カゼインプロテイン人気おすすめ11選|選び方・特徴・飲み方を紹介

スタミナ抜群でダイエット中の栄養摂取にも良いカゼインプロテイン。必須アミノ酸がバランスよく摂れるため、現役のアスリートも愛飲している身体づくりや健康には欠かせない補助食品です。この記事では、カゼインプロテインの特徴や効果・選び方・おすすめ商品・飲み方まで幅広く紹介していきます。カゼインプロテインのことが気になっている方は、ぜひ一読してみてください。

  • 1566
  • 2
  • 5
  • いいね
  • クリップ

腹持ち効果抜群!カゼインプロテインの特徴

“カゼインプロテイン”とは、牛乳に含まれるたんぱく質の約8割を占めている“カゼイン”を主成分としたプロテインの1種です。牛乳からホエイと脂肪分を取り除いた不溶性固形成分であるため、メジャーなプロテインの“ホエイプロテイン”や“ソイプロテイン”と比べ腹持ちが良く、満腹感が持続するといった特徴があります。

ここからはカゼインプロテインの特徴や得られる効果を詳しく紹介していきます。購入を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

腹持ち効果の持続時間が長い

カゼインプロテインの最大の特徴は吸収速度です。ホエイプロテインが約2時間という速いスピードで吸収されるの対し、カゼインプロテインはその3倍である約7~8時間というゆっくりとしたスピードで吸収されていきます。

そのため、血中のアミノ酸濃度と関わりがあり、満腹感が長続きするメリットがあります。このことから、カゼインプロテインは別名スタミナプロテインとも呼ばれています。

カルシウムや鉄分と相性がよい

カゼインプロテインはカルシウムや鉄分と相性抜群! カゼインプロテインから摂取したタンパク質は、体内で”カゼインホスホペプチド”という物質になります。この”カゼインホスホペプチド”が、カルシウムと鉄分と相性◎。

どちらも健康に欠かせない栄養素です。

ホエイプロテインとの相乗効果

腹持ちの良いカゼインプロテインを摂りながら、吸収速度を速めたい方もいるでしょう。そんな方にはホエイとカゼインがブレンドされたプロテインが最適です。カゼインのゆっくりとした吸収速度をホエイが補完してくれるため、両方の良い部分を活かしつつ相乗効果が期待できます。

また、トレーニング直後はホエイプロテイン、夕食後や睡眠前にカゼインプロテインを飲むといった、2種類を用途に分けて使用する方法もおすすめです。

牛乳アレルギーの人は摂取できない可能性がある

カゼインプロテインは牛乳を原材料としているため、乳製品アレルギーをお持ちの方は摂取できない可能性があります。購入する際は、あらかじめ成分表などをしっかりと確認するなど注意が必要です。肉・魚・大豆などをうまく活用すればタンパク質を摂取することも可能なので、アレルギーがある場合は無理な使用は控えるようにしましょう。

カゼインプロテインの選び方

カゼインプロテインを選ぶ際には、注目しておきたい3つのポイントがあります。どれも大切な要素のため、購入前に確認しておきしょう。

“カゼインミセル”か“カゼイネート”

カゼインプロテインには“カゼインミセル”“カゼイネート”の2種類があります。カゼインミセルは分子が大きく、吸収に時間がかかるのが特徴です。その分持続するため、腹持ちが良いのがメリットといえるでしょう。

逆に、カゼイネートは分子が小さいのが特徴。カゼインミセルに比べ吸収がやや早く、水に溶けやすいので混ぜるのも楽なのが魅力です。成分表に記載されていることもあるので、どちらが自分に合っているか購入前にチェックするようにしましょう。

定期的に購入できる価格

プロテインを効果的に摂取するには、継続する必要があります。メーカーによってそれぞれ価格は異なりますが、高価なものを選んでしまうと経済的に余裕がなくなり、続けるのが難しくなることも。しっかりと続けるためにも、負担にならない価格帯のものを選びましょう。

飲み続けられるおいしい味

プロテインを飲み続けるにはおいしい味も重要なポイント。味が苦手なプロテインでは、継続するのが難しくなってしまいます。プロテイン本来の味が苦手という方は、味がついたフレーバータイプを選ぶのが良いでしょう。

フレーバーはメーカーによってバニラ・ココア・チョコレート・ストロベリーなどのバリエーションがあるため、自分好みの味をたくさんの種類から選ぶことができます。プロテインの時間を楽しいものにするためにも、自分の好きな味を見つけていきましょう。

カゼインプロテインのおすすめ11選|人気の『ザバス』や『アルプロン』など

ここからは、カゼインプロテインのおすすめ商品を紹介していきます。人気メーカーである『ザバス』『アルプロン』などをはじめとしたさまざまなメーカーのカゼインプロテインを比較しながら選定できますよ。前述の選び方を踏まえ、自分に合ったプロテインを見つけてくださいね。

『ウイダー』 マッスルフィットプロテイン ココア味

ウイダー
マッスルフィットプロテイン ココア 900g
3,780円(税込)
3.9
3.9 Stars
79件)
ホエイ+カゼインのWパワー!時間差で働きかけてアミノ酸を供給
ホエイとカゼインの両方を摂取できる、効率のよい筋トレサポートにおすすめのプロテイン。ホエイとカゼインそれぞれの特性があるため、運動後だけでなく、就寝前の摂取もおすすめです。運動後はホエイ成分が、就寝中はカゼイン成分が効果的にで、どのシーンでもより効率的にタンパク質を補えるでしょう。また、健康な体の維持には欠かせないEMR(酵素処理ルチン)を配合しており、タンパク質と同時に摂取することでより効率よく筋トレや日々の生活をサポートしてくれます。
内容量
900g
カロリー
74kcal
1食あたりのタンパク質量
15.0g
炭水化物量
1.9g
味の種類
ココア、バニラ、カフェオレ
原料
ホエイたんぱく(乳成分を含む)、カゼインカルシウム、ココアパウダー、食用油脂、カラメルシラップ、砂糖、ぶどう糖/炭酸Ca、香料(大豆由来)、乳化剤、酵素処理ルチン、グルタミン、甘味
アレルギー原料
乳製品、大豆
原産国
国産
『ウイダー』 マッスルフィットプロテイン ココア味の口コミ
他社の製品や輸入プロテインを含め10種弱は飲んだことがありますが、味は最高水準です。さすがは森永製菓というクオリティ。牛乳での溶け具合もとてもいい方だと思いますよ。ほんの少しだけダマというか、溶け残りのようなものが残りますが、プロテインはどれもそうかと。やはり何十回と飲むものなので、美味しさを優先している自分としては、ついついリピート購入してしまうプロテインの一つですね。大容量のプラスチック容器バージョン出してくれないかなあ。笑

『BULKSPORTS』 ビッグカゼイン キャラメル味

バルクスポーツ
バルクスポーツ プロテイン ビッグカゼイン 1kg キャラメル味 カゼインプロテイン
4,054円(税込)
飲みごたえバツグン!とろみのある食感で満腹感を持続
『BULKSPORTS』が販売する、キャラメル味のカゼインプロテインです。キャラメル味以外にもマンゴー・チョコレートなどのフレーバーがあり、自分好みの味を選べるのが魅力です。とろみのある食感も大きな特徴の1つ。飲みごたえがあるため、ダイエット時のカロリー制限中の空腹感を癒してくれます。1食あたり21g以上のタンパク質が含まれているので、トレーニングで理想の身体づくりを目指している方のサポートにも最適なプロテインのひとつといえるでしょう。
内容量
1000g
カロリー
111.0kcal
タンパク質
21.9g
炭水化物量
4.8g
キャラメル、マンゴー、チョコレート
原料
カゼインカルシウム(乳成分を含む)、マンゴーパウダー(デキストリン、マンゴーピューレ)/ 乳化剤(大豆由来)、香料、甘味料(スクラロース、アセスルファムK、ネオテーム)
アレルギー原料
乳製品
原産国
ニュージーランド
『BULKSPORTS』 ビッグカゼイン キャラメル味の口コミ
筋トレを始めてプロテインを飲むようになり現在はバルクスポーツのカゼイン・ホエイを飲み分けています。他社のプロテインも色々と試しましたが最終的にバルクスポーツに戻ってしまいます。

好み・値段・成分など選ぶ基準は人それぞれかと思いますが、トータル的に優れている製品だと思います。

『ザバス』 MILK PROTEIN脂肪0 ココア風味

ザバス
ミルクプロテイン 脂肪 0 ココア風味
2,825円(税込)
4
4 Stars
253件)
運動後でもごくごく飲める!手軽さが魅力のドリンクタイプ
『SAVAS』が販売するプロテインです。ドリンクになったプロテインがそのままパックに入ってるため、自分で混ぜる必要がなくそのまま手軽に飲むことができます。カゼイン80%・ホエイ20%という配合なっているのもポイント。カゼインの吸収速度をホエイが補完してくれるため、両方の良さを取り入れつつ相乗効果が期待できます。また、4つのフレーバーから好きな味を選べるのも魅力といえるでしょう。忙しい朝や、ランチのお供に飲みたい方におすすめのプロテインです。
内容量
200ml
カロリー
102kcal
タンパク質量
15.0g
炭水化物量
10.6g
ココア、バニラ、バナナ、ミルク
アレルギー原料
乳製品
原料
乳製品、乳たんぱく質/カカオ色素、香料、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)、ビタミンE、ビタミンB6
原産国
国産
『ザバス』 MILK PROTEIN脂肪0 ココア風味の口コミ
さまざまなプロテインドリンクを飲みましたが、一番飲みやすいです。

プロテインを粉末で購入してシェーカーで作る方がコスパが良いのはもちろんですが、朝など手間をかけたくない時に非常に重宝してます。

『アルプロン』 カゼインプロテイン100

アルプロン
アルプロン カゼインプロテイン100 3kg プレーン
9,970円(税込)
カゼインを100%使用!筋肉を構成する栄養摂取に
『ALPRON』が販売する、カゼインを100%したプロテインです。カゼインプロテイン特有のゆっくりとした吸収速度が特徴で、食事が長時間摂れない時や睡眠前に摂取するのにおすすめです。新鮮な牛乳より分離した乳タンパク質を配合してるのもポイント。特殊な方法によって調整してるため、通常のカゼインプロテインよりもよく溶けて美味しく飲むことができます。タンパク質の含有量が80%を超えるため、効率よく栄養摂取したい方におすすめのプロテインです。
内容量
1000g
カロリー
71kcal
タンパク質量
16.6g
炭水化物量
1.2g
プレーン、チョコ、ストロベリー
原料
-
アレルギー原料
乳製品
原産国
国産
『アルプロン』 カゼインプロテイン100の口コミ
ホエイに比べてかなりの飲みにくさを覚悟してましたが、意外と飲めました。水を多目にしたり、牛乳を少しずつ混ぜたりすると粉っぽさがマシになります。ホエイのプレーン系と比べて、ほんとうに味気ないので、味の付いたBCAA粉末を少し混ぜて大分のみやすくなりました。

あと、寝る間にホエイを飲んで胃もたれで寝つきが悪かったのもだいぶ解消されました。

『NICHIGA』 カゼイン ミセル プロテイン

NICHIGA
カゼイン ミセル プロテイン
2,070円(税込)
0.2
0.2 Stars
59件)
こだわり品質の生乳を使用。ナチュラルミルク風味で飲みやすいプロテイン
脱脂乳由来の自然なミルク風味が魅力のカゼインプロテイン。カゼインならではの不溶性タンパク質の特性によって満腹感が長続きします。1回分の摂取量目安は約20gですが、運動量や体重に合わせて調整するのがおすすめ。吸収スピードがゆるやかなので、休息時や睡眠時、ダイエットのときにもおすすめです。また、カルシウムやバリン、ロイシンなどの必須アミノ酸も配合しており、男性や女性の健康的な体の維持をサポート。
内容量
1000g
カロリー
360kcal(100gあたり)
タンパク質量
81.9g(100gあたり)
炭水化物量
7.9g(100gあたり)
プレーン
原料
-
アレルギー原料
乳製品
原産国
ドイツ
『NICHIGA』 カゼイン ミセル プロテインの口コミ
夜寝る前に飲むのにはカゼインプロテインが良いと聞いて購入しました。味は薄いミルク味で、癖がなくて飲みやすいです。シェイカーを使えば水にも普通に溶けます。特に嫌なところはなく、コスパがいいので、最初1kgで試した後に3kgを追加注文しました。

『MYPROTEIN』 スロー リリース カゼイン チョコレート

マイプロテイン
スロー リリース カゼイン
5,570円(税込)
就寝前におすすめ!緩やかな吸収で身体の健康維持をサポート
『MYPROTEIN』が販売する、就寝前におすすめなカゼインプロテインです。吸収速度の遅いタンパク質を25g含有しているのが特徴で、筋トレ後のリカバリーのサポート、身体の健康維持におススメです。また、食間や睡眠中のタンパク質補給源として期待できるのも魅力。緩やかな吸収により、夜間を通して効率的に摂取することが可能です。チョコレート・バニラ・ストロベリーとフレーバーも種類が豊富なので、プロテイン本来の味が苦手な方にもおすすめの商品です。
内容量
1000g
カロリー
105kcal
タンパク質量
25g
炭水化物量
1.4g
ノンフレーバー、チョコレート、バニラ、ストロベリー
原料
マイセラカゼイン(乳)(91%)、ココア パウダー、香料、甘味料(スクラロース)
アレルギー原料
乳製品
原産国
-
『MYPROTEIN』 スロー リリース カゼイン チョコレートの口コミ
寝る前に飲む用として買いました。味は美味しい、コスパもよく満足です。

牛乳と混ぜて更に美味しく飲めました。

『DNS』 ホエイ&カゼインプロテイン スロー ミルク風味

DNS
ホエイ&カゼインプロテインスロー ミルク風味 1000g
4,890円(税込)
4
4 Stars
112件)
ロイシンを500g配合!効率よく健康な身体を維持を進めてくれる
『DNS』が販売する、“1日をプロテインで締めくくる”がキャッチコピーのホエイ&カゼインプロテインです。ホエイとカゼインを組み合わせているため、持続的にタンパク質を補給できます。近年、健康の分野で注目されているロイシンを500g配合しているのもポイント。ロイシンの割合が増えることで、効率よく筋トレや健康な身体の維持のサポートを進められます。定期的に抜き取り検査を行い、ドーピング対策を徹底しているためプロも安心して使用できるのも魅力です。
内容量
1000g
カロリー
130kcal
タンパク質
25.4g
炭水化物量
4.3g
ミルク
ミルク
原料
乳清たんぱく(乳成分を含む)、カゼインカルシウム、マルトデキストリン、乳等を主要原料とする食品、植物油脂/L-ロイシン、 香料、乳化剤(大豆由来)、増粘剤(グルコマンナン)、甘味料
アレルギー原料
乳製品
原産国
国産
『DNS』 ホエイ&カゼインプロテイン スロー ミルク風味の口コミ
DNS プロテインホエイ&カゼインスローローディング のリニューアル版とのことで使用してみました。前回のパッケージのものと比べるとミルクっぽさが増した感じで飲みやすかったです。薄味ですがミルクラテのような味かと。また、泡立ちも軽減されていて溶けやすさも向上したかなと思いました。ただリニューアル版はこの製品に限らず値段が多少上がっているのでそこだけが少し残念です。

成分等は前回のものとほとんど変わってませんが、栄養表示の炭水化物のところが糖質という表示に変わってました。まぁそこまで気にすることではないのでしょうが。

『GOLD'S GYM』 ホエイ&カゼインダブルプロテイン バニラ風味

ゴールドジム(GOLD'S GYM)
ホエイ&カゼインダブルプロテイン バニラ風味 900g
5,048円(税込)
3.6
3.6 Stars
18件)
高タンパク質・低脂肪が魅力!高品質なダブルプロテイン
『GOLD’S GYM』が販売する、高品質のホエイ&カゼインプロテインです。それぞれの特徴が活かせるよう1対1の割合で配合しており、激しい運動後や就寝前などさまざまなシーンで飲めるので非常に便利です。ビタミン・ミネラルをバランスよく配合してるのもポイントの1つ。タンパク質の代謝とも関わりがあります。BCAAの組織比率が高いグリコマクロペプチドを多く含んでいるので、本格的なトレーニングに取り組んでいるアスリートの方にもおすすめです。
内容量
900g
カロリー
367kcal(100gあたり)
タンパク質量
82.3g(100gあたり)
炭水化物量
6.1g(100gあたり)
バニラ
原料
-
アレルギー原料
乳製品
原産国
国産
『GOLD'S GYM』 ホエイ&カゼインダブルプロテイン バニラ風味の口コミ
凄く美味しいです。一日1〜2回飲んでいます。甘過ぎずに飲みやすいです。ハーゲンダッツのバニラがしつこくない感じの味です。運動する前に飲んでいますが、毎日飲むのが楽しみです。紀文の調整豆乳(黄緑のパッケージの)に溶かしています。

これでプロテイン好きになりました。合わない方もいらっしゃるかと思いますので、ゴールドジムで個包装で売ってるので試してから買うといいです。私はそれでダブルチョコレート味とバナナ味を飲んでかなり苦手だったので、味は人によりけりです。成分はお世話になっているボディビルのインストラクターとパーソナルトレーナーが飲んでるので大丈夫です。

『PPN』 730'CASEIN PROTEIN リッチキャラメルフレーバー

PPN(ピークパフォーマンスニュートリション)
730'CASEIN PROTEIN リッチキャラメル味
11,000円(税込)
0.2
0.2 Stars
16件)
高品質のタンパク質やビタミンが配合!溶けやすさと飲みやすさも人気
日本で初めてカゼイン主体のプロテインを開発したメーカー『PPN』のカゼインプロテイン。国内の工場で製造されているため、品質管理を徹底しているのが特徴です。吸収速度が遅く、約7時間半かけてアミノ酸を供給。また、ビタミンCやBなどの栄養素も豊富です。水に溶けやすく粉っぽさがないため、特に飲みやすさを重視する方や、筋肉を鍛えながら栄養バランスを意識したい女性にもおすすめです。
内容量
1.5kg
カロリー
108kcal
1食あたりのタンパク質量
24.7g
炭水化物量
1.71g
味の種類
リッチキャラメル味
原料
乳タンパク/香料、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)、ビタミンC、ビタミンE、ニコチン酸アミド、パントテン酸カルシウム、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、
アレルギー原料
乳製品
原産国
国産
『PPN』 730'CASEIN PROTEIN リッチキャラメルフレーバーの口コミ
夜寝る前に飲み始めました。甘い味のプロテインは苦手で普段はプレーンを飲んでいますが、このキャラメルミルク味はとても美味しくいただいていますし、溶けやすく、ムースみたいにして食べるのも美味しくいただいています。寝る前でも胃もたれもなく、朝もすっきりしています。

『ファイトクラブ』 炎神プロテイン

ファイトクラブ
炎神プロテイン 3kg ホエイ&カゼイン
9,158円(税込)
現役トップアスリートも愛飲する、安心と信頼のプロテイン
『ファイトクラブ』が販売する、ホエイとカゼインをブレンドしたプロテインです。血中のアミノ酸濃度と深く関わり、満腹感も長時間続きます。筋トレ後だけだなく、就寝前の摂取もおすすめです。ナチュラルで身体に優しい品質なのも魅力といえるでしょう。また、タンパク氏含有率が85%以上あるのもポイントの1つ。無駄なく身体に届くため、筋トレや健康な身体のサポートに抜群です。多くのアスリートが愛飲してることから、信頼と実績のあるプロテインといえます。
内容量
3000g
カロリー
360g(100gあたり)
タンパク質量
85g(100gあたり)
炭水化物量
-
プレーン
原料
-
アレルギー原料
乳製品
原産国
国産
『ファイトクラブ』 炎神プロテインの口コミ
溶解性や泡立ちに関しては造粒加工をしていないとのことでしたので、最初から諦めていましたが、シェイク後しばらく放置しているとましになっていると思います。牛乳で溶かして飲んでいますが、牛乳を濃縮した味になります笑(僕は好きですが)プロテインで夕食を置き換えていますが、腹持ちはいいです。

国内で無添加かつ、ホエイとカゼインを混合させたものはこれしかないのでずっとリピートすると思います。

『be LEGEND』 ビーレジェンド カゼイン&ホエイ 大人のミルクティー風味

ビーレジェンド(be LEGEND)
カゼイン&ホエイ プロテイン 大人のミルクティー風味 1Kg
4,580円(税込)
3
3 Stars
35件)
長期的なアミノ酸供給を実現!ダイエットをしてる方にもおすすめ
『be LEGEND』が販売する、2種類のフレーバーが楽しめるカゼイン&ホエイプロテインです。長期的なアミノ酸供給を実現しており、筋トレをサポートしたいときや空腹を満たしたいときなどさまざまなシーンで活躍します。いちごミルクとミルクティーの2種類のフレーバーは甘さとさわやかさが絶妙なため、味にこだわる方には嬉しいポイント。カゼインとホエイを9:1でブレンドしているので、両方のメリットを体感したいという方におすすめのプロテインです。
内容量
1000g
カロリー
102kcal
タンパク質量
20.1g
炭水化物量
3.1g
ミルクティー、いちごミルク
原料
乳たんぱく(乳成分を含む)、クリーミングパウダー(水あめ、植物油脂)、紅茶エキス(紅茶、オリゴ糖)、乳等を主要原料とする食品(乳成分を含む)/カゼインNa(乳由来)、香料(乳由来)
アレルギー原料
乳製品、大豆
原産国
国産
『be LEGEND』 ビーレジェンド カゼイン&ホエイ 大人のミルクティー風味の口コミ
味は薄めですが、香りがよくて缶ミルクティーを飲んでいるようです。ザラつきはありますがカゼイン特有かな?と思いつつ飲んでます。私は水で飲んでますが、最初あまりにもドロッとして飲みにくかったので、水の量を増やしたら解決しました。リピします。

何を買えばいいか迷ったら、楽天・Amazonのランキングもチェック!

この機会に購入を考えている方は、下記リンクより楽天やAmazonの人気ランキングなども随時チェックしていきましょう。男女問わずダイエットやボディメイクのために運動している人には、エクササイズのお供にカゼインプロテインがおすすめです。

カゼインプロテインの飲み方|食事や寝る前のタイミングが◎

プロテインを飲むときはタイミングにこだわるのも大切。プロテインの種類によっても変わってきますが、効果的なタイミングに飲むことで効率よく栄養素を摂取することができます。

食事と組み合わせる

カゼインプロテインは1日のタンパク質摂取量を計算しながら食事と組み合わせて飲むのがおすすめです。食事と一緒に取ることで、満腹感を維持できるメリットがあります。間食を抑えることにも繋がるので、ダイエットを目指している人にとっても魅力です。

寝る前に飲む

カゼインプロテインは吸収速度がゆっくりなので、長時間食事の摂れない寝る前などに飲むのもおすすめ。ただし、寝る直前に飲んでしまうと胃や腸に負担を与えてしまうため注意が必要です。目安としては、就寝の60分程前に摂取するのが良いでしょう。

カゼインプロテインは体に悪い?過剰摂取がもたらす問題点

カゼインプロテインのデメリットとして、“体に悪い”・“太る”・“便秘になる”といった点が挙げられることがあります。しかしそれはカゼインプロテインの問題点ではなく、過剰摂取が原因で起きているケースが多いです。生活や運動量に合わせて適量を飲むように心がけましょう。

ホエイ・カゼイン・ソイプロテインの違いを比較

プロテインにはカゼイン以外にも、 “ホエイ”“ソイ”など主成分によって種類があり、特徴や効果がそれぞれ異なります。ここまで紹介したカゼインプロテインと合わせて目的や用途によって使い分け、より効果的にプロテインを利用しましょう!

カゼインやホエイは牛乳を原材料としているので、動物性タンパク質を摂取するのに効果的です。そのため、筋トレをする方におすすめのプロテインです。下記のリンクでは、ホエイプロテインの特徴や選び方などが詳しく記載されています。おいしく飲めるアレンジ方法なども紹介しているので、のぞいてみてくださいね。

▼ホエイプロテインについての紹介はこちら

大豆を原材料としているソイプロテインは植物性タンパク質を摂取するのに最適。

牛乳を飲むとお腹を下してしまう体質の方や、牛乳アレルギーの方にも、トライしてほしいプロテインです。

LIMIA編集部がソイプロテインについて詳しく紹介した記事が下記リンクから確認できます。あわせてチェックしてみてくださいね。

▼ソイプロテインについての紹介はこちら

※本サイト上で表示されるコンテンツの一部は、アマゾンジャパン合同会社またはその関連会社により提供されたものです。これらのコンテンツは「現状有姿」で提供されており、随時変更または削除される場合があります。
※記事内の口コミは、LIMIA編集部の調査結果(2021年5月)に基づいたものです。
※記事内のデータは、LIMIA編集部の調査結果(2021年5月)に基づいたものです。
※記載している商品情報は、LIMIA編集部の調査結果(2021年5月)に基づいたものです。
※一部の画像はイメージです。

  • 1566
  • 2
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

こんにちは!LIMIA編集部の公式アカウントです。手軽な家事の工夫、お得なセール情報、100均グッズ、収納アイデアなど、暮らしに関するオリジナルコンテンツを配信…

LIMIA編集部さんの他のアイデア

生活の知恵のデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード