バナナの最適な保存方法とは?長持ちさせるテクニック、夏と冬の違いや冷凍方法

バナナの最適な保存温度や知っておきたい4つの保存のポイントなど、バナナをおいしく長持ちさせる保存方法を紹介します。「夏と冬だと保存方法は違う?」「常温と冷蔵庫とどっちで保存すればよいの?」などの疑問を解消! また、余ってしまったバナナを使いやすく冷凍する手順、バナナを活用したレシピも紹介します。

  • 8631
  • 16
  • 0
  • いいね
  • クリップ

バナナの最適な保存温度と食べごろについて

南国で栽培されるバナナは、15~20℃が最適な保存温度と言われています。春や秋であれば室温で保存するのがちょうどよい温度です。

また、バナナは、「シュガースポット」と言われる黒い斑点が現れたときが一番糖度が高くなります。

スーパーで販売されているバナナは、皮全体が黄色く熟していたり、まだ少し緑色が残っている未熟の状態で売られています。より甘い状態のバナナを食べたい方は、買ってきてすぐに食べるのではなく、シュガースポットが現れるまで室温に置き、追熟させるのがおすすめです。

バナナを長持ちさせる最適な保存方法|4つのポイント

バナナを長持ちさせるための保存のポイントは次の4つ。

  1. 1.バナナスタンドやS字フックを使う
  2. 2.1本ずつ保存する
  3. 3.保存は風通しの良い場所を選ぶ
  4. 4.長持ちさせたいときは冷蔵庫で保存する

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

1. バナナスタンドやS字フックを使う

提供:LIMIA編集部

バナナを常温で保存する際は、「バナナスタンド」を使うのがおすすめ。

バナナは果肉がとてもやわらかいため、そのままテーブルや棚に置いておくと、接触した部分が変色して傷んでしまいます。バナナスタンドを使って房の部分から吊るして保存することで、接触を防げますよ。

「スタンドは置き場に困る……」という方は、S字フックで代用可能です。S字フックがあれば、写真のように好きな場所に吊るすことができます。果肉部分を直に置かないように、房を引っ掛けて吊るしておくのがポイントです。

2. 1本ずつ保存する

提供:LIMIA編集部

バナナは「エチレンガス」によって熟成します。エチレンガスとは、野菜や果物が自発的に分泌する植物ホルモンの一種。リンゴが赤くなったり桃が甘くなったりするのも、バナナ同様にエチレンガスの作用です。

そのため、ひとつの房にたくさんのバナナの身がついたままの状態は、バナナ同士から発生するエチレンガスの影響を受けてその分早く追熟が進むのです。

少しでも長持ちさせたい場合は、バナナを房から切り離して1本1本保存するのがよいでしょう。

3. 保存は風通しの良い場所を選ぶ

提供:LIMIA編集部

バナナの保存には、直射日光の当たらない風通しのよい場所がおすすめです。また、スーパーで買ってきたバナナは通常ビニール袋に包まれていることが多いでしょう。

ただし、袋に入れたままだと風通しが悪くなってしまうので、ビニール袋から開封して保存するのが◎。

4. 長持ちさせたいときは冷蔵庫で保存する

提供:LIMIA編集部

バナナを長持ちさせたいのであれば、冷蔵庫の野菜室で保存するのがおすすめです。ただし、冷蔵庫の低温では追熟は進みません。また、バナナをそのまま冷蔵庫に入れてしまうと皮が黒くなりやすくなります。

バナナは常温で保存して食べごろまで追熟させたあと、ビニール袋に入れて野菜室で保存しましょう。このとき、バナナを一本一本新聞紙で包んでからビニール袋に入れると、バナナの湿度をよい状態に保ってくれます。また、新聞紙がないときは、ラップで包むのもおすすめです。

【夏の保存方法】食べごろになったら野菜室で保存する

提供:LIMIA編集部

夏場は気温が高いため、他の季節よりも追熟の速度が早くなります。常温で置いておくとすぐに真っ黒になってしまうので。冷蔵庫の野菜室での保存がおすすめ。

ただし、冷蔵庫に入れてしまったあとはそれ以上追熟は進みません。まだ熟れていない状態ですぐに冷蔵庫で保存すると、一向に甘味が増さなくなってしまうので注意しましょう。

【冬の保存方法】13.5℃以上の場所に保管して追熟させる

提供:LIMIA編集部

バナナの最適温度は15~20℃。冬の気温は15℃を切ってしまうため、暖房やヒーターをつけることが多いリビングやダイニングなど、できるだけ温かい場所に保存しましょう。

その際は、布や新聞紙などでバナナを包み、冷やしにくくしておくのがおすすめです。

また、バナナを置いて保存する際は、写真のようにバナナの底と付け根の部分を下にして、できるだけ果肉部分を接触させないように置きましょう。

食べきれず残ってしまうバナナは冷凍させよう!

バナナをたくさん買ってしまい、すぐには食べきれなさそう……。そんなときは、冷凍保存するのがおすすめ。あらかじめみじん切りやペーストにしてから冷凍すれば、凍ったまま切る必要がないので使いやすいですよ。

みじん切りやペースト状にしたバナナは、冷凍状態のままヨーグルトやスムージーなどに入れるのがよいでしょう。他にも、ペーストはジャムとして使用することもできます。

ただし、常温で解凍して放置してしまうと劣化に繋がるため、解凍時は注意しましょう。

●冷凍バナナを食べるときは半解凍がおすすめ!

凍らせたバナナは、解凍しても冷凍前の食感には戻りません。

全解凍してしまうと水っぽくなってしまうので、アレンジなしでそのまま食べる場合は、半解凍にして少しシャリシャリした食感を楽しむ程度で食べるのがおすすめです。

みじん切りの保存方法

提供:LIMIA編集部

バナナの皮を剥いたら縦に4等分に包丁でカットし、さらに横に5mm角程度に切ればOK。

提供:LIMIA編集部

冷凍に適したフリーザーバッグに入れ封をして冷凍庫で保存しましょう。バナナがたくさんある場合には、使いたい分ごとにラップで小分けにしてからフリーザーバッグに入れると、使うときに便利ですよ。

ペーストの保存方法

提供:LIMIA編集部

バナナの皮を剥き、そのままフリーザーバッグに入れます。指や手の腹を使って、バナナを押すように潰していけばペーストの完成です。

提供:LIMIA編集部

すでにフリーザーバッグに入れてあるので、このまま封をして冷凍庫に入れるだけ。手も汚れず簡単ですね! 冷凍したバナナは冷凍庫で約1か月保存可能です。

黒くなってしまったバナナはお菓子作りに使えばOK

真っ黒になってバナナの果肉がやわらかくなりすぎてしまうと、そのまま食べるのはちょっと抵抗がありますよね。そんなときは、お菓子作りに使ってしまいましょう!

あいりおーさんが、真っ黒になった熟れたバナナを使ったシフォンケーキの作り方を紹介しています。バナナの水分を生かされた、とてもふわふわなシフォンケーキですね。バナナが残ってしまったというときには、ぜひ作ってみてくださいね。

▽あいりおーさんのレシピはこちら

※画像の一部はイメージです。


LIMIAからのお知らせ

【24時間限定⏰】毎日10時〜タイムセール開催中✨
LIMIAで大人気の住まい・暮らしに役立つアイテムがいつでもお買い得♡

  • 8631
  • 16
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

LIMIA 暮らしのお役立ち情報部さんの他のアイデア

生活の知恵のデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード