アライグマの駆除を徹底解説!被害例や対処方法も紹介

アライグマによる被害や駆除・対策方法について解説します。アライグマは許可なく駆除・捕獲することは法律により禁止されているので、まずは自分でもすぐにできる対策や予防法を抑えましょう。おすすめの駆除業者も紹介します。

  • 1693
  • 2
  • 0
  • いいね
  • クリップ

駆除の前に知っておきたいアライグマによる主な被害

かわいらしいイメージを持たれやすいアライグマですが、実際には気性が荒く人間に危害を加える可能性のある動物であるため要注意。ここではどのような被害があるのか気になっている方に向けて、アライグマによる主な被害をご紹介します。

農作物への被害

アライグマは雑食で野生植物はもちろん、野菜や果物、穀物といった農作物も好んで食べてしまいます

農作物を荒らすアライグマをはじめとした中獣による被害は年々増加傾向にあり、アライグマの被害に悩まされている農家の方も多いでしょう。

感染症のリスク

アライグマは「レプトスピラ症」「アライグマ回虫症」といった感染症を保有(※)している場合もあります。これらの感染症は人間にも感染する可能性があるため、アライグマを見つけも決して触れたり、不用意に近づかないようにしましょう。

※参考:アライグマの感染症について(奈良県)

アライグマを駆除の時期は3月〜6月頃がおすすめ

アライグマは4月〜6月頃の春の時期に出産します。アライグマは母親が子育てを行うため、母親を失ったアライグマの生存率は低下するといわれています。そのため、エサによる誘き寄せがしやすい3月頃から、子どもが親元を離れる6月ころまでに駆除を行うのがおすすめです。

アライグマを許可なく駆除するのはNG

  • 鳥獣保護管理法により捕獲は禁止

必要な資格や許可を得ずにアライグマを退治・捕獲することは法律で禁止されています。

条件を満たせば捕獲することは可能ですが、自力で対処する場合はまずは追い出す方法を検討してみましょう。

自分でできるアライグマ対策

必要な資格や許可を得ずにアライグマを退治・捕獲すると罰則を受ける可能性があるため、自力で対処する際は忌避剤を使って追い出すのがおすすめです。ここでは、アライグマ対策におすすめの方法をご紹介します。

木酢液を使用する

木酢液とは、石炭や竹炭を作る過程でうまれた煙の成分を液体にしたもので、強いにおいが特徴です。アライグマはこの匂いを嫌うと言われています。

犬や猫などのペットにも同様に効果を発揮してしまう場合も。ペットを飼っている方は、アライグマ退治のプロである駆除業者へ依頼することをおすすめします。

市役所や保健所などはアライグマの駆除に対応してくれる?

保健所や市役所などの行政機関では基本的に駆除の対応はしていませんが、相談に乗ってくれたり駆除業者を紹介してくれる場合があります。

自分で捕獲する場合の申請や手続きなども各市区町村の役所に相談をしてみましょう。

アライグマの駆除は害獣駆除110番に相談してみよう!

出典:害獣駆除110番
出典:害獣駆除110番

すぐにアライグマを駆除したいときは直接、専門業者へ相談するのがおすすめです。

「害獣駆除110番」では、見積もりは無料で、害獣駆除のプロがスピーディーに対応してくれます

電話・メールでの相談は24時間365日受付中のため、アライグマの駆除に困ったら、まずは気軽に事前見積もりの相談をしてみましょう。

※対応エリア・加盟店により記載の価格で対応できない場合があります。

アライグマを見つけたら早めに駆除しよう

アライグマの被害例や、駆除する前に知っておきたいポイント、自力でできる対策方法についてご紹介しました。アライグマは許可を得ないと駆除できないため、発見した場合はプロへの依頼がおすすめです。ぜひこの記事を参考にして、正しく対処してみてください。

※記載している情報は、LIMIA編集部の調査結果(2023年3月)に基づいたものです。
※画像は全てイメージです。

  • 1693
  • 2
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIA編集部の公式アカウントです。手軽な家事の工夫、お得なセール情報、100均グッズ、収納アイデアなど、暮らしに関するオリジナルコンテンツを配信していきます…

LIMIA編集部さんの他のアイデア

害虫駆除・害獣駆除のデイリーランキング

おすすめのアイデア