ウォーターベッドの処分方法とは?費用やおすすめの業者も紹介

ウォーターベッドの処分方法や、処分にかかる料金・費用の目安について解説!おすすめ業者も紹介するので、ウォーターベッドの処分にお悩みの方は参考にしてください。

本サービス内ではアフィリエイト広告を利用しています

  • 2027
  • 0
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ウォーターベッドの処分にかかる料金・費用の目安

ウォーターベッドの処分に必要な費用の目安は、粗大ゴミ回収の場合で数百円〜数千円、業者に依頼する場合で5千円〜1万円程度です。マットレスだけでなくベッドフレーム部分も処分する場合、サイズによってはさらに費用がかかることもあります。

あくまで目安となるため、実際にかかる費用について詳細を知りたい場合は、各自治体や各業者に問い合わせてみてください。

※粗大ゴミ回収にかかる料金およびいくつかの不用品回収サービスをLIMIA編集部が調べた料金目安です(2023年8月時点)

ウォーターベッドの処分の仕方7選!

【1】粗大ゴミに出す

各自治体によってゴミの規定は異なりますが、ウォーターベッドは大きいため可燃ゴミや不燃ゴミとしては捨てられないことがほとんど。自治体で回収してもらう場合、ウォーターベッドは粗大ゴミに分類されるのが一般的です。各自治体の規定に従い、適切に処分しましょう。

粗大ゴミを回収してもらうためには、コンビニなどで数百円〜千円程度のシールを購入し、不用品に貼り付けて回収してもらいます。事前に粗大ゴミ受付センターへの連絡が必要になるため、忘れないようにしましょう。問い合わせの際に実際の費用も教えてもらえます。

※処分の方法は各自治体によって異なります

【2】解体して可燃ゴミ・不燃ゴミに出す

処分にかかる費用を押さえたい場合は、解体して可燃ゴミ・不燃ゴミに出すことも可能です。ただし、解体作業を自宅で行うのはとても大変なので、基本的には他の方法をおすすめします。

どうしても費用を押さえたい場合や粗大ゴミ回収が間に合わない場合など、やむを得ず解体を行う際は、怪我のないように十分注意してください。

【3】譲渡する

状態が良くまだ使用できる場合は、必要としている方に譲渡すると喜んでもらえるかもしれません。一方で、寝具類は新品を購入したいと考える方も多いため、押し付けにならないよう慎重に進めましょう。親族や仲の良い友人など、親しい間柄の中で探すのがおすすめです。

【4】新規購入店舗で引き取ってもらう

寝具を新たに買い替える場合、購入先のお店が下取りや引き取りを行ってくれることも。購入と不用品の処分を一気に済ませられるため、手間をかけたくない場合におすすめです。寝具を新しく購入する予定がある場合は、あわせて引き取りもしてもらえそうか確認してみましょう。

【5】売却する

寝具類は他の家具と比較すると中古が売れづらい傾向にありますが、状態がよければ売却をすることも不可能ではありません。特に人気のメーカーやブランド品であれば、思わぬ価格で引き取り手が見つかる場合も。オークションやフリマに自分で出品したり、中古ショップで査定してもらったりして、売却できないか試してみましょう。

【6】引越し業者に回収してもらう

引っ越しに伴いウォーターベッドを処分したい場合は、引っ越し業者にオプションで依頼する方法もあります。ただし業者によっては回収を行っていないところもあるので、問い合わせの際に事前に確認しておきましょう。

【7】不用品回収業者に依頼する

どうしても回収が間に合わない場合は、不用品回収業者の利用もおすすめです。家電や家具の回収をしている不用品回収サービスなら、ウォーターベッドもあわせて回収してもらえるでしょう。

粗大ゴミや引き取りサービスを利用するよりも費用はかかりますが、プロが回収してくれるので手間をかけずスムーズに処分できるメリットがあります。一方で悪質な業者もあるため、必ず廃棄方法や料金設定を明瞭に開示している業者を選ぶようにしましょう。

※ 廃棄物の処分には、各種許可業者の利用が必要となります。ご利用の際にお確かめくださいますようお願いをいたします。

不要なウォーターベッドを処分するならくらしのマーケットがおすすめ!

出典:くらしのマーケット

ウォーターベッドを処分したいという人は、「くらしのマーケット」の利用がおすすめです。

不用品回収や害虫駆除から、水回りのトラブルなどまで、暮らしにまつわるサービスを掲載しており、さまざまな事業者の中から、口コミや料金で比較して気になったところを選ぶことができます。実際に利用したユーザーの声を参考にしながら事業者を選んで依頼できるのがポイントです。

また、登録している事業者は全国にいるため、サービス毎の対応エリアが広いのも魅力の一つ。

ウォーターベッドの処分にお困りの人は、この機会に一度試してみてはいかがでしょうか。

ウォーターベッドを適切に処分しよう

ウォーターベッドの処分方法や費用の目安について紹介しました。不要なウォーターベッドは自治体で回収してもらうのが一般的ですが、きれいな状態であれば買い取ってもらえる場合も。また、近しい人が必要としている場合は譲るのも良いでしょう。短期間で売却したい場合は不用品回収業者への依頼もおすすめです。

※記載している情報は、LIMIA編集部の調査結果(2023年8月)に基づいたものです。
※画像は全てイメージです。

  • 2027
  • 0
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIA編集部の公式アカウントです。手軽な家事の工夫、お得なセール情報、100均グッズ、収納アイデアなど、暮らしに関するオリジナルコンテンツを配信しています。

LIMIA編集部さんの他のアイデア

不用品・遺品整理のデイリーランキング

おすすめのアイデア