フロートテレビボードでモダンリビングが完成

フロートテレビボードの開発動機は「床をきれいに見せたい」というものでしたが
それ以上にリビングをモダンにしたいと思ったからでした。
そのためコンセントや配線コードも一切表には出さない構造にしたわけです。

  • 4124
  • 11
  • 0
  • いいね
  • クリップ

コンセントや配線コードなんてあって当たり前ですがそれさえもなくすることにこだわりました

配線コードやコンセントが隠れているので子供も自由に動き回れます。

吹き抜けまでの抜け感が強調されています

床をスッキリ見せることで吹き抜けまでの開放感が強調されています。

建築工事と家具工事の融合で可能になるモダンインテリア

フロートテレビボードは取り付けが絶対必要となりますので
建築工事側との綿密な打ち合わせが欠かせません。

設計段階から下地の位置やアンテナやコンセントの位置までを指定し、
建築工事側と情報を共有することでこのようなモダンなインテリアが実現するのです。

テレビボードの仕上げ材は100以上

フロートテレビボードは取り替えができないので仕上げの材料選びにはみなさん時間をかけます。
どの色が飽きずに見ていられるか、インテリアコーディネートの腕の見せどころです。

フロートテレビボードは全国対応です

  • 4124
  • 11
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

[カワジリデザイン(k-design) H5年~現在]ハウスメーカー、ゼネコン、設計事務所から長年多くのオーダー家具の設計と施工管理の依頼を請けてきました。棟数…

おすすめのアイデア

話題のキーワード