【リメイクDIY】好みが変わった椅子をリメイクする。

引っ越しに伴い新しい椅子を購入していたのですが、思い出のある椅子を捨てられなくてリメイクすることにしました( ˊᵕˋ* )
結婚前は姫系がすきでピンクの椅子を使っていたので、今のスタイルに合わせて男前な雰囲気になるようにしました。

  • 86671
  • 238
  • 3
  • いいね
  • クリップ

はじめに。

概要にも書いた通り、今回は思い出の椅子をリメイクしていきます。

きっかけは引っ越しなのですが(しつこくてすみません)
元々、家が建つまでのイメージで椅子は絶対某有名ブランドの椅子がいい!と、
先走って購入しておりました。。。(^^;)

が。今回リメイクする椅子は特にデザインが気に入っているとかではないのですが
結婚前に初めて主人と一緒に買った家具ということもあり、わたしたちにとって思い出の品となっておりました。

なので、相談して引き続き使っていきたいなとなったのです(*´∀`*)

◎引っ越し予定がある友達に事情を話したら、ちょうど家具を一新する予定ということで
新しい椅子は無事に買い取ってくれることになりました♡
(好きなテイストが同じ友達がいて良かった!!)

完成はこちら。

Before写真前の完成写真なのでどう変わったかわからないですよね(-_-;)
(後ほど写真あり)

すんごく変わりました♡笑
ピンクの合皮椅子がちょっぴりレトロテイストの椅子に( ´ ▽ ` )ノ

憧れのアイアン脚っぽく塗装して我が家の定番カラーの【黒×茶】のテイストにリメイクしました。

木も入れたかったので、端材を利用して背板にしています。


〔難易度 ★★☆☆☆〕
今回の作業は塗装と座面の張替えがメインなので、初心者の方でも取り組みやすいかなぁと思い
難易度は2に設定します。
背板は部分の取り付けがおまけ作業なのですが、穴させあければ簡単に取り付けられます。

※椅子の構造にもよります。元から背板部分に穴が空いているものなら
今回より簡単にリメイクできますよ(*´∀`*)

材料・つかうもの。

【塗装用品】
◻︎アセトンもしくは除光液・・・※アセトンの取り扱いには注意。脚についている接着剤を落とします。
◻︎ウエス、いらない布・・・接着剤を拭き取ります
◻︎下地用スプレー・・・今回はミッチャクロン
◻︎お好みのカラーのスプレー・・・今回はツヤなしブラック

◻︎メガネ、マスクなど・・・気になる方は装着した方がいいと思います
◻︎ビニール手袋など
◻︎下敷きや飛び散り対策に使うもの・・・ダンボールやビニール袋、ブルーシートなど

※前にも書きましたが、スプレー塗装は周りやお子様に気をつけて作業してください。
もちろん、ご自身の吸い込みなどにも注意してくださいね(*・ω・)ノ

◎今回はスプレー塗装にしましたが、もちろん液体塗料でも構いません。
ご都合に合わせてご用意してくださいね。

◻︎ブライワックス・・・背板の塗装用。カラーはジャコビアン

【座面張替え用品】
◻︎お好みの布(座面の大きさより余裕をもって)・・・今回はアンティークブラウンというカラーの合皮
◻︎タッカー・・・大きなホチキスを打ち込むような道具です。(100均購入可)
◻︎ハサミ・・・布を切ります

◎座面にクッションを足したい場合はクッションやウレタンマットなどを用意してくださいね。

【背板用、小物】
◻︎お好みの大きさの板・・・今回は桐材の端材(解体材)を使いました
◻︎鉄もしくはステンレス用ドリル・・・椅子のパイプに穴をあけます
◻︎のこぎり
◻︎やすり
◻︎電動ドライバー・・・座面張替え時(解体など)にも使います

◻︎オメカシパーツ・・・セリアのプレート
◻︎ビス

以上になります。

Beforeはこちら。

はい、淡いピンクが可愛いシンプルな椅子ですね(*´∀`*)

もう10年以上前に買ったものなので、くすみがあったり拭いても落ちない汚れがあったりします。

形的にはリメイクしやすそうなのですが、
カバーをはずしたことがないので中の構造がどうなっているのかわからないままでした。

それでは、この可愛い椅子を男前テイストにリメイクDIYしていきましょう。

つくりかた。①【解体・塗装編】

椅子を解体して、ベースの骨組みだけにしていきます。
今回の椅子のカバーはファスナー式だったので簡単に取り除けました。

座面と背面は別パーツとなっており、座面は裏側のネジを外して解体しています。
背面は写真の通り直接スポンジが仕込んでいる仕様でした(T-T)

骨組みだけなった状態です。(スプレーしかけちゃってますね(^^;))
一部歪んでいたりするのですが、『味』という便利な言葉で強行突破します!

先ほどのスポンジやカバーの固定に使っていたのであろう接着剤をアセトンを使って
きれいに落とします( ´ ▽ ` )ノ

※アセトンは危険物に入る溶剤なので、取り扱いには注意してください。
(ちなみにわたしは危険物の資格を所有しております)
アセトンでなくても、除光液やパーツクリーナーでも落とせます。

きれいになったら、よく拭き取り塗装をしていきます。

一番の理想は、天気の良い日に屋外(ご近所さんの迷惑にならない場所)で塗装するのがいいですね( ´ ▽ ` )ノ
賃貸や地域によっては難しいかと思いますので、換気と飛び散りに気をつけて作業してくださいね!

プライマー(下地スプレー)を全体にスプレーし、よく乾かしたのち
ツヤなしブラックを見える範囲にスプレーしていきました。

少しずつ塗り重ねていくとダマになったりしにくいです(*・ω・)ノ
焦らず、欲張らず、一気に済ませようとしないことがうまくいくコツです。
・・・・と言えるほどわたしはまだスプレー塗装には自信がないですが。笑

よく乾かしている間に他の作業をします。

つくりかた。②【座面張替え編】

わたしの場合なのですが。
座面部分は特にダメージがあったりしたわけではないので、
このまま上から新しい布を張っていきます。
(厳密に言うと張替えではない??!)

座面の周りより余裕の大きさにお好みの布をカットします。
画像ぐらいの大きさでしたら十分でした。
(裏面は全体を覆うわけではありません。)

◎クッションやマットを付け足す場合は厚みも考えて大きさを調節してくださいね〜

裏面を上にして布を張っていきます。

◎クッションなどを挟む場合は、布と座面の間に!

片方のサイドをタッカーで留めていきます。
細く打っていき、次は逆サイドをタッカーで留めます。

○ポイントは○
逆サイドにタッカーをするときは、布を引っ張りながら固定させていきます。
そうすると、座面がピーンときれいに仕上がります(*´∀`*)

両サイドが終わったら、前後を固定させていきます。
こちらも布を引っ張りながら細かくタッカーで留めていきます。

角は丁寧に折り込んで多めにタッカーで留めました。

◎角の処理の仕方は他にもあると思いますが、わたしはこの方法が1番簡単かなと思い
折り込んで処理しました。


余分な布はカットしておきましょう。

座面の張替え完成〜( ´ ▽ ` )ノ

あの淡いピンクがアンティーク調のブラウン(キャメルっぽい)になって
それだけでもワクワクしました♡♡


表に向けてちょっと直したいなって時は、タッカーの針を抜いたり、
追加で打ちつけたりして微調整してみてくださいね(*´∀`*)

表に向けたらちょっとたわんでた、なんてこともあると思いますので。

つくりかた。③【背板編】

わたしは普段背もたれをあまり使わないタイプなので、
単純に見た目で背板を取り付けることにしましたヽ(*´∀`)

なのでカーブがついていたりしているわけではなく、
普通にまっすぐの板をカットしただけです。

軸の幅に合わせてカットし、塗装・オメカシしていきます。

服が引っかかったりしないように角はヤスリで丸くし、
さらに全体を滑らかにしていきました。

特に角や切り口などは丁寧にやすりをかけた方がいいですね(*´ω`*)

全体をブライワックスで塗装し、乾燥させます。

だいたいの真ん中を測って、オメカシパーツのプレートを固定させます。
※ネジの長さに注意して下さい。板を突き抜けないように!


これで背板の下準備は完成です。

つくりかた。④【組み立て・完成まで】

先ほど張替えた座面をもとの位置に戻します。

元のネジの穴が張替えで見えなくなった場合はキリなどで穴を探してあけておいてください。

もとに戻りましたヽ(*´∀`)

では、もう一手間(最大の頑張りどころかも。。。笑)で
おしゃれな椅子に仕上げましょう♡

わかりにくいかもしれませんが、写真は背面部分を倒しています。

マスキングテープで背板を取り付ける位置に印をつけて
鉄用ドリルで穴をあけていきます。

そのため倒して作業をしています。

ドリルでの穴をあけは、ちょっと頑張って下さい(-_-;)
ポールになっているので、手間側と裏側(って言ったらいいかな?)2箇所をまっすぐに貫通させていきますよ(*´∀`*)

◎元から背板が付いているタイプの場合はこの作業はいりません。
(おそらく背板固定用穴があるとおもうので。ない場合はあけてください)

ビスで背板を固定してきます。
穴がまっすぐあいていないとビスがまっすぐ入っていかなくて、固定しにくくなります(T-T)

プレートがいいアクセントになっています♡
ここはステンシルでもかっこいいなぁ。

もしくは家族分揃える場合は、ネームプレートを取り付けるのも可愛いかも(〃ω〃)

完成ですヽ(*´∀`)

まったく雰囲気が変わった椅子〜
もはやこれを思い出の椅子と言っていいのかさえわかりませんが・・・笑

我が家の雰囲気にも、他の家具ともピッタリな椅子に変身しました(*´∀`*)

費用は合皮300円程度です。

おわりに。

初めての椅子リメイクでしたが、こんなに楽しいとは!ヽ(*´∀`)

解体作業はプチストレス発散にもなりますよー笑
スポンジ、ビリビリ〜とかね。(解体ついでにゴミ捨てを考えて細かくちぎってました)

なんと言っても壊れていないものであり、思い出の品である椅子を
自分好みに変えてまだ使えるというのが嬉しいです♡

捨てるのにもお金がかかる時代ですからね〜

そして、木とアイアンのデザイン椅子はお高いですから!!!
雰囲気を味わうには、十分です。

リメイクは、自分の好きなように出来るので、
細かいデザインまで自分好みに仕上げられます(〃ω〃)
(技術は別として。笑)

既製品でこのロゴがなかったら・・・とか、逆にここにワンポイントあったら・・・
などがリメイクでは思い通りに出来ますよね〜

そして、1番は【物を大切に使える】ということかな?ヽ(*´∀`)って真面目かっ!
でも本当そうだと思います。

リメイクしたものって愛着もわきますし、少し壊れた部分をまた直して使おうって
思えてくるんですよね(*´ω`*)

ご家庭にデザインは好みではないけど使い勝手がいい、など持て余しているものがあれば
リメイクして楽しんでみるのはどうでしょうか?♡

今回は椅子のリメイクですが参考にしてみてください。
長くなりましたが、ありがとうございました。


  • 86671
  • 238
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

DIYクリエイター

本格的過ぎないものから家具まで、DIY・リメイクを楽しんでいます。男前なものが好みで、主に茶×黒×シルバーなどの作品が多めです。H28年末に念願のマイホーム完成…

そあらさんの他のアイデア

DIY・工具のデイリーランキング

おすすめのアイデア