蛇口のカルキ汚れをカンタン漬け置きでピカピカに。

洗面所の蛇口の裏を見たらカルキ汚れで真っ白!これは盲点!見えるところしか掃除してませんでした…。

そんなカルキ汚れを簡単にピカピカにする方法と、重曹とクエン酸を混ぜる時の注意点です。

  • 110860
  • 892
  • 0
  • いいね
  • クリップ

洗面所掃除の盲点

洗面所のお掃除で一番苦労するのは水垢汚れじゃないでしょうか。

特に蛇口の周り。

カルキ汚れは蓄積すると掃除が大変と思って、洗面所を使い終わったあとはマイクロファイバークロスでササっと拭くのを毎日の習慣としてました。

水栓だけは!
蛇口だけは!
絶対水垢をためないぞ!
と思っていたんです。


が!
そこには盲点が。

以下、汚画像出ますんでご注意ください。




出ますよ。



良いですか。



蛇口の裏がー!白いー(涙)

水が出るとこ!一番大事なとこ!

なんとマヌケな。
今まで見えるオモテ面ばかりせっせと拭いていたのでした。

クエン酸に重曹をプラス。蛇口は漬け置きで。

早速お掃除に取り掛かります。

ガンコな水垢汚れにはクエン酸が一番!だけど白く固まったカルキ汚れには漬け置きが必要です。

クエン酸水をキッチンペーパーに含ませてパックした上にラップをして放置する方法も良いけれど、ちょっと面倒ですよね。

ということで、今回は重曹をプラスして漬け置きします!

蛇口の漬け置き掃除方法

使い捨てのコップに40度ぐらいのお湯を入れ、重曹大さじ1を溶かしたあとクエン酸を小さじ1.5杯投入。

すると勢いよく泡が出ます。
この発泡効果で汚れを浮かせる効果を狙います!

そこへ蛇口をドボンと入れて放置。

この日は夜に気づいたのでアタシはこのまま寝ました。

そして翌朝。
水垢はかなり緩くなっていて

ブラシで軽くこすればこの通り。

ピカピカ♪落ちました♪

つけ置きして放置するだけで、ガンコな水垢をガリガリゴシゴシする手間が無くなりますんで、もし蛇口が水垢で汚れていたら試してみてくださいー。


ちなみに、アタシはディスポーザーやお風呂の排水口などもこの方法で掃除してます。

重曹とクエン酸を混ぜる時の注意

今やすっかりお掃除の定番となった重曹とクエン酸ですが、混ぜる時にはいくつか注意点が。



●混ぜる比率は2:1

重曹:2に対してクエン酸:1がベストバランス。
クエン酸を多くしてしまうとアルカリ性と酸性が完全に中和して汚れ落としの効果がなくなってしまいます。


●換気をしてお掃除を

重曹とクエン酸を混ぜた時にでる泡は二酸化炭素。有毒ガスでは無いのでご安心を。ただ、顔を近づけて思いっきり吸い込んだりすると気分が悪くなることもある様なので換気をしながらお掃除してくださいませ。



●混ぜるときは純正を使おう

重曹とクエン酸には「掃除用」「食用」「薬用」があるのをご存知ですか?

掃除用には他の成分が入ってる場合があって、その成分によっては混ぜると有毒ガスが発生することがあるとのこと。

混ぜて使うときはパッケージ裏面の表記を確認して他の成分が入ってないか確認してくださいませ。

不安な方は純正の「食用」を使うと安心です。

以上、ウチブログのTSUNがお送りしましたー。
ご参考になれば嬉しいです!

\ウチブログ/

  • 110860
  • 892
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

アーティスト・職人

はじめまして!ご訪問ありがとうございます。中古マンション購入&リノベーションをキッカケに、快適なおうちの在り方を考える様になりました。シンプルでスッキリした開放…

おすすめのアイデア

話題のキーワード