掃除の手間はラグで軽減!?夏の床を快適にする新常識

夏もラグを敷いて快適に過ごしたい♪そんなふうに考えている方は多いのではないでしょうか?
でも、夏ってなんだかラグを敬遠しがちですよね。
汗などがついてしまうのを避けるため?毛足の長いラグが暑く感じるため?
そんな思い込みを覆す新常識!夏の間もラグを活用することで、居住空間がよりいっそう快適になるんです!
夏でもラグを使うメリットや、お手入れの仕方など、気になる点を一挙公開!夏におすすめの快適ラグもあわせてご紹介します。

  • 15793
  • 36
  • 0
  • いいね
  • クリップ

敬遠しがちな夏のラグ。ダニの繁殖にもつながります……

床掃除は1日しないだけでも、ホコリや汚れでギョッとすることも。とくに夏は素足で過ごすことが多くなるため、ラグ・カーペットはほかの季節よりも汚れやすいんです。そうなると、見た目が悪いだけでなく、ダニの繁殖にもつながります。

また夏はラグをしまうという場合にも、片付ける前にしっかりとお手入れをしないと、清潔さを保てず、長持ちさせることが難しくなってしまいます。

ちょっと厄介な夏のラグ。一体どんな風にお掃除やお手入れをすればよいのでしょうか?

ラグを清潔に保って快適に! 掃除&収納方法をチェック

掃除機がけのポイント

ラグの日常のお手入れは、週1~2回掃除機でゆっくりと毛足を逆立てるようにかけるのが基本。毛足の根本のホコリやゴミ、髪の毛などを吸い出します。

できれば表と裏の両面、そしてラグの下の床面にもかけることが大切。ラグ下の通気をよくすることで湿気対策となり、ホコリやダニが増えにくくなります。

汗ジミ、汚れを落とす方法

ラグ表面の汗ジミや汚れなどが気になるときには、水拭き掃除がおすすめ。中性洗剤を少量入れた水に布をひたし、かたく絞ったあと、毛並みにそって根本から拭きます。

水拭きのあとは乾いた布で乾拭きをし、色あせ予防のため陰干しをして内部の湿気をとりましょう。

保管方法

ラグをしばらく保管する場合は、汚れを落として、しっかりと乾燥させたうえで、換気のよい所にしまうことが大切。たたむと折り目がついてしまうので、巻いて横置きで収納しましょう。

夏でも涼しい ! お手入れ簡単なおすすめのラグ

ラグのお掃除やお手入れの方法はわかったけれど、やっぱりちょっと面倒……という悩みが出てくるかも? そんな方におすすめの、お手入れ簡単なオールシーズン用のラグがあるんです♪

冷房のあるお部屋で、サラリとした肌ざわりで涼しく使えるのが〔アントロン®ホーム〕の《イルミエ》と《カーム》。《イルミエ》は毛足の長いタイプで、《カーム》は毛足の短いタイプです。

どちらもインテリアになじむ淡いカラーで、《イルミエ》は5色、《カーム》は6色展開。上質な素材と落ち着いたカラーが、お部屋を品良く見せてくれます。

一般的なサイズ(140×200cm)から特殊形状までさまざまなサイズがあり、置く場所を選びません。

強度に優れた「ナイロン6,6」という糸を使用しているため、丈夫でへたりにくく、「1年経っても全然へたらない!」というモニターさんの声もあります。シミにもなりにくいので、お掃除の手間が減りますよ。

オールシーズン用なので、季節が変わるときにラグをしまう必要がなく、管理もラクラク♪ さらに普段のお掃除にはロボット掃除機も使えるので、家事の時短になりますね。

ファブリックひとつで生活がより豊かに

機能性だけでなくおしゃれさも兼ね備えている《イルミエ》と《カーム》。空港やホテル、公共施設などあらゆるシーンで利用され、プロに選ばれてきた糸が使われているラグです。

オールシーズンいつでも心地よく過ごせるファブリックで、さらに快適な暮らしを手に入れてみませんか?

ハウスダウスト・ダニについて詳しく知りたい方は以下の記事をチェック!

  • 15793
  • 36
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

初めまして。インビスタジャパンが管理するANTRON®、DACRON®ブランドの公式アカウントです。清潔で心地よい暮らしのために「寝具」や「ラグ」など、インテリ…

おすすめのアイデア

話題のキーワード