自転車のタイヤを処分する最適な方法は?無料で処分する方法や注意点を解説

自転車のタイヤはどのように処分すればいいか、困ったことがある方もいるのではないでしょうか?そこで今回は、自転車のタイヤを処分する方法についてご紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

本サービス内ではアフィリエイト広告を利用しています

  • 3652
  • 1
  • 0
  • いいね
  • クリップ

自転車のタイヤは無料で処分できる?

pixta.jp pixta.jp

自転車のタイヤを無料で処分したいという方は、タイヤ購入時に不要になったタイヤを無料で引き取ってくれる自転車販売店を利用するのがおすすめです。引き取りの条件は販売店ごとに異なるので、事前に調べておくようにしましょう。

自転車のタイヤを処分する4つの方法

pixta.jp pixta.jp

【1】自治体にゴミとして出す

▼粗大ごみ

自転車のタイヤを粗大ごみとして処分する場合は、持ち込みや回収を事前に申し込み、「有料粗大ごみ処理券」を自転車のタイヤに貼り付けて処分するようにしましょう。処分費用は各自治体ごとに違うため、料金がわからない場合は自治体に問い合わせるのがおすすめです。

▼可燃ごみや不燃ごみ

自転車のタイヤを処分する方法は、各自治体ごとに異なるので事前に確認が必要になります。可燃ごみとして処分する場合は、タイヤ内部の金属ワイヤーを出す作業や、タイヤを細かくする作業が必要になる場合があるため、怪我をしないよう注意してください。

【2】自転車販売店に出す

自転車のタイヤを新しく購入する予定がある方は、自転車販売店に要らなくなったタイヤを持っていくのがおすすめです。販売店によってタイヤの回収条件が違うので、不明点については問い合わせるようにしましょう。

【3】不用品回収業者に依頼する

自転車のタイヤ以外にも処分したい不用品がある場合は、不用品回収業者に処分を依頼をするのがおすすめです。悪徳業者やトラブルが多いので、一般廃棄物処理業の許可を得ている業者であるか確認を行ない、料金プランが明瞭な業者に依頼するようにしましょう。

【4】リサイクルショップに出す

まだ使える状態の自転車のタイヤを処分する際は、リサイクルショップに出すのがおすすめです。傷や汚れがないか確認してから出すようにしましょう。

自転車のタイヤ処分にかかる料金目安

処分方法

処分費用の目安

自治体に出す【粗大ごみ】

200〜300円(自治体により異なる)

自治体に出す【可燃ごみや不燃ごみ】

無料

自転車販売店に出す

ショップによっては無料引き取りサービス有り

不用品回収業者に依頼する

1,000円(業者やタイヤの種類により異なる)

リサイクルショップに出す

タイヤの種類やショップごとに異なる

自転車のタイヤを処分する際にかかる費用の目安は自治体やショップによっても違うので、事前に調べてから処分するのがおすすめです。また、処分方法に関する不明点については、各自治体やショップに確認するようにしましょう。

※料金目安は、LIMIA編集部がネットで確認できる自治体・自転車販売店・不用品回収業者・リサイクルショップのおおよその料金に基づいたものです。(2023年3月時点)

自転車のタイヤを処分する際の注意点

pixta.jp pixta.jp

防犯登録の抹消の手続き

自転車と一緒にタイヤを処分する場合は、防犯登録の抹消の手続きを行う必要があります。自転車を処分する前に防犯登録を行った販売店に行って、登録抹消の手続きをするようにしましょう。

パーツごとに分別が必要

自転車の処分方法によってはタイヤ内部の金属ワイヤーの取り外しや、タイヤを細かく刻む必要があるので、回収条件を事前に調べておくのがおすすめです。条件を守らないと回収してもらえなかったり、追加費用がかかる場合もあるので注意が必要です。

自転車のタイヤは自分でも分解できる!

pixta.jp pixta.jp

自転車のタイヤは自分で分解することもできるので、処分費用を抑えたい方はぜひ検討してみてください。タイヤの分解方法は自転車の種類やタイヤの種類によって異なるため、確認しながら分解を行うようにしましょう。

自転車タイヤの処分は「くらしのマーケット」に依頼してみよう!

公式サイト px.a8.net

自転車のタイヤを処分したいという人は、「くらしのマーケット」の利用がおすすめです。

不用品回収から害虫駆除、水回りのトラブルまで、暮らしにまつわるサービスを掲載しており、さまざまな事業者の中から、口コミや料金で比較して気になったところを選ぶことができます。実際に利用したユーザーの声を参考にしながら比較できるため、安心して事業者に依頼することができるのがポイントです。

また、登録している事業者は全国にいるため、サービス毎の対応エリアが広いのも魅力の一つ。

自転車タイヤの処分にお困りの人は、この機会に一度試してみてはいかがでしょうか。

自転車のタイヤ処分に関するQ&A

Q1. 自転車のタイヤは分解しないと処分できない?

A. 処分方法によっては分解が必要です。

処分方法によっては、自転車のタイヤを処分する際にタイヤを分解しておく必要があります。また、自分で自転車からタイヤをはずさなくてはならない事もあるので、前もって調べるのがおすすめです。

Q2. 自転車のタイヤはどのタイミングで交換するべき?

A. タイヤの破損や劣化がでたら交換しましょう。

自転車のタイヤは使用していくうちに破損や劣化があらわれてきますが、乗らずに放置していた自転車のタイヤでも劣化してしまうことがあるので、自転車を使用する前にタイヤの状態を確認するようにしましょう。

Q3. タイヤがパンクした状態の自転車に乗っても大丈夫?

A. パンクした状態の自転車に乗るのはやめましょう。

パンクした状態の自転車に乗ると、ホイールなどの自転車部品に傷がつく可能性があるので注意が必要です。タイヤがパンクした場合は放置せず、次に自転車を使用する時までに新しいタイヤに交換しておくようにしましょう。

自転車に関する記事はこちら!

※記載している商品情報は、LIMIA編集部の調査結果(2023年3月)に基づいたものです。
※廃棄物の処分には、各種許可業者の利用が必要となります。ご利用の際にお確かめくださいますよう。お願いをいたします。
※画像は全てイメージです。

  • 3652
  • 1
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIA編集部の公式アカウントです。手軽な家事の工夫、お得なセール情報、100均グッズ、収納アイデアなど、暮らしに関するオリジナルコンテンツを配信しています。

LIMIA編集部さんの他のアイデア

不用品・遺品整理のデイリーランキング

おすすめのアイデア