タオル枚数の適量基準はどれくらい?ストックは何枚持てばいいの?

頂き物のバスタオルやフェイスタオル、どういう基準で残す枚数を決めている?と気になったので、【ストック管理の考え方】と【タオルの適量の考え方】をご紹介しました。

  • 20054
  • 49
  • 0
  • クリップ

タオルは、日常使っているもの以外にも、
頂き物のバスタオルやフェイスタオル・ハンドタオルなどが押し入れで眠っている方もおられるかと思います。


いつか使うかも…バザーに出そう…などと思っていても、そのいつかはなかなか訪れません。
今、必要ないものはなるべくため込まないようにして、スッキリした収納をめざしましょう。


では、ストックはどれくらい持っていたらいいのでしょうか?
どういう基準で残す枚数を決めれば良いのか、気になった方のために、目安を考えてみました。

まず、【ストック管理の考え方】ですが、

①スペースを先に決める方法
②数量を決めてしまう方法

があります。

スペースを先に決める方法

「この箱(ケース)に入る分だけ」などとスペースを決めて、増えたら減らし、それ以上は持たないようにする。

数量を決めてしまう方法

「◯◯用意に予備◯枚」のように、枚数を決めておいて、それ以上は持たないようにする。




いずれにしても、
『ルールを決めて、決めた分だけ持つこと』
『それ以上は、持たない・増やさないようにすること』
が、整理収納の鉄則と言われています。



次に具体的な枚数ですが、適量は各家庭の暮らしによって異なりますね。
たとえば、スポーツ一家であればたくさん必要であったり、洗濯回数によってもまた変わってくると思います。


わが家の場合は、①の方法で「ストックはボックスに入る分だけ」というざっくりした考えではありますが、

3人家族で、1週間にバスタオル6枚、フェイスタオル12枚くらい(キッチンやトイレ用も合わせて)使っていますので、それ+αくらいあればいいかな・・・と。
ストック箱の中を数えてみたら、バスタオル8枚、フェイスタオル14枚入っていました。

【タオルの適量の数えかた】については、

・((洗濯するまでに必要なタオルの枚数)×2)+予備2枚=家族に必要な量
・家族の人数×洗濯回数

という考え方もあるようです。

ストックはいらない!という方もおられるでしょうし、適正量は各ご家庭によって違うでしょうが、

1週間で使っている枚数+2~3枚

くらいが、ストックしたい方の、だいたいの目安になってくるのかなぁ…なんて思います。
ご参考になれば幸いです。

  • 20054
  • 49
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード