maWo

どこにいても家族みんながお互いの気配を感じることが出来るようなオープンな住宅が条件でした。そこで、各スペースがスムーズに繋がっていくスキップフロアで構成された住宅を提案しました。また、クライアントの希望だった大きな床下収納とプライバシーのある屋上バルコニーを無理無く計画することが可能でした。ズレながら重なる連続した6層のスペースが、家族の「間を」様々に変化させ偶発的なコミュニケーションを生み、新しい光景や景色との出会いを発生させることが出来たのではないかと思います。

  • 521
  • 4
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 521
  • 4
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

幼稚園か小学生のとき、愛媛県松山市にあったUFOが着陸したような佇まいの「愛媛県民館(今は存在していません)」で何かイベントのようなものに参加していました。当時…

おすすめのアイデア

話題のキーワード