クローゼットの収納をおしゃれに!使いやすくなる便利な収納術とは

クローゼット収納のポイントは、限られたスペースを有効に、見やすく使い切ることです。収納のコツやおすすめアイテムを知り、理想のクローゼット収納をかなえましょう! 一人暮らしにも応用できる、おしゃれに見せるアイデアも紹介します。

  • 2190
  • 11
  • 0
  • いいね
  • クリップ

クローゼット収納のコツ

上手なクローゼット収納を実践するには、覚えておきたいいくつかのコツがあります。まずは、基本の三つを確認していきましょう。

ハンガーと引き出しを使い分ける

クローゼット内のスペースをできるだけ有効に使うなら、ハンガーと引き出しの使い分けから見直してみるのがおすすめです。

「ハンガーに吊るしておくものは○○、引き出しには○○」とあらかじめルールを作っておくことで、収納&服選びがスムーズになるでしょう。

たとえば、オンシーズンの衣類は全てハンガーに吊るし、それ以外はたたんで引き出しに収納しておけば、普段のコーディネートがしやすく、なおかつスッキリとしたクローゼットになりますよ!

この方法なら、面倒な衣替えもアイテムをまるごと入れ替えればOKなので助かりますね。

詰め込みすぎないのが基本

収納というと、ついつい「使えるスペースは全て使い切ってしまいたい」と考えてはいませんか?

でも、クローゼット収納の場合は違います。「詰め込みすぎない」ことを基本として覚えておきましょう!

その主な理由には、以下のようなものがあります。

●通気性を確保する
●生地のダメージを防ぐ
●シワを防ぐ
●アイテムの一つ一つを見やすくする

詰め込み過ぎず、クローゼット内の空間に余白を作るというのは、見た目はもちろん、衣類の美しさを保ったまま長持ちさせるうえでも大切なことなのです。

ケースに収納するなら服は立てる

衣類収納に収納ケースや引き出しを利用するのなら、平置きではなく立てて収納するのがおすすめです。

立てる収納にすることで、引き出し内のアイテムを一目で把握できるようになるため、平置きでありがちな「どこにあるか分からない」「下の方に埋もれて存在を忘れられてしまう」といったことがありません。

薄手の衣類のような、立てるのが難しいアイテムなら、100均でも手に入る「仕切り板」などを活用してみましょう。見栄えもよく、スッキリと安定した収納になりますよ!

おすすめのハンガーはこれ

クローゼット収納に欠かせないハンガーは、その重要度に対して注目度の低いアイテムでもあります。おすすめのハンガーをチェックして、より使い勝手のよいハンガー収納を目指しましょう!

滑りにくく使いやすい〔ニトリ〕

日用品の購入を考えたとき、ひとまず〔ニトリ〕を訪れてみるという人は多いのではないでしょうか。

そんな人気のホームファニシングストア〔ニトリ〕では、使いやすく高機能なハンガーも豊富に取りそろえられています。

中でも人気なのが、《すべりにくい省スペースハンガー》と《すべりにくいアーチ形ハンガー》です。

それぞれに起毛素材、スチールと見た目は大きく違いますが、どちらもすべりにくいという共通する特徴を持っています。好みに合わせて使い分けられるのもうれしいポイントですね!

ハンガーの跡がつかない〔MAWA〕

〔MAWA〕は、ドイツ発祥の世界的なハンガーメーカーです。

中でも人気なのがメタルハンガーにノンスリップコーティングを施した《人体ハンガー》で、「すべらず、ハンガーの跡がつかない」という特徴から世界中で大きな支持を集めています。

〔MAWA〕の《人体ハンガー》は、ハンガー部全体で衣類をキャッチするので、ニットのような型崩れしやすい素材も型崩れしにくいんですよ。

また、キャミソールやドレス、水着のようなすべりやすい素材もしっかりとかけられるので安心して使えます。女性には特にうれしいアイテムといえるでしょう。

MAWA 人体ハンガー 10本組 ブラック
商品情報をAmazonで見る

服を傷めにくい〔無印良品〕

「大切に着ているはずのTシャツなのに、なぜだか首回りがどんどんヨレヨレになっていく……」もしかするとその原因は、洗濯時のハンガーの使い方にあるのかもしれません。

普段の洗濯の際、ついつい面倒だからと無理矢理首元からハンガーを通してはいませんか? 実は、そのときの首回りに与えたダメージが、Tシャツの型崩れに大きな影響を与えているのです。

そこでおすすめなのが、〔無印良品〕の《ポリプロピレン洗濯用ハンガー》です! くぼみの入った独特の形状のハンガーで、衣類の首回りを引っ張ることなくスムーズに洗濯物をかけられますよ。

幅約41cmと約33cmの2サイズが展開されているので、アイテムによって使い分けられるのもうれしいですね!

おしゃれなクローゼットにするには

お気に入りの衣類を収納するクローゼットは、扉を開けるだけでウキウキするような、できるだけおしゃれな空間にしたいものですよね。センスのよいクローゼットにするためのポイントを二つチェックしていきましょう!

ケース、ハンガーをそろえる

おしゃれなクローゼットの第一歩として、まず挑戦したいのが「ケース、ハンガーをそろえる」ことです。

どれだけきれいに収納しているつもりでも、ケースやハンガーといったアイテムがバラバラでは、どうしてもチグハグな印象になってしまい、おしゃれなクローゼットからは遠のいてしまうでしょう。

ケースやハンガー類をそれぞれ同じメーカーの同じ商品で統一できればベストではありますが、難しいようであれば、それぞれのアイテムを同系色にするだけでもOKです。

全体の雰囲気を整えることでクローゼット内に一体感が生まれ、グッと洗練された印象になりますよ。

間接照明でおしゃれに彩る

クローゼットをより一層おしゃれな空間にするのなら、間接照明を使ってみるのも一つの方法です。

間接照明でほんのりと照らされたクローゼット内でなら、まるでドラマや映画の主人公になったかのようなドラマチックな気分で衣類のコーディネートが楽しめますよ!

近頃では、スイッチ式のクローゼットライトやタッチライトのような便利アイテムが100均で入手可能です。誰でも気軽に挑戦できそうですね!

一人暮らしのクローゼットもおしゃれに

一人暮らし用の家に設けられているクローゼットは、一般的に収納量が少ないぶん、上手に利用しにくいことが多いものです。そんな一人暮らしのクローゼットをおしゃれに使いこなすポイントを確認していきましょう!

引き出しの中はボックスで仕分ける

スカーフやストッキング類など、こまごまとしたものがあふれがちな引き出しの中は、ボックスを利用した仕分ける収納がおすすめです。

100均の仕切りボックスなどを使って引き出し内をいくつかのスペースに区切ることで、手持ちのアイテムを見やすくスッキリとまとめられますよ!

この方法であれば、どこに何をしまえばよいのか、探しているものはどこにあるのかが明確なので、時間のないウィークデーのコーディネートにも大助かりですね。

扉にフックをかけて内外も収納に

一人暮らしのクローゼット内の限られた空間を上手に生かすなら、扉も一つの収納スペースとして活用してしまいましょう!

専用のワイヤーネットを利用したり、S字フックを活用したりすれば、扉裏も立派な収納スペースになりますよ。

バッグやベルト、アクセサリー類など、ハンガーにも引き出しにも収納できないアイテム置き場として大活躍してくれるでしょう。

お出かけが楽しくなるクローゼットにしよう

おしゃれで使い勝手のよいクローゼット収納を目指すなら、まずは各アイテムの収納の仕方から見直してみるのがおすすめです。

ハンガーと引き出しをしっかりと使い分けたり、立てる収納を利用したりするだけでも、見た目の印象や使いやすさはグッと変わりますよ。

さらにランクアップしたクローゼットにするのなら、ハンガーやケースなどのアイテムにこだわったり、照明を利用したりといった方法を取り入れるのもよいですね。

自分好みにカスタマイズしたクローゼットで、日々のコーディネートをより一層楽しみましょう!


LIMIAからのお知らせ

太陽光発電をご検討なら「グリエネ」
1.最安値の業者が分かる安心の一括見積もり!
2.加盟店全国450社以上!厳しい審査を通過した優良会社のみ
3.カスタマーサポートによる完全個別対応

  • 2190
  • 11
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード