購入時の箱は処分でOK!100円グッズで1歳でも子どもが自分で片づけられる”おもちゃ収納”へ

おもちゃを購入したときに入っている箱はどうしていますか?そのまま収納箱として使っている人が多いと思います。
でも、意外と元に戻しにくいのが難点だったりします。
そんな時に使える100円グッズ。グッズを使って子どもでも出し入れしやすい収納つくりをご紹介します!

  • 55966
  • 187
  • 0
  • いいね
  • クリップ

売ってる箱は使いづらいので捨ててしまってOK!

おもちゃを購入したときにおもちゃが入っている箱やケース。そのまま収納箱として使っている人も多いですが、きちんと並べないとフタが閉まらなかったり、子どもには開け閉めしにくいフタが付いていたりと元に戻しにくいものも多いです。
でも、なんとなく買ったときからその箱だし…ということでそのまま使っている人が多いです。
そんなとき、思い切って箱は捨ててしまって、100円グッズをケースにすると使いやすいものがたくさんありますのでご紹介します!

パズルは”メッシュのポーチ”で1歳でも自分でできる!

パズルの元々のケースもきちんと並べたパズルしか元に戻せないフィルムタイプがあります。が、子どもが毎回パズルを完成させるとは限りません。

そんなときは、写真のようにメッシュポーチを使います。
小さなパズルならそのまま板ごとポーチに、大きなパズルはピースをポーチに入れて、ポーチと板を紐で繋げておきます。
そうすると、どのピースとどの板がセットかも一目瞭然。

ポーチにピースを入れるなら1歳の子どもでも片づけれますし、ジップを開け閉めできるようになる2歳ごろからは一人で片づけられるようになります。

ポーチなら外出先にもっていくときも便利です!

ラケットは丸ごと”枕カバー”へ

バトミントンなどのラケットも元々のケースが使いにくいおもちゃの一つ。

バトミントンセットは、ラケットや羽をセットで”チャック付きの枕カバー”で収納。

角に穴を開けて紐を通しておくと、S字フックなどに掛ける収納ができすっきり!
枕カバーが収納ケースだと、外にカバーごと持って行って汚れてしまっても、洗濯機に入れるだけできれいになるのもお手軽で使いやすいですよ。

ボードゲームの細かな道具類は”ピルケース”で迷子知らず

最後にボードゲームの細かな道具(写真は人生ゲームの駒)などの収納。
決まったケースを作っていないとすぐになくなってしまう細かなおもちゃにはピルケースがぴったり!

仕切りの細かいものなどもあるので収納したいものに合わせてデザインを選べば、戻しやすく迷子知らずです。

まとめ

購入時の箱がベストな収納ケースとは限りません!
100円ショップには元々の用途は違ってもおもちゃ収納にぴったりのものがたくさんありますのでぜひ探してみてくださいね。


LIMIAからのお知らせ

【24時間限定⏰】毎日10時〜タイムセール開催中✨
LIMIAで大人気の住まい・暮らしに役立つアイテムがいつでもお買い得♡

  • 55966
  • 187
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

著書『男の子がひとりでできる「片づけ」』(KADOKAWA)家族の“できる”が広がるやさしい収納□□□□□□□□□□□□□住宅メーカー勤務を経て、出産を機に退職…

キッズオーガナイザー 中村佳子さんの他のアイデア

生活の知恵のデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード