DIY*アトリエ改造*ドアをくり抜いて窓を付ける*

  • 14759
  • 239
  • 2
  • いいね
  • クリップ

今回はアトリエ改造編。
ドアをくり抜いて窓を付けちゃいます。

ドアのくり抜きは去年初めて
子供部屋改造で挑戦してみたので二度目。
(下の写真)

まずは窓になるフレームの下準備から。
前回は窓になるフレームから自分で作ったのですが
手間とコストを考えて
今回はこちらで代用してみる事に↓ ↓

ホームセンターで買ってきた額縁です。
中にガラスを入れる事を考えると
最初からこれを使った方が
断然安く仕上がります(´∀`)

まずはガラスや下の土台や
ガラスを留める部品も全部外して白くペイント。
また細工や荒隠しに使う
幅5x2mmの細長い工作材も
一緒にペイントしておきます。

そして額縁の土台は使わないで
ガラスだけにすると
フレームとガラスの間にその分の隙間が出来てしまうので。。。

その隙間部分に
先程の工作材をはめ込んでおきます。

これでフレームの下準備はOK!

次はドアのくり抜きに取り掛かります!

元のドアはこんな感じ。

元々はごくごく普通のブラウン系のドアだったのを
5年くらい前に自分で塗り替え&汚してあります。

カットの仕方は前回と同じです。
ドアにフレームを当てて枠を取り。。。

ドリルで穴を開けていって。。。

ノコギリが入るまで穴をドリルで広げてから
手ノコで根気よく切っていきます。
この作業がほんとに大変で
一気に進めると手が筋肉痛になってしまうので
何日かに分けて作業を進めました。

そしてやっと穴が開きましたー!

でも前回同様やっぱり切り口はガタガタ、
おまけに表と裏で大きさも歪んじゃってます。
(ジグソーは持っているのですが
刀が細いのですぐ折れちゃう気がして使えなくて。。。
相変わらず進歩しませんね(-ω-;)

でもそれでも大丈夫!

この状態のまま
ガラスを挟んで2枚併せたフレームをはめ込みます。

反対側の隙間はかなりやばいことになってますが💧

ここで頼りになるのが
最初にペイントしてあった細長い工作材です!

この工作材をガタガタの部分を覆うように
はめ込んでいくと。。。

ご覧のように隠せちゃいます 笑。
どうしても工作材だけでは隠せなかった
えぐれ部分は木工パテで埋めました。


そして最後に窓の両面に
また細い工作材で窓の格子を入れて。。。

完成~!!

反対側も。

近くで見るとちょっと雑な部分もありますが
遠目に見ればガタガタもうまく隠せています 笑。

ドアのリメイクはくり抜きがほんとに大変なので
いつも中々腰が上がらないんだけど
完成してみるとやっぱりやって良かったって思います(´∀`)

でもあとトイレと洗面所にも小さい窓を付けたいんだけど
これも面倒で中々手を付けられないんですけどね💧

また気が向いたら頑張ろうと思います(-ω-;)

  • 14759
  • 239
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

家具・インテリア

木工制作、ガーデニングが好きなアラフィフ主婦。セリフリフォームで築約20年の中古マンションの自宅をフレンチカントリー風に改造中。

おすすめのアイデア

話題のキーワード