セルフリフォーム~壁紙の上からペンキを塗る手順

オーストラリア生まれの塗料「ポーターズペイント」を使って壁紙の上からペンキを塗るセルフリフォームの手順を画像つきでご紹介します。

  • 4738
  • 26
  • 0
  • いいね
  • クリップ

塗装の準備

今回の例は、1度ペンキを塗った壁紙の上にまた違う色を塗り替える場合ですが、基本的な手順は初めて塗る場合でも同じです。

まずは、周囲のものをどかしたり、汚れないよう新聞紙でおおったりします。
塗ってみるとわかりますが、ペンキは予想をはるかに超えて遠くに飛び散ることがありますので、念入りに片づけと保護をしましょう!

ペンキを塗る面は、ホコリやごみがあれば取り除いてきれいにしましょう。

そして、塗る面に穴があいている場合はパテで埋め、サンドペーパーで表面を平らにします。
「パテ」はホームセンターで売っています。穴を埋めるための材料です。

次に、ペイントしたくない部分にペンキがはみ出さないよう、壁や床を養生します。
養生は「マスカー」を使うと便利です。
「マスカー」もホームセンターで売っています。
テープの端にビニールがついている、こんなものです↓

マスカーがない場合は、マスキングテープとゴミ袋のようなビニールでも代用できます。

塗る面にコンセントやスイッチプレートがある場合は、カバーをはずしてからマスキングテープで保護をします。

※カバーのはずし方は「スイッチプレートの交換のしかた」記事に画像と動画で説明しています。

マスカーやマスキングテープは空気が入らないようにしっかり貼ります。

これで準備ができました。
少し手間に感じるかもしれませんが、この準備作業が成功するしないを左右するといっても過言ではありません。丁寧に作業しましょう。

シーラーを塗る

マスキング作業が終わったら、シーラーを塗ります。
シーラーは下塗り塗料のことです。
色を塗り替える場合もシーラーを塗ればきれいに塗り替えができますし、塗り替えでなくてもきれいな仕上げにするためには必須です。

今回は、「ポーターズペイント」という塗料を使っています。
ポーターズペイントは、オーストラリア生まれの塗料で、色はもちろん、仕上がり具合もたくさんの種類から選ぶことができる、とても風合いの良い仕上がりになるペンキです。
しかも職人さんでなく、私たち素人でも塗ることができるのはうれしいですね。
この塗料は、専用の刷毛を大きく八の字に動かしながら塗っていきます。

塗り終わったらこのように壁が白くなりました。
ちなみに、塗りむらがあるように見えますが、ポーターズペイントはこれで大丈夫です。
シーラーは一度塗りで仕上げます。

完成すると、黄色だった壁がきれいなティファニーブルー色の壁に変わります!

Youtubeに作業手順動画もアップしています♪

  • 4738
  • 26
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード