マンションのリノベーションで玄関はこんなに変わる

広くて素敵な玄関の使い心地

  • 3947
  • 9
  • 0
  • いいね
  • クリップ

リノベーションをして他のマンションとは少し違う玄関にしたご家庭にお話を聞いてみました。住んだからこそ分かる本当の使い心地、気に入っているポイントをお伝えします。

広々とした玄関につながるクローゼット

画像左側の靴箱の横に玄関扉。アーチ形の門口がクローゼットの入り口で、玄関側からも廊下側からもウォークインできる。

以前はマンションによくあるタイプの、大人2人が並んで靴を履くには少し狭いぐらいの玄関でした。リノベーションをして、三和土(たたき)部分を増やすとともに、下足でウォークインできるクローゼットを作りました。

ウォークインクローゼットは、旅行から帰って来てすぐには片付けられないスーツケースを置いておいたり、ゴルフバッグを収納したりもできる大きなスペースです。とにかく広くて気に入っていると住人の方も話していました。もし子供ができたらベビーカーを置いて、外遊び道具も収納して…と使い方が広がりそうですね。

ビフォーアフター。玄関前の廊下だった部分を大胆に変更。

利便性はバッチリ、愛される土間玄関

土間のような玄関。作り付けの棚があり収納の役目も果たしている。

以前は4.5帖の部屋だった場所を土間玄関に。部屋を減らすのは大きな決断ですが、世帯主はどうしても土間がほしいと考えていました。自転車を置けるスペース、大きな靴置き場、腰掛けて靴を履ける段差、アウターをかけておくハンガーラック、玄関にあったら嬉しいものはほとんどそろっています。

また、無機質なグレーと温かみのある無垢材の対比が落ち着いた空気を作り出しています。住み始めてからずっと土間は家族の中心にあり、縁に立って眺めているとしみじみ「いいなぁ」と思うそう。確かに、こんなに素敵な空間があったら、いつまでも見ていたくなりますね。

部屋だった場所が土間になったので窓があり明るい玄関。

靴をたっぷりおける玄関

画面中央が玄関扉。奥には大容量の靴箱と姿見があり、靴と服のコーディネートをチェックできる。

靴が大好きな奥様が「全部を見ながら選びたい」と、あえて見せる収納にした靴箱。一番下はブーツや長靴を楽々置ける高さがあります。ご主人もドラマなどで出てくる広々とした玄関に憧れていたので、ご夫婦の利害は一致し、数多くの靴を並べられるスペースが生まれました。

賃貸の時には帰ってくるたびに「狭いな」と感じていたのが、リノベーションしたこのマンションに引っ越してきて一転。玄関扉を開けるのが楽しみになったそうです。

玄関に窓があるので、湿気も匂いもこもらない。

収納を兼ねた広い玄関に人気が集まっています。ただ、その分居室スペースは減るので、注意深く設計する必要がありそうですね。

お話を聞いた皆さんが「リノベーションで何ができるかも分からなかったので、イメージだけを伝えた」と言っていました。相手はプロなので、イメージを形にする手段をいろいろと知っています。まずは思い描いているものを口にしてみるのが素敵な玄関への第一歩。玄関扉を開けるのが楽しみな毎日が待っています。

  • 3947
  • 9
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

リノベーション会社

「大人を自由にする住まい」をテーマに、お金と空間の不自由から解放される家の買い方、空間造りを提案しています。物件さがし・リノベ設計・工事のことなら「ゼロリノベ」

おすすめのアイデア

話題のキーワード