹暮らしをしているワーキングマザーです。家族みんながすっきり暮らせるようなおうちを目指して日々奮闘中。結婚当初は「収納」の「し」の…

おすすめのアイデア

話題のキーワード