●四畳半の狭い部屋を広く見せるコツと、DIY●

持家、賃貸住宅問わずですが全て広くて使いやすい部屋
という訳ではないと思います。狭かったり形がいびつで
狭く見えたり・・・そんなお部屋を少しでも広く
すっきり見せるDIYとインテリアのコツをまとめました。

  • 54353
  • 489
  • 2
  • いいね
  • クリップ

ハンドメイド作品やリメイク雑貨を作るアトリエとして
使っているのが、この四畳半の部屋。
材料、塗料、それを収納するものなどとにかく
狭い上に、家のどこよりもものが多い部屋です。
画像はすでに工夫をしたafter画像になります。

こちらがbeforeです。
画像では感じない圧迫感もとても感じていて
片付けにくく、掃除もどちらかというと
億劫に感じる部屋でした。

先ずは収納の見直しを。
何かに使えるだろうと溜めこんでいた
未開封の100均グッズもリサイクルショップへ。
不要なものは処分しました。

残す量の目安は、今ある家具に収まる量。
床置きをなるべくしないようにしていくと
決めています。

そして白の床材を選び、元の床の上に敷き詰めました。
これだけでとても明るく広く見え、清々しさも
UPしました。

置く家具はもちろん低い高さのものばかり。
背板がない方が向こう側の壁まで透けて見え
僅かながら広く見える効果があります。

さらに狭い部屋は物と物の距離が近い為
より物の色量が少ない方がすっきり
見えるので、気になる天板の色には
白い布を掛けて統一感を出します。

壁と色の一体化を図ることでも
広く見える効果があります。

壁は飾り過ぎず、フォーカルポイントの数点のみにして
アクセント程度に抑えることで圧迫感が減ります。

これだけで広さは変わりませんが
とてもすっきり見える部屋に変身しました。

四畳半と言えども、大切な1つのお部屋です。
その広さからついつい物置き状態に
なってしまいがちですが
広さに見合った物量と、すっきり見える収納、
広く見える家具の配置や壁紙、床材など
工夫しながら付き合っていきたいと思います。

  • 54353
  • 489
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

片付け・収納

クラシング代表・整理収納コンサルタント/整理収納教育士/暮らしコーディネーターNHKあさイチ、はなまるマーケット出演。書籍4冊を出版DIY、整理収納、インテリア…

おすすめのアイデア

話題のキーワード