大人気!万能洗剤オキシクリーンのメリット・デメリット

万能クリーナーとして大人気のオキシクリーン。
わたしも数年前にコストコで購入し、家じゅうの掃除に大活躍しています。
コストコからオキシクリーンが無くなると、どうしよう!とソワソワしてしまうほどです。
本日は、私がオキシクリーンを使っている中で気づいたメリット・デメリットをお伝えしたいと思います。

  • 325950
  • 5883
  • 11
  • クリップ

◆オキシクリーンって?

アメリカをはじめ、世界で使われている大人気の酸素系漂白剤です。

コストコで販売されているオキシクリーンの成分はこちら↓

成分:過炭酸ナトリウム、炭酸ナトリウム、界面活性剤、柔軟剤


使用シーン

一般的に効果的と言われる使用シーンは以下のとおりです。

・普段のお洗濯に入れるだけで、頑固な汚れを落としてくれる
・色落ちしないので色物にも使える
・お鍋の焦げ汚れに効果てきめん
・お風呂のカビなどにも使える

◆使い方

①(40℃~60℃の)お湯にオキシクリーンを入れて、泡だて器で泡を立てる
※熱湯よりもこの温度の方が汚れが落ちやすいんですよ。
②汚れものを泡に20分以上漬ける 
③古い歯ブラシなどをつかって汚れを落とす

基本的には泡の力で汚れを落とすので、上記①②は必須です。
漬け置き放置で汚れがかなり取れるので、手が痛くなるほどゴシゴシこする必要はありません。これで長年の汚れが取れるというのですから、人気が出るのもうなずけますね!

◆私がいつも使う効果的な使用方法

・カレーなどのお鍋の焦げ付き
・五徳や換気扇の油汚れ
・子供の上履き汚れ
・ベビーの汚れた衣類(ミルク汚れやおむつ汚れ)

この4つは、本当によく使います。
上の二つはキッチンで、下の二つはサニタリーで漬け置きするので、我が家ではキッチンとサニタリーの二か所にオキシクリーンを常備していますよ。使いたいときにサッと取り出せるのも継続できる大事なポイントだと思います。

◆オキシクリーンのデメリット

万能洗剤と言われるオキシクリーンですが、素材によっては変色してしまいます。
私は「アルミ」でやってしまいました。
こちらは換気扇のフィルターです↓

他にも換気扇のシロッコファン↓

まあ、どちらにしても、人がジロジロ見るような場所ではないので気にせず使っていますが、アルミを使用している食器や調理機器などはかなりショックを受けると思いますので、漬けないようにご注意くださいね。

・ドラム式洗濯機はNG
オキシクリーンの有効な使い方として「洗濯機の洗濯槽の汚れが落ちる」とあります。
ですが、ドラム式は泡が出て故障するケースがあるとのことでNGです。さすがに私は試したことがありません。

◆オキシクリーンの収納方法

私はコストコで購入した巨大なオキシクリーンを、これまたコストコで購入したジップロックに収納するようにしています。
オキシクリーンは空気に触れ続けると湿気を吸ってしまい粉が固まることがありますので、収納容器を入れ替えされることをお勧めします。

  • 325950
  • 5883
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード