GUやユニクロのモノトーンベルトで、細見え&脚長を目指す!ベルト使いを楽しむコーディネート術

日頃、パーソナルカラー診断を受けて下さったお客様の
似合う色や形・素材や、ご自身が着てみたい!と思うetc,
総合的に似合う服を探すショッピング同行をさせて頂いておりますが、

そんな中で、コーディネートの最後のスパイスとして
ご提案すると「これだけで全然違う!」と
喜んでいただける小物の一つが「ベルト」だったりします♪

なんだかコーディネート全体がまとまらない。
少しバランスが悪い様な気がする。
ベーシックコーデが好きだけど、少しだけトレンドも楽しみたい。

そんな時に便利な「ベルト使い」

何だか難しそう・・そんなお声が聞こえてきそうですが、
苦手意識を横に置いて、慣れてしまったら、後は簡単!!

ユニクロやGUのプチプラベルトも優秀♪
チャレンジしてみる際にはおすすめですよ。

アラフォー&157cmぽちゃ体型なカラーアナリスト(笑)
そんな私なりのベルト使いのポイント!
少しでもお役に立てたなら嬉しいです。

本サービス内ではアフィリエイト広告を利用しています

  • 12022
  • 47
  • 0
  • いいね
  • クリップ

まずは基本の白と黒のモノトーン使いからはじめましょう♪

http://ameblo.jp/colorism-kazue/

今年の夏のトレンドのベルトといえば・・
そのひとつが「サッシュベルト」!!

40代アラサーの私にとっては、以前の流行を思い出して
懐かしい!とすら思ったアイテムでもあったのですが(笑)

懐かしさのあまり購入したGUの黒サッシュベルトが、
予想以上にとてもこの夏のコーディネートのスパイスとして
活躍してくれています♪

ベルトを使いに、苦手意識のある方は、
「黒」や「白」もしくは「茶」などのベーシックなお色から
チャレンジしてみるのはいかがでしょうか?

ウエストの細い位置に巻く、黒のサッシュベルトで甘めの配色に辛みをプラス!

http://ameblo.jp/colorism-kazue/

白の袖がフリルのブラウスとコーラルピンクのスカートの
コーディネートは、全体的に少し甘めの印象です。

なので・・そこに「黒」のベルトを巻く事で甘さを引き算!

少量の黒がベルトで加わる事で、
コーディネート全体が引き締まります^^

白シャツと個性的な柄物スカートにも♪

http://ameblo.jp/colorism-kazue/

シンプルな白シャツと、個性的な花柄スカートのコーディネート。

黒のサッシュベルトを巻く事で、
シャツとスカートのコントラストを中和し、上下の繋がりが自然になります。

また、ウエストの細い位置でベルトを巻くと
ウエスト位置が上に上がり、その細さに視線がいくので、
細見え効果と脚長効果が期待できますよ♪

また、このスカートはウエストがゴムなので、
ゴムが見えないかな?と心配する事も無くなります。

サッシュベルトはウエストのゴムを隠すのにも便利ですね!
って・・これは要らない情報かしら?(笑)

サッシュベルトのトレンドの巻き方はコルセットの様に使う巻き方ですが・・

さて、このサッシュベルト。

トレンドの巻き方は、
胸の真下の高い位置でコルセットの様に巻く方法です。

だけどこれ・・徐々に体のラインに丸みを帯びてくる
アラフォー世代にはちょっと難易度が高そうですね。

少なくても私は・・ぽっこりお腹が気になるので
程良いウエスト位置に巻いて楽しんでいます(笑)

胸下で巻くのが素敵な方もいらっしゃれば、
ウエストに巻く方がちょうど良い方も、
また・・骨盤辺りに沿わせる方が恰好良い方もいらっしゃいます。

似合うベルト位置も人それぞれ。
鏡の前で、色々試してみるのがおすすめ!やってみてくださいね!

白の細ベルトは、濃い色コーディネートに抜け感をプラス!

http://ameblo.jp/colorism-kazue/

コーディネート全体が重い印象になった際は、
間に「白」を挟む事でスッキリとした印象に見せる事が出来ます。

少量でも構いません。
「白」を加える効果、試してみて頂きたいテクニックです。

多色使いのコーディネートの際も白ベルトでスッキリ!

http://ameblo.jp/colorism-kazue/

カラフルな色のコーディネートの際も、
ベルトの「白」を少し加える事でスッキリとした印象を作る事が出来ます。

モノトーンやベーシックにベルトに慣れて来たら・・少し遊びのあるデザインにチャレンジ!

http://ameblo.jp/colorism-kazue/

白や黒などのモノトーンのベルト使いに慣れて来たら、
今度は、ベルトをコーディネートの主役に!

カラフルなものや、今年ならエスニック柄のベルトを巻くと、
それだけで同じお洋服のコーディネートが違った表情を見せてくれますよ。

お洋服を増やすよりも、
ベルトをはじめとした小物を使いこなせるとコーディネートの幅が広がります。

まとめ「難しいそう」と言わずにとにかく巻いてみましょう!

http://ameblo.jp/colorism-kazue/

使ってみたいけど、何だか難易度が高そう・・
そんなお声の多い「ベルト使い」

試してみる前に、
ご自身でハードルを上げてしまっていませんか?

ウエスト位置に巻いてみたり、
少し高めの位置に巻いてみたり、低めの位置で巻いてみたり
また、太めのベルトを選んだり・細めのベルトを選んだり、
ベーシックな色を選んだり、遊びのあるデザインを選んだり、

全身鏡を見ながら、色々と試してみると、
ご自身に「しっくりくる」感覚に気付く事が出来ると思います。

そんなチャレンジアイテムとして、
とても優秀なGUやユニクロのプチプラベルト。

苦手意識を少し横に置いておいて・・(笑)
是非、チャレンジしてみてくださいね!

「こう巻かないといけない」そんなルールはありません。
あなたにとって心地良い、しっくりくる感覚が大切ですよー♪

  • 12022
  • 47
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

「クローゼットの中は、似合う色・形・デザイン何よりも着ていて心がウキウキするお洋服だけ」そんなクローゼットを目指して、クローゼットからあなたの暮らしを変えてみま…

カラーリスト&クローゼットオーガナイザー山本和恵さんの他のアイデア

ファッションのデイリーランキング

おすすめのアイデア