【連載】上手くいかないインテリア事例①before→after

時々書くシリーズ記事。
今回は、何となく上手くいかない
インテリアシリーズを書いてみたいと
思います。
事例①について
問題点、改善点、気をつけることを
書きます。

  • 168394
  • 1298
  • 2
  • いいね
  • クリップ

事例①before

こちらは某撮影時に使用した
都内の撮影スタジオです。

before画像
可愛いぬいぐるみが
並びます。
可愛いお部屋でした。

ダイニングを見ると
少し残念な雑多感が・・・
皆さんは気になる点はいくつあるでしょうか?

100均だけで少しかっこいい部屋に変身させる

お部屋のイメージは
とてもすっきりしていて、綺麗めなので
もう少し甘さを抑えてみます。

使うのは100均だけ(わずかに私物はあり)。

当日までWEB画面でしか
お部屋を見ることが出来なかったので
イメージに合わせてとりあえず
用意したもの。

テーマは
男性の部屋でした。

全体before

これでは少し甘さがあるので・・・

全体after

色味を抑えて
ぐっとすっきりになりました。

テーブル内before

テーブル内after

ここでもう一度棚のbefore

棚のafter

インテリアが上手くいかない時は・・・

ここを注意

元々ある家具や作り付けの棚なども
含めて部屋全体のイメージはすっきり
かっこいい雰囲気ながら
ぬいぐるみや様々な雑貨が
何となく置かれていた状態でした。
(スタジオなので仕方がないですが)

これだけで
部屋の良さはぐんと減ります。
全く違う表情の部屋になります。

気をつけたいのは統一感&余白

1つ1つの雑貨を見た時にとんなに
可愛いものでも
いろんなテイストが混じり合うと
まとまらず雑多に見えます。
例え100均でも同じ系統のもので
揃えてみては?

飾る量も気をつけたい点。
あればあるだけをついつい
並べてしまいがちですが
1つずつが埋もれてしまい
その良さも半減することも。


部屋、家具、雑貨の
イメージも含めて統一感を
意識。
1つずつの雑貨が存分に
主張できるような
配置で並べます。

並べる時に意識したいのは

のっぺり平面になり過ぎないこと。


高低差、前後の奥行き差を
意識してみてください。

横から見ても三角。
上から見ても三角。
が理想。

棚が3段あれば
真ん中が高い三角
左が高い三角
右が高い三角など意識しておくと
バランスが良くなります。

置いては引いて見る
三角を意識してみるを
習慣付けると
動きのあるディスプレイに。

ちなみに撮影は今年春でした。
すでに無い100均商品も
あるかとは思いますが
部屋が雑多に見える時
上手く飾れない時など
何かの参考になればと思います。

また事例別に記事を書きたいと思います。

ブログやインスタグラムも是非ご覧ください。

  • 168394
  • 1298
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

片付け・収納

クラシング代表・整理収納コンサルタント/整理収納教育士/暮らしコーディネーターNHKあさイチ、はなまるマーケット出演。書籍4冊を出版DIY、整理収納、インテリア…

おすすめのアイデア

話題のキーワード