シンクの白い汚れの落とし方4選!とれない頑固な汚れもスルッと落とす

シンクの白い汚れは、水垢や石鹸カスが原因で発生します。シンクの白い汚れを放置していると落ちにくくなるので、早めの対処が必要です。そこで今回は、自分でできるシンクの白い汚れの落とし方や予防方法を紹介します。

  • 3411
  • 3
  • 0
  • いいね
  • クリップ

シンクの白い汚れの正体は?

シンクの白い汚れは、主に水垢や石鹸カスが原因です。水道水にはミネラル成分が含まれており、水分が蒸発するときにミネラル成分が残り、シンクに付着して白く汚れます。また、石鹸カスが固まって白く汚れるケースもあります。

シンクの白い汚れの落とし方4選

  1. 1.クエン酸水で汚れを浮かせて落とす
  2. 2.クエン酸水と重曹の組み合わせで落とす
  3. 3.専用のクレンザーで擦り落とす
  4. 4.メラミンスポンジで削り落とす

【1】クエン酸水で汚れを浮かせて落とす

まずは、nuts_icubeさんのようにクエン酸水でパックをして汚れを落とす方法を試してみましょう。クエン酸水はホームセンターやドラッグストア、100均でも購入が可能です。

また、粉末状のクエン酸やお酢を薄めて使えば、クエン酸水も作れます。なお、クエン酸と塩素系漂白剤を混ぜないようにしてください。

必要なもの

  • クエン酸水(お酢or粉末のクエン酸)
  • キッチンペーパー
  • ビニールラップ
  • スプレーボトル
  • 乾いた布

クエン酸水の作り方

  • 水200mLに対して粉末のクエン酸を小さじ1杯入れて溶かす

掃除の手順

  1. 1.クエン酸水をキッチンペーパーに含ませてシンクに貼り付ける
  2. 2.貼り付けたキッチンペーパーの上からクエン酸水を吹きかける
  3. 3.ビニールラップでシンクを覆う
  4. 4.汚れに応じて30分〜2時間つけ置く
  5. 5.ビニールラップを外してキッチンペーパーでシンクを拭く
  6. 6.水でシンクの汚れを洗い流す
  7. 7.乾いた布でシンクの水気を拭き取る

【2】クエン酸水と重曹の組み合わせで落とす

クエン酸水だけでは落ちきらなかったシンクの白い汚れには、クエン酸水に重曹をプラスしてみましょう。重曹もホームセンターやドラッグストア、100均でも購入が可能なので、気軽に試せる方法のひとつ。こちらも、塩素系漂白剤と混ぜないように注意してください。

必要なもの

  • クエン酸水
  • 重曹
  • キッチンペーパー
  • 乾いた布

掃除の手順

  1. 1.クエン酸水をキッチンペーパーに含ませてシンクに貼り付ける
  2. 2.汚れに応じて1〜2時間つけ置きする
  3. 3.シンクを水洗いする
  4. 4.重曹をシンクにふりかける
  5. 5.30分〜1時間つけ置きする
  6. 6.水で洗い流す
  7. 7.乾いた布でシンクの水気を拭き取る

【3】専用のクレンザーで擦り落とす

シンクやコンロなどのキッチン掃除ができる「ハイホーム」などのクレンザーを使うと簡単に汚れを落とせます。好みや汚れの程度に合わせてクレンザーを選んでみましょう。

使い方はクレンザーによって異なるため、必ず確認してから使用するようにしてください。また、使用するときには使用上の注意をよく守り、ほかの洗剤と混ぜないように注意しておきましょう。

【4】メラミンスポンジで削り落とす

提供:LIMIA編集部

クエン酸水やクレンザーだけではとれない頑固な白い汚れは「激落ちくん」などのメラミンスポンジを使ってみましょう。メラミンスポンジには、研磨作用があるため頑固な水垢や石鹸カスなどのシンクに付着した白い汚れを削り落としてくれます。

メラミンスポンジだけでも汚れは落ちますが、頑固なシンクの白い汚れには、クエン酸水やクレンザーと一緒に使うことでよりキレイに落とすことが可能です。

また、メラミンスポンジには研磨作用があるため、シンクの素材によっては傷をつける可能性があります。力強く擦りつけないように注意してください。

必要なもの

  • メラミンスポンジ
  • 乾いた布
  • クエン酸水やクレンザー(汚れがひどい場合)

掃除の手順

  1. 1.メラミンスポンジに水を少し含ませる
  2. 2.必要に応じてクエン酸水やクレンザーをシンクに塗布する
  3. 3.汚れが気になる部分をやさしく擦る
  4. 4.水で汚れを洗い流す
  5. 5.乾いた布でシンクの水分を拭き取る

シンクの白い汚れを防ぐ方法

  • 使用後は水気を拭き取る
  • ステンレス専用のコーティング材を使用する

シンクの白い汚れを防ぐために、シンクを使った後は水気が残らないように乾いた布でシンクを拭きあげるようにしましょう。また、シンクには専用のコーティング材が売られているので、月に1回程度塗布するのもおすすめです。

シンクの白い汚れが落ちないときにはプロに依頼してみよう!

自力でシンクの白い汚れが落ちないときや、徹底的にシンクを掃除したいときには専門業者に依頼してみましょう。

「ハウスクリーニング110番」は土日祝日の依頼にも対応してくれます。また、1箇所からの掃除も対応も可能です。さらに、通話料無料で携帯・スマホからでもメールでも相談ができるので、気軽に相談してみましょう。

シンクの白い汚れに関するQ&A

Q1. シンクが白く汚れる原因は?

A. 主に水垢や石鹸カスが原因

シンクの白い汚れは、主に水垢や石鹸カスが原因です。シンクの汚れは、長く放置していると落としにくくなるため、早めに掃除をして落とすように心がけましょう。

Q2. シンクの白い汚れを防ぐ方法は?

A. 使用後は水気を拭き取る

シンクを使った後は、乾いた布で水を拭き取ることで、白い汚れは軽減します。手間を省きたいときは月に1回程度、シンク専用のコーティング剤を塗布すると撥水してくれるのでおすすめです。

Q3. シンクの掃除を業者に依頼すると料金はいくら?

A. おおよそ15,000〜2万円前後

使う道具や掃除の範囲によって料金が異なります。キッチンパックや水回りパックなどをセットで提供している業者もありますが、1箇所から掃除を行ってくれる業者もあります。業者に依頼する場合、見積もり料金や交通費、駐車料金が必要な場合もあるため、事前にチェックしておきましょう。

▼キッチンのおすすめ業者をチェック!

シンクの掃除に関する記事をチェック

※画像は全てイメージです。
※お掃除の際には、ゴム手袋をつけて、しっかりと換気を行い作業をしてください。
※記事内のデータは、LIMIA編集部の調査結果(2022年11月)に基づいたものです。

  • 3411
  • 3
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

関連アイデア

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIA編集部の公式アカウントです。手軽な家事の工夫、お得なセール情報、100均グッズ、収納アイデアなど、暮らしに関するオリジナルコンテンツを配信していきます…

LIMIA編集部さんの他のアイデア

ハウスクリーニングのデイリーランキング

おすすめのアイデア