ベッドパッドの伸びたゴムをなおすのがイヤ!100円ショップの意外なアイテムで解決

ベッドパッドの伸びたゴムをなおすのがイヤで、なにか別の物でベッドに取り付けられないかと考え、100円ショップで売っているあの伸びるアイテムを使ってみました。

  • 27118
  • 330
  • 2
  • いいね
  • クリップ

昼間だけでなく寝る時も蒸し蒸しするようになったので、体をヒンヤリさせる効果のあるベッドパッドをベッドに取り付けました。ヒンヤリして気持ちよく快適で、汗をかいても四隅のゴムをずらせばすぐはずせるので洗濯へのハードルも低いし、もちろん取り付ける時も簡単です。

ベッドパッドの伸びたゴムを直すのがイヤ

ただ、この四隅のゴムが伸びていました。このままだと朝起きた時にパッドがずれているし、ずれを直しても寝ればまたずれます。ゴムを直さなければいけないのはわかっているけれど、どうも面倒に思えて気乗りがしません。私の中で「嫌いな名もなき家事」の上位に来るほどです。
ましてやファミリーとなると1枚では済まないから尚更イヤになってしまいます。

同じことを繰り返す?別の方法はない?

よくある対処法は「ゴムを結んで縮める」、「ゴムを縮めて縫う」、「まるごと付け替える」。
ゴムを結んだら結び目にカビが生えそうだし、裁縫道具やミシンを使うのも裁縫が苦手な人にはハードルが高いこと。
いずれにせよまた伸びて、同じことを繰り返すかパッドを買い替えるということになりそうです。
パッドを手放さない限りそのイヤな行動を繰り返すことがすごく無駄に思えて、なにか別の方法はないかと考えました。

100円ショップの意外なアイテムで解決!

目をつけたのは100円ショップで買える「帽子留め」です。
風で帽子が飛ばされないように帽子と服を留めるクリップ。いろいろなタイプが売られていますが、その中でスプリングコードのタイプを使います。

これをベッドパッドの四隅に斜めに取り付ければ、ゴムと同様にベッドに取り付けられます(目立たないように透明を選びました)。そしてゴムと違って長さが変わるようなことがありません。これでパッドのズレをなおしたり裁縫道具を持ってきて直すこともなくなりますよ!

欠点は洗濯の時にはずし、また付けること。これが面倒と思うかそうでないかは人によりますが、 面倒くさがりの私でも面倒と感じずに続けられています。

  • 27118
  • 330
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

【空間と時間に余裕ができる楽収納研究】ライフオーガナイザー🄬元システムエンジニア。多趣味でどんどん物を増やすのに片づけない夫がいても、シンプルライフを心がけ、片…

おすすめのアイデア

話題のキーワード